旅行記 全国 歴史・文化・芸術 地域情報ポータルサイト ちよせ
このサイトについて 
トップ,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 食事処,gourmet,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 宿ホテル,hotel,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 名産,meisan,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 旅行記,report,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 写真,picture,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 質問,question,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真
全国の旅行記【歴史・文化・芸術】

全国の旅行記
那覇 ,じじいの沖縄レンタルバイク一人旅
全国の地域
那覇
全国への旅行者
eimei
全国の旅行時期
2015/03/30~" . 2015/04/07
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

じじいの沖縄レンタルバイク一人旅

Jetstarが、名古屋ー沖縄便の就航記念として発売した片道980円のチケットをネットで往復取れた。3月30日~4月7日まで、レンタルバイク(原付)で回る予定。 沖縄へは、3年前、仕事で行ったが、仕事が終わったら、すぐ帰ってしまったので、沖縄の旅は今回が初めてという感じです。 沖縄というと、「沖縄戦」→「沖縄返還」→「米軍基地」を思い浮かべてしまう。まだ、現在も進行形であるように感じる。 もう一つは、経済的なことで、返還以来、平均所得が毎年最下位で、平均所得が東京の半分しかなく、失業率も高いことです。 一週間ほど那覇に滞在し、レンタルバイク(原付)で沖縄本島を走り回り、戦争の爪痕、基地、現在の沖縄の状況を見てみたい。ついでに観光もする予定。
全国の写真
全国の旅行記 参考にした本を3冊紹介します。 まず、「観光コース...
全国の写真
全国の旅行記 次に、「本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っ...
全国の写真
全国の旅行記 最後に、「美ら海、血の海」は、馳星周の小説だが、沖縄...
全国の写真
全国の旅行記 バイクで回るコース(赤線)。
全国の写真
全国の旅行記 3月30日、ジェットスター沖縄航記念価格片道980円...
全国の写真
全国の旅行記 ゲストハウス『パラダイス沖縄』が満員で、予約が取れな...
全国の写真
全国の旅行記 国際通り近くには、リースマンションがいくつもあり、そ...
全国の写真
全国の旅行記 平和祈念公園→喜屋武岬→ひめゆりの塔と回る予定。時速...
全国の写真
全国の旅行記 平和祈念資料館の奥には、広場になっている。
全国の写真
全国の旅行記 広場の横に、「平和の礎」があり、沖縄戦で亡くなった日...
全国の写真
全国の旅行記 沖縄平和祈念堂は塔へ登れるだろうと思って入った。
全国の写真
全国の旅行記 内部はこれだけ。ガック!
全国の写真
全国の旅行記 沖縄平和祈念堂から反対側を望む。
全国の写真
全国の旅行記 森の入口には、こんな看板が。
全国の写真
全国の旅行記 沖縄本島最南端の喜屋武岬には、「平和の塔」があるのみ...
全国の写真
全国の旅行記 「美ら海、血の海」で出てくる喜屋武岬の海岸。この海が...
全国の写真
全国の旅行記 最後に、ひめゆりの塔へ行った。 入口で添花が売られ...
全国の写真
全国の旅行記 ひめゆりの塔の近くにあった地図。 米軍は、沖縄本島...
全国の写真
全国の旅行記 3月31日、朝10時頃、『パラダイス沖縄』へ移動し、...
全国の写真
全国の旅行記 4月1日、エープリルフールだが、朝6時に起き、7時前...
全国の写真
全国の旅行記 美ら水族館のある海洋博公園に到着したのが、10時半頃...
全国の写真
全国の旅行記 奥へ行くと、海洋生物の置物が花を使っておいてあり、ス...
全国の写真
全国の旅行記 更に奥へ進むと、海辺まで出られる。海辺近くでは、無料...
全国の写真
全国の旅行記 スナップを撮って、美ら水族館へ向った。事前に購入して...
全国の写真
全国の旅行記 小さな水槽はすべてパスし、一番大きな水槽へ一直線。
全国の写真
全国の旅行記 写真撮り放題、フラッシュたき放題。これでいいの?
全国の写真
全国の旅行記 3匹のジンベイザメが悠々と泳いでいる。
全国の写真
全国の旅行記 水族館を12時半頃出て、古宇利島へ向かったが、途中で...
全国の写真
全国の旅行記 さらに少し走ったら、世界遺産になっている今帰仁城跡が...
全国の写真
全国の旅行記 やっと古宇利島に架かる古宇利大橋の手前に到着。 こ...
全国の写真
全国の旅行記 古宇利大橋を渡り、オーシャンタワーへ着いた。「エンジ...
全国の写真
全国の旅行記 タワーの上からの風景。なかなかの美しさ。橋を渡ってく...
全国の写真
全国の旅行記 最初に普天間基地へ原付で向かった。 普天間基地の全...
全国の写真
全国の旅行記 展望台から見た普天間基地。なるほど民家に囲まれている...
全国の写真
全国の旅行記 アップしたら評判の悪いオスプレイが何台もあった。
全国の写真
全国の旅行記 展望台の近くには、旧日本軍のトーチカもあった。
全国の写真
全国の旅行記 更に、丘の中腹には、旧日本軍の陣地壕があった。この程...
全国の写真
全国の旅行記 普天間基地へ行く途中にあるアメリカ村にも寄ってみた。...
全国の写真
全国の旅行記 観光客も多く来ていたが、半数が外国の人。少し見て回っ...
全国の写真
全国の旅行記 国道沿いの中古車展示場。値段がUS$表記。 基地近...
全国の写真
全国の旅行記 次に嘉手納基地の見える「道の駅かでな」へ着いたら、最...
全国の写真
全国の旅行記 裏へ回ったら、観光バスが何台も留っていた。完全に観光...
全国の写真
全国の旅行記 最上階へ上がってみたら、ほとんどが中国人ツアー客。 ...
全国の写真
全国の旅行記 嘉手納基地は普天間基地ほど高台にはなく、普天間基地の...
全国の写真
全国の旅行記 ジェット戦闘機が離陸するときは、会話が聞き取れないほ...
全国の写真
全国の旅行記 重い輸送機もこれだけの滑走路の長さがあれば飛び立てる...
全国の写真
全国の旅行記 エンジョイパスの券が2枚残っているので、少し足を延ば...
全国の写真
全国の旅行記 琉球村の内部はこんな感じで、20分~30分で見て回れ...
全国の写真
全国の旅行記 最後に、貸衣装での写真撮影を盗撮し、那覇への帰路につ...
全国の写真
全国の旅行記 4月2日、昨日疲れたので7時半頃起き、朝食後、米軍基...
全国の写真
全国の旅行記 4月3日朝、コインランドリーで洗濯をし、屋上に干して...
全国の写真
全国の旅行記 最初に着いたのは、「うるまの海中道路」。平安座島を結...
全国の写真
全国の旅行記 反対側を望む。遠くに大きな橋が見えるが、平安座島と浜...
全国の写真
全国の旅行記 海の駅あやはし館。土産物店などもあり、海外からの観光...
全国の写真
全国の旅行記 海の駅近くで、原付を入れ、スナップを撮った。海はそこ...
全国の写真
全国の旅行記 途中で昼食をとり、世界遺産「斎場御獄」の駐車場に着い...
全国の写真
全国の旅行記 駐車場の裏から見た海の風景は美しかった。他の観光客も...
全国の写真
全国の旅行記 肝心の「斎場御獄」(有料)だが、出てきた人に聞いたら...
全国の写真
全国の旅行記 残り1枚のエンジョイパスを使うため、「おきなわワール...
全国の写真
全国の旅行記 「おきなわワールド」は鍾乳洞、太鼓を使った踊り(エイ...
全国の写真
全国の旅行記 歩道がきちんと整備されている。
全国の写真
全国の旅行記 中には水も流れており、涼しい。
全国の写真
全国の旅行記 鍾乳洞を出たら、太鼓を使った踊り(エイサー)をやって...
全国の写真
全国の旅行記 4月4日、近場にある海軍壕公園→首里城公園→国際通り...
全国の写真
全国の旅行記 塔の下には、海軍の参加部隊名が記されている。
全国の写真
全国の旅行記 塔の横には、海軍沖縄方面司令官太田實の最後の電文が「...
全国の写真
全国の旅行記 海軍壕の入口の展示写真。沖縄戦の決着後の米兵による写...
全国の写真
全国の旅行記 小さいながらも、カメラの前で毅然としている姿がいじら...
全国の写真
全国の旅行記 入場料を払い、海軍壕に入っていった。丘の中腹から相当...
全国の写真
全国の旅行記 脇壕は高さも2m以下で、幅は狭い。脇壕の先をくりぬい...
全国の写真
全国の旅行記 つるはしを使い、人の手によって掘られた。 そもそも...
全国の写真
全国の旅行記 次に、世界遺産の首里城へ向かった。最初の守礼門。
全国の写真
全国の旅行記 城壁の歓会門。国際色豊かな凄い数の観光客。
全国の写真
全国の旅行記 奉神門。この先有料(840円)で、奥に有名な正殿があ...
全国の写真
全国の旅行記 4月5日、米軍の上陸地区を回りながら、残波岬まで走る...
全国の写真
全国の旅行記 移動するために防波堤の内側を走っていたら、ダイビング...
全国の写真
全国の旅行記 上陸の中心地になる比謝川を渡り、泊城公園へ行った。
全国の写真
全国の旅行記 公園の案内掲示板を確認して、米軍上陸記念碑へ歩いて向...
全国の写真
全国の旅行記 米軍上陸の地図。上陸した海岸は10Km以上の広範囲に...
全国の写真
全国の旅行記 1945年4月1日に米軍が上陸した解説文、決意文。
全国の写真
全国の旅行記 上陸時の米軍が撮った写真。 ただ、野天のため、風化...
全国の写真
全国の旅行記 陸側から撮った空中写真。リーフまで大型船がいけるので...
全国の写真
全国の旅行記 海側から撮った空中写真。このような上陸作戦が10Km...
全国の写真
全国の旅行記 泊城公園へ戻り、比謝川方面を望む。向う岸は嘉手納の海...
全国の写真
全国の旅行記 公園側は、上陸当時と変わらず、リーフも残っている。今...
全国の写真
全国の旅行記 泊城公園の中の岩の上から、飛び込みをしている子供たち...
全国の写真
全国の旅行記 今日は日曜日なので家族連れも多く見かけた。子供の数は...
全国の写真
全国の旅行記 よく沖縄で見かける木で、パイナップルのような実をつけ...
全国の写真
全国の旅行記 次に、少し足を延ばし、残波岬へ向かったが、途中で小雨...
全国の写真
全国の旅行記 残波岬の向こう側。崖になっており、さすがの米軍でも上...
全国の写真
全国の旅行記 帰り道で、初めて「辺野古の新基地建設反対」の横断幕を...
全国の写真
全国の旅行記 4月6日、空港へ原付で行き、土産物が売られているか確...
全国の写真
全国の旅行記 4月7日、帰りも980円のJetStarで、名古屋の...
全国の旅行記
高千穂・五ヶ瀬 ,阿蘇・高千穂 旅行記2 高千穂編 (旅館神仙 宿泊記, 「高千穂の夜神楽」)
全国の地域
高千穂・五ヶ瀬
全国への旅行者
たっくん&ゆうすけ
全国の旅行時期
2014/12/06~" . 2014/12/07
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

阿蘇・高千穂 旅行記2 高千穂編 (旅館神仙 宿泊記, 「高千穂の夜神楽」)

旅館神仙、高千穂神社、重要無形民俗文化財「高千穂の夜神楽」、名勝・天然記念物「高千穂峡谷」などを中心とする旅行記(ブログ)。 2014年12月6日(土)、ゆうすけと、大阪(伊丹)空港から阿蘇くまもと空港に到着。レンタカーで阿蘇から宮崎県の高千穂に向かいました。この旅行記は、高千穂編です。 << 動画 >> 高千穂の夜神楽 五番「杉登」の一部 http://youtu.be/er3-rq1558c 高千穂の夜神楽 六番「地固」の一部 http://youtu.be/cQEmK90zgr4 (2014年12月6日撮影 @下川登公民館) 阿蘇編(地獄温泉 清風荘 日帰り入浴)の旅行記は、こちらからどうぞ。 http://4travel.jp/travelogue/10951859
全国の写真
全国の旅行記 先附  鮟肝ポン酢和え 白菜・人参・紫キャベツのミル...
全国の写真
全国の旅行記 吸物  蓮根豆腐 しめじ 出汁が少し薄すぎるかなと...
全国の写真
全国の旅行記 造里  伊勢海老 鯛 間八 あしらい一式 九...
全国の写真
全国の旅行記 煮物  かぶら蒸し 山葵 御品書は淡白な書き方だが...
全国の写真
全国の旅行記 焼物  高千穂牛ステーキ 添え野菜 自分の経...
全国の写真
全国の旅行記 小鉢  柿なま酢
全国の写真
全国の旅行記 揚物  めひかり 佐土原茄子 食事  五ヶ瀬自...
全国の写真
全国の旅行記 【旅館 神仙の夕食】 夕食は18時半からお願いした...
全国の写真
全国の旅行記 デザートは、かぼすプリン ごちそうさまでした。
全国の写真
全国の旅行記 【旅館 神仙の朝食】 夕食とは違い、本館ではなく、...
全国の写真
全国の旅行記 更に三品と果物。 (写真左上)温豆腐 (写真右上...
全国の写真
全国の旅行記 神楽宿に到着し、受付で三千円の初穂料(焼酎でもよい)...
全国の写真
全国の旅行記 六番の「地固(ぢがため)」 田作り、国作りのために...
全国の写真
全国の旅行記 ほしゃどんは、途中から、この帯を襷掛けにして舞う。そ...
全国の写真
全国の旅行記 採物(とりもの)には、それぞれ意味がある。 地...
全国の写真
全国の旅行記 【国指定 重要無形民俗文化財 「高千穂の夜神楽」】 ...
全国の写真
全国の旅行記 ベッドルーム 仲居さんが和室にも布団を敷きまし...
全国の写真
全国の旅行記 旅館神仙「万葉」の玄関ホールから見た客室。左手が庭園...
全国の写真
全国の旅行記 10畳の和室 掃き出し窓の外はデッキだが、階段...
全国の写真
全国の旅行記 庭園側からみたリビングとベッドルーム(写真奥) ...
全国の写真
全国の旅行記 リビングとベッドルーム、リビングと奥の和室との間は、...
全国の写真
全国の旅行記 内風呂へと続く洗面所 シンクはデザイン重視で、少々...
全国の写真
全国の旅行記 奥の和室側からみた「万葉」の玄関方向 洗面所が...
全国の写真
全国の旅行記 アメニティはブルガリ 緑茶の香り~
全国の写真
全国の旅行記 (写真左上)浴室(内風呂)。庭園との間は開放すること...
全国の写真
全国の旅行記 【旅館 神仙・離れ 神呂木の庄「万葉」】 http...
全国の写真
全国の旅行記 (写真左上)デッキから階段を上がったところにあるトイ...
全国の写真
全国の旅行記 (写真左上)夜神楽から帰ると、和室には布団が敷かれて...
全国の写真
全国の旅行記 【国指定 名勝・天然記念物 「高千穂峡谷(五ヶ瀬川峡...
全国の写真
全国の旅行記 高千穂峡は、阿蘇の火山活動により五ヶ瀬川に沿って流れ...
全国の写真
全国の旅行記 高千穂神社拝殿 高千穂神社は国史見在社論社(こ...
全国の写真
全国の旅行記 【逢初(あいぞめ)天神】 今晩、夜神楽を見に行...
全国の写真
全国の旅行記 逢初天神でみつけた「南無阿弥陀仏」の石仏。 右...
全国の写真
全国の旅行記 まずここで、神様を迎える神事が行われ、神楽が奉納され...
全国の写真
全国の旅行記 2014年12月6日(土)、阿蘇の高森田楽保存会を正...
全国の写真
全国の旅行記 神楽宿でいただいた逢初天神の「彫り物(えりもの)」と...
全国の写真
全国の旅行記 日本の滝百選 真名井(まない)の滝 写真は10時5...
全国の写真
全国の旅行記 庭園とデッキと露天風呂 この庭の砂をグチャグチ...
全国の写真
全国の旅行記 部屋に帰ってから、ネスプレッソ・マシーンでコーヒーを...
全国の旅行記
ダイヤモンド・ヘッド周辺 ,ハワイ旅行記3 シャングリ・ラ (ダイヤモンドヘッド地区)編
全国の地域
ダイヤモンド・ヘッド周辺
全国への旅行者
たっくん&ゆうすけ
全国の旅行時期
2011/02/03~" . 2011/02/03
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

ハワイ旅行記3 シャングリ・ラ (ダイヤモンドヘッド地区)編

ハワイ旅行ブログ3 シャングリ・ラ(ダイヤモンドヘッド地区)編です。 Shangri-la(どこにもない場所、理想郷、桃源郷の意)は、ニューヨーク生まれの美貌の女相続人Doris Duke(1912~1993)が、ダイヤモンド・ヘッドの麓に築いたイスラム風の大邸宅です。ドリス・デュークはわずか12歳にして、父の莫大な遺産を相続しました。彼女は世界中を旅行する中で、とりわけイスラム文化に魅了され、傾倒していきます。そして、ここハワイに、彼女の「シャングリ・ラ」を遺したのです。 http://www.shangrilahawaii.org/ シャングリ・ラは、ダイヤモンド・ヘッド地区、パプ・サークル(Papu Circle)の高級住宅街に位置しています。ワイキキ方面から行くと、ダイヤモンドヘッドの裏手に当たる地区です。シャングリ・ラに行くためには、ホノルル美術館(Honolulu Academy of Arts)の主催するツアーに参加し、美術館が用意するヴァンに乗って出発して、必ず美術館まで戻らなければなりません。現地集合や現地解散、途中降車はできないことになっています。 悠佑と俺は、ハワイ滞在4日目に、午前11時からのツアーに参加しました。メールで予約し、クレジットカードでひとり$25支払います。ツアーは水曜日から土曜日の8:30発、11:00発、13:30発の3回で、所要時間は2時間半弱です。シャングリ・ラの館内での写真撮影はできませんが、外観の撮影は自由です。 http://www.honoluluacademy.org/385-about_shangri_la 全世界の人口の4人に1人はイスラム教徒です。イスラムを理解しようとしないということは、世界の4分の1を理解することを放棄するということだと、俺は思います。シャングリ・ラの玄関の扉に刻まれている言葉も、コーランの一節です。「心配せずに、安らかな気持ちでお入りなさい」(2011年2月3日撮影)。
全国の写真
全国の旅行記 ラクダは、にこやかに笑っていますが、ツアーをガイドす...
全国の写真
全国の旅行記 簡素で飾り気のない玄関は伝統的なイスラム建築の特徴。...
全国の写真
全国の旅行記 玄関の扉はエジブト若しくはシリア製。「心配せずに安ら...
全国の写真
全国の旅行記 ラナイの戸口を飾るモザイク・タイル。19世紀のイラン...
全国の写真
全国の旅行記 繊細な幾何学模様とともに、タイルでアラビア文字が書か...
全国の写真
全国の旅行記 モロッコ・ルームの外観を彩るタイル。さきほどの19世...
全国の写真
全国の旅行記 寝室(ムガール・スイート)のjalisと呼ばれる素晴...
全国の写真
全国の旅行記 シャングリ・ラの庭を彩るスパイダー・リリー(ヒガンバ...
全国の写真
全国の旅行記 シャングリ・ラからのダイヤモンド・ヘッドの素晴らしい...
全国の写真
全国の旅行記 プレイハウス。噴水から階段状に流れ落ちる水、そして海...
全国の写真
全国の旅行記 ムガール庭園。小規模ながら、パキスタンはラホールのシ...
全国の旅行記
ニューヨーク ,NY クイーンズ・ジャズ・トレイル (Queens Jazz Trail, NY)
全国の地域
ニューヨーク
全国への旅行者
藤岡靖洋
全国の旅行時期
2009/05/03~" . 2009/05/10
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

NY クイーンズ・ジャズ・トレイル (Queens Jazz Trail, NY)

NYでジャズ・ジャイアンツの邸宅を巡るツアー 2010年11月6日(土)実施、予定中。 ニュー・オリンズ、 ストーリーヴィル、 ベイズン・ストリート、 メンフィス、 シカゴのサウス・サイド、 カンザス・シティ、 ハーレム、 52丁目、 グリニッチ・ヴィレッジ・・・、 枚挙にいとまがないほど、 ジャズはいろんな都市、町、通り、区域などを舞台に発展を続けてきた。 ニューヨークのクイーンズ区は、 マンハッタンからイースト・リバーを超えてすぐ北側の地区だが、 1920年代から数多(あまた)のミュージシャンが居を構え、 夜毎ハーレムに、52丁目に、そしてヴィレッジへと繰りだして行ったところである。 代表的なミュージシャンだけでも、 ルイ・アームストロング、 ディジー・ガレスピー、 ファッツ・ワーラー、 カウント・ベイシー、 ベニー・グッドマン、 グレン・ミラー、 レスター・ヤング、 ビリー・ホリディ、 エラ・フィッツジェラルド、 ナットとキャノンボールのアダレイ兄弟、 チャーリー・ミンガス、 ジミー・ヒース、 そして ジョン・コルトレーンに至るまで住んでいたというから、 いかに居住地として快適であったかがうかがい知れる。 NYでジャズ・ジャイアンツの邸宅を巡るツアー 2010年11月6日(土)実施、予定中 日本からのツアーは Tトラベルのホームページ http://ttravel.jp/ 2010年8月末アップ予定
全国の写真
全国の旅行記 大リーグNYメッツの本拠地シェア・スタジアム (現...
全国の写真
全国の旅行記 写真家としても一流の腕前を見せたベーシスト、ミルト・...
全国の写真
全国の旅行記 そこからすぐのアデレイド・ロード(Adelaide ...
全国の写真
全国の旅行記 次はセイアーズ・アヴェニューと174丁目の角。 ス...
全国の写真
全国の旅行記 ユーモアあふれるほのぼのとしたセンスにファンが多く、...
全国の写真
全国の旅行記 デューク・エリントンは、 ジャングル・スタイルと呼...
全国の写真
全国の旅行記 ところでこのツアーを廻る途中、 巨大な家に出くわし...
全国の写真
全国の旅行記 ベーブ・ルース大邸宅の南側は リンデン・ブールバー...
全国の写真
全国の旅行記 ベーブ・ルースの家を右に、すなわち東へ折れると 今...
全国の写真
全国の旅行記 ジョー・ルイスの家からマードック・アヴェニューを東進...
全国の写真
全国の旅行記 マードック・アヴェニューの179丁目を左(北)に曲が...
全国の写真
全国の旅行記 マードック・アヴェニューの179丁目を逆に右に曲がる...
全国の写真
全国の旅行記 心地よい風がすり抜け、柔らかな日差しを浴びながら、ワ...
全国の写真
全国の旅行記 ヴォーカリストでありトランペッターであった ラッセ...
全国の写真
全国の旅行記 ツアー最後の締めくくりは、 エラ・フィッツジェラル...
全国の写真
全国の旅行記 ジョン・コルトレーンが 1959年から1963年まで...
全国の写真
全国の旅行記 今回全部の家(リストアップされているだけで85軒)を...
全国の写真
全国の旅行記 現在(2009年6月)、 アメリカの景気悪化で ...
全国の旅行記
伊賀・上野 ,郷里の俳人、芭蕉翁ゆかりの3施設。
全国の地域
伊賀・上野
全国への旅行者
MooFuu
全国の旅行時期
2015/02/19~" . 2015/03/02
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

郷里の俳人、芭蕉翁ゆかりの3施設。

文学の中でも、言葉を選りすぐって、相手の心を直に揺さぶる、俳句の力。 長広舌を振るう名演説より、ドストエフスキーや何かの重厚な長編小説より、自分はこちらの方に憧れる。 それに俳人を支えるパトロンの町人は、商売で財を成した人たちであり、言葉を始めとしたコミュニケーションには、人一倍敏感だったはず。 彼らの生活を知ることで、より豊かな人生に開眼できる気がする。 かつて日本史を受験勉強と捉えて、嫌々ながら勉強していた自分が、可笑しくも懐かしい。 仕事上がりで残った時間を利用、そのため2日に別れて見て回った。 芭蕉翁めぐり3施設割引共通券を利用、券の有効期間は無期限で、いつでも見学できるのが嬉しい。 市内の様々な施設で観光案内のパンフレットや地図を配布しているし、今の時代はネットでいつでもどこでも情報を検索できる。 グーグルマップを開けば、蓑虫庵は記載されているし、道案内までしてくれる。あとはスマホ片手に、周囲の交通状況に注意しながら、ただ歩くだけだ。 なお伊賀市内は、狭い路地が多く、駐車場も手狭で、スーパーやモール以外は、アクセスも悪い。お城のそばの消防署の隣に、市営駐車場があって、平日は無料。 (ただしそのうち半分、しかもお城に近い方は、市役所前の駐車場から溢れ出た、市職員の人たちの車が駐車中(笑)そりゃそうだろう、車がなければ生きていけない田舎で、駐車場がもともと足りないんだから!) このたび「上野のだんじり行事」が「ユネスコ無形文化遺産」に指定されたと一瞬ニュースになったようだ。 産経 West:「世界の祭りへ躍進」…三重県伊賀市で記念式典 http://www.sankei.com/west/news/161201/wst1612010042-n1.html しかしこのところ、この地域からの人材流出、景気低迷に伴う地盤沈下が著しい。 伊賀の有名人・・・昔は芭蕉、今はコレか・・・orz チェーンソー持ったユーチューバー、ヤマト運輸営業所を脅迫 逮捕前日に「謝罪会見」:ハフポスト日本版 http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/06/chain-saw-yamato_n_13988884.html さらに近隣の地域では最近、学校設立の許認可がお粗末なことが露呈、末法の世さながらの出来事まで起きている。 「うちは卒業証書を売る商社」ウィッツ元監査役:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJB3543MJB3UTIL02V.html こうやって教育を粗末にする社会に未来はない! 後先考えずに狭い蛸壺の中、イカくさい小さな幸せ噛み締めて、衆愚政治でやりたい放題の「幸福の科学」、魑魅魍魎が百鬼夜行の地獄絵巻がホラここに。 「これが私の生まれ育った、人を人とも思わぬ人でなしの国、己の欲望に目が眩んだ虎狼の輩が跋扈する、忍びの国、の真の姿なのでござる」 「・・・で、幾らくれる?」(笑 地域の過疎化を加速させ、自治体消滅の危機を煽る、ヒト・モノ・カネの負の連鎖が表面化。そうやって、地域住民の頭も財布も中身空っぽにして、人から猿へ強制退化させるという、進化論を真っ向から否定する政策なのだろうか。 それはこの地域で責任ある立場にいる者が、すでにロクな教育を受けておらず、教育の恩恵を実感できない人間であったがために、その地域の教育への有形無形の投資を、見ての通りのお粗末な状態にしてしまったからなのだ。 我が哀しき嘘偽りの「美しい国」は、選挙のたびに投票率が2、3割しかない上、いつの間にか利権目当ての似非宗教団体が、独自の政策など実質ない金魚の糞政党となって、与党と野合している地獄絵図のような現状。 そして扇動したチンピラごろつき狂信者に他政党への誹謗中傷を繰り返させ(公明党や維新の会の公式 twitter など)、洗脳と同時に動員をかけて組織票を投じさせることにより、今の大日本衆愚政治帝国を支えている現状は、到底マトモな民主主義とは言えないだろう。 さらにここへ、基地外神主が逆ギレして日本刀を振り回すような似非宗教までが、カルト・オカルト神社本庁と日本会議を介して加わろうとしている。 今こうしている間にもじわじわと、未曾有の民主主義の危機が進行している。だから何としても、安倍自民党・公明党による憲法破壊は、食い止めなければならない。政教分離だ、憲法守れ! こうして老いも若きも、賢も阿呆も、右も左も、揃いも揃って「衆愚政治の喜び組」「自分の人生負け組」よ。 ボケと馬鹿につける薬なし、ボケも馬鹿も死ななきゃ治らない。だからシルバー衆愚政治と教育破壊はダメ!絶対!! ああ偉大なる安倍同志様ぁ!自民党・公明党にネトウヨ馬鹿ウヨぱっぱらパヨク万歳?!!ど田舎ヤンキーとボケ老害の「幸福の科学」マンセ?!!! 安倍自民党・公明党や維新の会や日本会議なんかに買収されて、SNS や YouTube その他で嘘ニュース流して支持工作をするような、自民党サポーターにネトウヨ馬鹿ウヨぱっぱらパヨクは、存在価値なしゴミ屑。 年金も健康保険も衆愚政治のために有るのではない!下らない情報操作の片棒担いで、暇持て余して遊んでるだけなら、税金の無駄遣いは慎め。ウヨゴミはゴミ箱へ、逝ってよし!
全国の写真
全国の旅行記 蓑虫庵の勝手口から、庭の方を覗く。 「ちわ~、酒屋で...
全国の写真
全国の旅行記 芭蕉堂、蓑虫庵の敷地内。 蓑虫庵だけ、お城に近い他...
全国の写真
全国の旅行記 蓑虫庵の前の庭にある、有名な句碑に彫られた穴を通して...
全国の写真
全国の旅行記 蓑虫庵。 屋根の上のアワビにご注目。
全国の写真
全国の旅行記 帰り道に、民家のガレージみたいに、ひっそり佇む祠を発...
全国の写真
全国の旅行記 また別の日に、芭蕉翁生家へ。 外から見えるこの句碑も...
全国の写真
全国の旅行記 「古里や~」の、直筆サイン。
全国の写真
全国の旅行記 芭蕉翁の父が、寺子屋を開いていたという部屋。
全国の写真
全国の旅行記 所変わって、上野城内の、芭蕉翁記念館と、俳聖殿へ。 ...
全国の写真
全国の旅行記 俳聖殿。 過去のおぼろげな記憶より、ずいぶんデカく感...
全国の写真
全国の旅行記 俳聖殿の隣のお稲荷さん。 京都の伏見稲荷大社じゃない...
全国の写真
全国の旅行記 伊賀上野のお土産が並ぶ売店の脇の梅。 あとはい...
全国の旅行記
東京 ,’11? めざせ!日本100名城制覇(更新中)
全国の地域
東京
全国への旅行者
たー
全国の旅行時期
2016/02/20~" . 2016/02/20
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

’11? めざせ!日本100名城制覇(更新中)

特にお城が好きというわけではないのですが、旅行で行ったお城が増えてきたので、日本100名城も全部まわれたらいいなと思い、行ったことのあるお城を写真で入れてあります。行ってない場所はこれから行って更新していこうと思っています。 100名城スタンプは2016年の小田原城から始めたので、スタンプ済みのところに◎印をつけています。 ★2018年4月21日現在 100城中68城制覇 残り22城   <内訳>   ・北海道  3城中 2城 残り 1城   ・東北  10城中 10城 2018年4月10日制覇!   ・関東  10城中 9駅 残り 1城   ・甲信越  9城中 8城 残り 1城   ・北陸   5城中 3城 残り 2城   ・東海  11城中11城 2017年3月26日制覇!   ・近畿  14城中 6城 残り8城   ・中国  13城中 5城 残り 6城   ・四国   9城中 9城 2017年8月19日制覇!   ・九州  13城中 9城 残り 4城   ・沖縄   3城中 3城 2016年8月18日制覇! 以下Wikipediaより 財団法人日本城郭協会が2007年に迎える設立40周年の記念事業の一環として、2005年に日本国内の名城と呼ばれる城郭を公募し、2006年4月6日の「城の日」に認定した(発表は同年2月13日)。観光地としての知名度や文化財や歴史上の重要性、復元の正確性などを基準にして、歴史や建築の専門家などが審査の上で選定したとされる。 ★選定基準 ・優れた文化財・史跡 ・著名な歴史の舞台 ・時代・地域の代表 ・各都道府県から1城以上5城以内 ・環境保存状況や城郭発達史からの観点
全国の写真
全国の旅行記 ◆北海道 1番・根室半島チャシ跡群(北海道・根室市...
全国の写真
全国の旅行記 2番・五稜郭(北海道・函館市)◎ ’16 青森...
全国の写真
全国の旅行記 3番・松前城(北海道・松前町)◎ ’16 GW...
全国の写真
全国の旅行記 ◆東北 4番・弘前城(青森県・弘前市)◎ ★現存1...
全国の写真
全国の旅行記 5番・根城(青森県・八戸市)◎ ’16 GW青...
全国の写真
全国の旅行記 6番・盛岡城(岩手県・盛岡市)◎ ’12 東北周遊...
全国の写真
全国の旅行記 7番・多賀城(岩手県・多賀城市)◎ ★日本三大史跡 ...
全国の写真
全国の旅行記 8番・仙台城(宮城県・仙台市)◎ ’11 1月 仙...
全国の写真
全国の旅行記 9番・久保田城(秋田県・秋田市) ’14 冬の...
全国の写真
全国の旅行記 10番・山形城(山形県・山形市) ’12 東北...
全国の写真
全国の旅行記 11番・二本松城(福島県・二本松市)◎ ’18 福...
全国の写真
全国の旅行記 12番・若松城(福島県・会津若松市)◎ ’15 会...
全国の写真
全国の旅行記 13番・白河小峰城(福島県・白河市)◎ ’18 福...
全国の写真
全国の旅行記 ◆関東 14番・水戸城(茨城県・水戸市)◎ ’12...
全国の写真
全国の旅行記 15番・足利氏館(群馬県・足利市)◎ ★鑁阿寺本堂(...
全国の写真
全国の旅行記 16番・箕輪城(群馬県・高崎市) ’16 日本...
全国の写真
全国の旅行記 17番・金山城(群馬県・太田市)◎ ’17 GW群...
全国の写真
全国の旅行記 18番・鉢形城(埼玉県・寄居町)◎ ’17 G...
全国の写真
全国の旅行記 19番・川越城(埼玉県・川越市)◎ ’12 川...
全国の写真
全国の旅行記 20番・佐倉城(千葉県・佐倉市)◎ ’16 日...
全国の写真
全国の旅行記 21番・江戸城(東京都・千代田区)◎ ’13 ...
全国の写真
全国の旅行記 22番・八王子城(東京都・八王子市) ★日本五大山岳...
全国の写真
全国の旅行記 23番・小田原城(神奈川県・小田原市)◎ ’13 ...
全国の写真
全国の旅行記 ◆甲信越 24番・武田氏館(武田神社)(山梨県・甲府...
全国の写真
全国の旅行記 25番・甲府城(山梨県・甲府市)◎ ’13 北東パ...
全国の写真
全国の旅行記 26番・松代城(長野県・長野市)◎ ’17 長野・...
全国の写真
全国の旅行記 27番・上田城(長野県・上田市)◎ ’18 長野・...
全国の写真
全国の旅行記 28番・小諸城(長野県・小諸市)◎ ’18 長野・...
全国の写真
全国の旅行記 29番・松本城(長野県・松本市)◎ ★国宝5天守/現...
全国の写真
全国の旅行記 30番・高遠城(長野県・伊那市)
全国の写真
全国の旅行記 31番・新発田城(新潟県・新発田市)◎ ’18 長...
全国の写真
全国の旅行記 32番・春日山城(新潟県・上越市) ★日本五大山岳城...
全国の写真
全国の旅行記 ◆北陸 33番・高岡城(富山県・高岡市) ’...
全国の写真
全国の旅行記 34番・七尾城(石川県・七尾市) ★日本五大山岳城
全国の写真
全国の旅行記 35番・金沢城(石川県・金沢市) ’11 金沢...
全国の写真
全国の旅行記 36番・丸岡城(福井県・坂井市) ★現存12天守(現...
全国の写真
全国の旅行記 37番・一乗谷城(福井県・福井松本市)
全国の写真
全国の旅行記 ◆東海 38番・岩村城(岐阜県・恵那市)◎ ...
全国の写真
全国の旅行記 39番番・岐阜城(岐阜県・岐阜市)◎ ’17 ...
全国の写真
全国の旅行記 40番・山中城(静岡県・三島市)◎ ’16 日...
全国の写真
全国の旅行記 41番・駿府城(静岡県・静岡市)◎ ’17 静...
全国の写真
全国の旅行記 42番・掛川城(静岡県・掛川市)◎ ’17 静岡さ...
全国の写真
全国の旅行記 43番・犬山城(愛知県・犬山市)◎ ★国宝5天守/現...
全国の写真
全国の旅行記 44番・名古屋城(愛知県・名古屋市)◎ ★日本三名城...
全国の写真
全国の旅行記 45番・岡崎城(愛知県・岡崎市)◎ ’17 東...
全国の写真
全国の旅行記 46番・長篠城(愛知県・新城市)◎ ’17 東...
全国の写真
全国の旅行記 47番・伊賀上野城(三重県・伊賀市)◎ ’17...
全国の写真
全国の旅行記 48番・松坂城(三重県・松阪市)◎ ’17 東...
全国の写真
全国の旅行記 ◆近畿 49番・小谷城(滋賀県・長浜市) ★日本五...
全国の写真
全国の旅行記 50番・彦根城(滋賀県・彦根市)◎ ★国宝5天守/現...
全国の写真
全国の旅行記 51番・安土城(滋賀県・近江八幡市)
全国の写真
全国の旅行記 52番・観音寺城(滋賀県・近江八幡市) ★日本五大山...
全国の写真
全国の旅行記 53番・二条城(京都府・京都市)
全国の写真
全国の旅行記 54番・大阪城(大阪府・大阪市)◎ ★日本三名城 ...
全国の写真
全国の旅行記 55番・千早城(大阪府・千早赤坂村)
全国の写真
全国の旅行記 56番・竹田城(兵庫県・朝来市)
全国の写真
全国の旅行記 57番・篠山城(兵庫県・篠山市)
全国の写真
全国の旅行記 58番・明石城(兵庫県・明石市)◎ ’17 近畿・...
全国の写真
全国の旅行記 59番・姫路城(兵庫県・姫路市)◎ ★国宝5天守/現...
全国の写真
全国の旅行記 60番・赤穂城(兵庫県・赤穂市)◎ ’17 近畿・...
全国の写真
全国の旅行記 61番・高取城(奈良県・高取町)
全国の写真
全国の旅行記 62番・和歌山城(和歌山県・和歌山市)◎ ★三大連立...
全国の写真
全国の旅行記 ◆中国 63番・鳥取城(鳥取県・鳥取松本市) ...
全国の写真
全国の旅行記 64番・松江城(島根県・松江市) ★国宝5天守/現存...
全国の写真
全国の旅行記 65番・月山富田城(島根県・安来市) ★日本五大山岳...
全国の写真
全国の旅行記 66番・津和野城(島根県・津和野町)
全国の写真
全国の旅行記 67番・津山城(岡山県・津山市)
全国の写真
全国の旅行記 68番・備中松山城(岡山県・高梁市) ★現存12天守
全国の写真
全国の旅行記 69番・鬼ノ城(岡山県・総社市)
全国の写真
全国の旅行記 70番・岡山城(岡山県・岡山市)◎ ’14 夏の四...
全国の写真
全国の旅行記 71番・福山城(広島県・福山市)◎ ’17 近畿・...
全国の写真
全国の旅行記 72番・吉田郡山城(広島県・安芸高田市)
全国の写真
全国の旅行記 73番・広島城(広島県・広島市) ’14 冬の山陽...
全国の写真
全国の旅行記 74番・岩国城(山口県・岩国市) ’14 冬の山陽...
全国の写真
全国の旅行記 75番・萩城(山口県・萩市)
全国の写真
全国の旅行記 ◆四国 76番・徳島城(徳島県・徳島市)◎ ’17...
全国の写真
全国の旅行記 77番・高松城(香川・高松市)◎ ★日本三水城 ’...
全国の写真
全国の旅行記 78番・丸亀城(香川県・丸亀市)◎ ★現存12天守 ...
全国の写真
全国の旅行記 79番・今治城(愛媛県・今治市)◎ ★日本三水城 ...
全国の写真
全国の旅行記 80番・湯築城(愛媛県・松山市)◎ ’17 近畿・...
全国の写真
全国の旅行記 81番・松山城(愛媛県・松山市)◎ ★現存12天守/...
全国の写真
全国の旅行記 82番・大洲城(愛媛県・大洲市)◎ ’17 近畿・...
全国の写真
全国の旅行記 83番・宇和島城(愛媛県・宇和島市)◎ ★現存12天...
全国の写真
全国の旅行記 84番・高知城(高知県・高知市)◎ ★現存12天守 ...
全国の写真
全国の旅行記 ◆九州 85番・福岡城(福岡県・福岡市) ’...
全国の写真
全国の旅行記 86番・大野城(福岡県・大野城市)
全国の写真
全国の旅行記 87番・名護屋城(佐賀県・唐津市) ’15 S...
全国の写真
全国の旅行記 88番・吉野ヶ里遺跡(佐賀県・吉野町) ’15...
全国の写真
全国の旅行記 89番・佐賀城(佐賀県・佐賀市) ’15 SW...
全国の写真
全国の旅行記 90番・平戸城(長崎県・平戸市)
全国の写真
全国の旅行記 91番・島原城(長崎県・島原市) ’15 GW...
全国の写真
全国の旅行記 92番・熊本城(熊本県・熊本松本市) ★日本三名城 ...
全国の写真
全国の旅行記 93番・人吉城(熊本県・人吉市) ’15 GW...
全国の写真
全国の旅行記 94番・大分府内城(大分県・大分市)
全国の写真
全国の旅行記 95番・岡城(大分県・竹田市)
全国の写真
全国の旅行記 96番・飫肥城(宮崎県・日南市) ’15 GW...
全国の写真
全国の旅行記 97番・鹿児島城(鹿児島県・鹿児島市)◎ ’15 ...
全国の写真
全国の旅行記 沖縄 98番・今帰仁城(沖縄県・今帰仁村)◎ ...
全国の写真
全国の旅行記 99番・中城城(沖縄県・中城村)◎ ’16 沖...
全国の写真
全国の旅行記 100番・首里城(沖縄県・那覇市)◎ ’16 ...
全国の旅行記
ニューヨーク ,2年ぶりのニューヨーク アートな街を堪能4:メトロポリタン美術館とクロイスターズ美術館
全国の地域
ニューヨーク
全国への旅行者
はんけん
全国の旅行時期
2007/09/04~" . 2007/09/04
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

2年ぶりのニューヨーク アートな街を堪能4:メトロポリタン美術館とクロイスターズ美術館

この日は、「メトロポリタン美術館」へ。丸一日いるつもりだったのだけど、かなりの主要部分が閉鎖されていたので、早めに鑑賞終了。 同日であれば同じチケットで入館できる「クロイスターズ美術館」へ。これがケガの巧妙でしょうか。素晴らしい回廊の数々、ここは本当にニューヨーク?という中世ヨーロッパの雰囲気に浸りました。 初日からご覧になりたい方は、こちらをどうぞ http://4travel.jp/traveler/hanken/album/10503042/
全国の写真
全国の旅行記 この日の朝食は、メトロポリタン美術館にほど近い、10...
全国の写真
全国の旅行記 パンと飲むヨーグルト、約5ドル。
全国の写真
全国の旅行記 アメリカ3大美術館のひとつ「メトロポリタン美術館」。...
全国の写真
全国の旅行記 入ってすぐ右がエジプト美術のコーナ。更に突き当たりを...
全国の写真
全国の旅行記 昔の探検家?の落書きが生々しいッス。
全国の写真
全国の旅行記 映画「アイアムレジェンド」では、ウィル・スミスが釣り...
全国の写真
全国の旅行記 さて、どこが閉鎖されているのかも分からないので、右回...
全国の写真
全国の旅行記 さて、印象派は全閉鎖されていましたが、ロバートリーマ...
全国の写真
全国の旅行記 エルグレコ
全国の写真
全国の旅行記 バビロニアのイシュタール門から。ベルリンのペルガモン...
全国の写真
全国の旅行記 吹き抜けの彫刻エリアは、雰囲気グッドです。
全国の写真
全国の旅行記 ロダン彫刻。 本物は、パリのロダン美術館ですね。 ...
全国の写真
全国の旅行記 屋上に出ると、セントラルパークの緑とその向こうにマン...
全国の写真
全国の旅行記 閉鎖を免れた一部の近代美術。 ピカソの「ガートルー...
全国の写真
全国の旅行記 マチス
全国の写真
全国の旅行記 キリコ
全国の写真
全国の旅行記 ウォーホル
全国の写真
全国の旅行記 うん、でもこの辺は、MoMAの領域では、?? ニュ...
全国の写真
全国の旅行記 美術館内のカフェで軽い昼食。12ドル。
全国の写真
全国の旅行記 朝から閉館まで居るつもりだったメトロポリタン美術館。...
全国の写真
全国の旅行記 クロイスターズ美術館に、ようやく到着。
全国の写真
全国の旅行記 クロイスターとは、修道院の回廊のこと。この美術館は中...
全国の写真
全国の旅行記 クサの回廊
全国の写真
全国の旅行記 「クサの回廊」南フランスのクサにあったミシェル修道院...
全国の写真
全国の旅行記 暗くて見えづらいですが「一角獣狩りのタペストリー」
全国の写真
全国の旅行記 「受胎告知」の三連祭壇画
全国の写真
全国の旅行記 「クロイスターの十字架」
全国の写真
全国の旅行記 ハドソン川も見えます。
全国の写真
全国の旅行記 フランス・スペインなどの中世修道院の遺物を集めて建て...
全国の旅行記
水沢・江刺 ,みちのくの古代巡りとちょい紅葉の旅(四日目)?鳥海柵跡から胆沢城跡の水沢地区は古代の香りがムンムン。そして、長駆して訪ねた江刺地区こそが奥州藤原氏のルーツ。えさし藤原の郷に岩谷堂羊羹ほかB級グルメもバッチリです?
全国の地域
水沢・江刺
全国への旅行者
たびたび
全国の旅行時期
2016/11/04~" . 2016/11/04
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

みちのくの古代巡りとちょい紅葉の旅(四日目)?鳥海柵跡から胆沢城跡の水沢地区は古代の香りがムンムン。そして、長駆して訪ねた江刺地区こそが奥州藤原氏のルーツ。えさし藤原の郷に岩谷堂羊羹ほかB級グルメもバッチリです?

この日回ったのは、奥州市。広域合併によって生まれた市で、その中核は水沢市と江刺市。昨日、回った衣川地区も奥州市の一部です。 奥州藤原氏は平泉で栄華を誇ったのですが、そのルーツは藤原清衡が生まれた江刺地区。清衡の父藤原経清の築いた豊田館跡に清衡産湯の跡も残ります。歴史公園「藤原の郷」も意外に本格的。平泉では少しいい加減な扱いをされている伽羅御所が立派に復元されていたり、平泉じゃなくて、本当はこっちが本家なんだよとでもいいたげな意欲的な施設でした。 そして、その前に回った鳥海柵跡に胆沢城跡は、古代みちのくの歴史舞台の中心。その広大なスケールは今でもロマンをかきたててくれるものがありますね。 一方で、こうした歴史と同居した市街地である水沢地区と江刺地区。駅からのアクセスはイマイチの江刺地区のB級グルメを楽しんだり、幕末以降、偉人を輩出した水沢地区のプライドにも少し触れて。私にとっての空白地帯がこれでまた一つきれいに埋まったような気がしました。
全国の写真
全国の旅行記 前泊した水沢から、金ヶ崎駅に到着。駅ビルに入る町の商...
全国の写真
全国の旅行記 さて、まず向かったのは鳥海柵跡です。
全国の写真
全国の旅行記 奥州藤原の祖の一つにあたる安倍氏の造った館のようなも...
全国の写真
全国の旅行記 続いては、胆沢城へ。ここは、当然、大和朝廷の東北支配...
全国の写真
全国の旅行記 年代で言えば、802年。陸奥国の多賀城が造られたのが...
全国の写真
全国の旅行記 跡は見渡せないくらい広大なもの。
全国の写真
全国の旅行記 胆沢城は、永保3年(1083年)の後三年の役の頃まで...
全国の写真
全国の旅行記 ちょっと想像できないくらいの大スケールです。
全国の写真
全国の旅行記 多くの発掘品を保存展示していますが、
全国の写真
全国の旅行記 それだけではなく、
全国の写真
全国の旅行記 その美しい見せ方も素晴らしいと思います。
全国の写真
全国の旅行記 現場に近い場所に建つので、交通の便は必ずしも良くあり...
全国の写真
全国の旅行記 不便さを十分補って余りある施設だと思います。
全国の写真
全国の旅行記 大和朝廷の東北支配について全体を語る内容になっていて...
全国の写真
全国の旅行記 そして、奥州市埋蔵文化財調査センターは、胆沢城跡に建...
全国の写真
全国の旅行記 さて、ここから江刺地区を目指します。なかなか距離があ...
全国の写真
全国の旅行記 江刺の市街地はそれなりの広さがあるので、どこが昔から...
全国の写真
全国の旅行記 ところで、江刺には岩谷堂羊羹という岩手県を代表する銘...
全国の写真
全国の旅行記 きれいなしっかりした構えです。
全国の写真
全国の旅行記 砂糖が固まってジャリっとした食感の残る昔ながらタイプ...
全国の写真
全国の旅行記 この地区にはおだんご屋さんもあって、それもチェックし...
全国の写真
全国の旅行記 おばちゃんが一人で切り盛りしている小さなおだんご屋さ...
全国の写真
全国の旅行記 だんごは棒状に伸ばしたお餅を包丁で切った感じ。素朴な...
全国の写真
全国の旅行記 二軒は、まるかん餅店。こちらはもう少し大きなお店です...
全国の写真
全国の旅行記 店内のイートインスペースで餡餅と焼きだんごとだんごを...
全国の写真
全国の旅行記 焼きだんごはきりたんぽのように半殺し風の柔らかい仕上...
全国の写真
全国の旅行記 続いての菊泉堂も、菊正堂と並ぶ江刺地区の岩谷堂羊羹の...
全国の写真
全国の旅行記 小さなお店ですが、訪ねると愛想のいい女将さんが出てき...
全国の写真
全国の旅行記 これは同じ一角にある黒壁ガラス館です。
全国の写真
全国の旅行記 滋賀県の長浜に同じような施設があるのですが、聞くとそ...
全国の写真
全国の旅行記 通りのステンドグラスのモニュメントやここにも展示して...
全国の写真
全国の旅行記 B級グルメの最後は八重吉煎餅店。こちらも、江刺地区の...
全国の写真
全国の旅行記 お店に入ると正面すぐではご主人が一枚一枚せんべいを焼...
全国の写真
全国の旅行記 さて、せんべいの形ですが、どちらかというとかりんとう...
全国の写真
全国の旅行記 その奥に売り場があって、これもレトロな美しさが只者で...
全国の写真
全国の旅行記 そして、八重吉煎餅店の奥を入った屋根裏部屋にギャラリ...
全国の写真
全国の旅行記 ただ、てっきり煎餅に関係した内容かと思ったら、まった...
全国の写真
全国の旅行記 なんというか。まったくこれにも意表を突かれた気持ちで...
全国の写真
全国の旅行記 切手の原画に使われたものもあるようですが、
全国の写真
全国の旅行記 ここからは観光スポットに戻りまして、 これは菊田一...
全国の写真
全国の旅行記 戦時中、ここに疎開していた劇作家、菊田一夫に関する資...
全国の写真
全国の旅行記 代表作の鐘の鳴る丘シリーズに出てくるとがった屋根の時...
全国の写真
全国の旅行記 氏の書斎の復元展示に
全国の写真
全国の旅行記 映画化された作品のポスターなども多数。一つの文化を作...
全国の写真
全国の旅行記 もう一つの建物には地元のお祭り関係の展示。
全国の写真
全国の旅行記 東北はあちこちで熱いお祭りがありますね。
全国の写真
全国の旅行記 先ほど触れた時計台がこの明治記念館。菊田一夫作の「鐘...
全国の写真
全国の旅行記 擬洋館造りの建物は、正直、こんな片田舎に場違いな感じ...
全国の写真
全国の旅行記 元は病院のようですが、中に入ってもそこが病院なのか全...
全国の写真
全国の旅行記 係の人がいて、ちょこっと説明をしてくれました。
全国の写真
全国の旅行記 少し移動して。 藤原清衡産湯の泉は、江刺の市街中心...
全国の写真
全国の旅行記 近くまで、標識があったのですが、最後は近所の人に聞い...
全国の写真
全国の旅行記 ちなみに、経清は、平将門を討ったことで知られる藤原秀...
全国の写真
全国の旅行記 ほど近い場所にある豊田館跡は、清衡の父、藤原経清が築...
全国の写真
全国の旅行記 もうけっこう時間が経ってしまいました。そろそろ肝心の...
全国の写真
全国の旅行記 殺風景な場所にこの建物だけが一つ建っていて、正直言え...
全国の写真
全国の旅行記 えさし郷土文化館は、藤原の郷の隣り。藤原の郷は大規模...
全国の写真
全国の旅行記 江刺金札米にりんごや馬などの農業の歴史を紹介するコー...
全国の写真
全国の旅行記 古代から現代までの壮大な年表で解説しているし、
全国の写真
全国の旅行記 個人の発願で造られた中善観音の仏像群も圧巻。
全国の写真
全国の旅行記 黄金に馬に仏教。力強い東北、江刺の文化をそのまま表現...
全国の写真
全国の旅行記 さて、いよいよ、これがえさし藤原の郷です。
全国の写真
全国の旅行記 敷地内の地図を確認すると、これは想像以上。奥州藤原氏...
全国の写真
全国の旅行記 進みます。
全国の写真
全国の旅行記 まずは、多賀城を参考にしたという政庁です。
全国の写真
全国の旅行記 建物の手前から中に入ると、これは義経の鎧ですか。
全国の写真
全国の旅行記 菊花展なんかも
全国の写真
全国の旅行記 やっていて、
全国の写真
全国の旅行記 これがさっきの中央の建物です。
全国の写真
全国の旅行記 中央に座っているのは源頼義でしょうか。右手がその家来...
全国の写真
全国の旅行記 うやうやしく頭を下げていますが、大和朝廷に支配された...
全国の写真
全国の旅行記 ただ、子の清衡は前九年役、後三年の役を経て、実質的に...
全国の写真
全国の旅行記 京都にも負けない気品が漂います。
全国の写真
全国の旅行記 極寒の東北でこの建物が暮らしやすかったかどうかという...
全国の写真
全国の旅行記 ただ、開放感ある寝殿造を見事に取り入れているんですが...
全国の写真
全国の旅行記 もしかしたら、
全国の写真
全国の旅行記 実際はもっと風を防ぐ工夫がいろいろしてあったようにも...
全国の写真
全国の旅行記 それか、夏だけ使っていたとかもありかも。
全国の写真
全国の旅行記 威厳を保つことと
全国の写真
全国の旅行記 暮らしやすさとは必ずしも一致しませんからね。
全国の写真
全国の旅行記 栄華を極めた奥州藤原氏の私邸。平泉では柳の御所跡の近...
全国の写真
全国の旅行記 平泉ではあまり扱いがちゃんとしていませんでしたが、藤...
全国の写真
全国の旅行記 しかし、こうして再現された建物を見ると
全国の写真
全国の旅行記 エリアを移って、
全国の写真
全国の旅行記 お土産物屋さんを覗くと黒壁ガラス館の作品がありました...
全国の写真
全国の旅行記 最後に向かったのはロケ資料館。
全国の写真
全国の旅行記 藤原の郷はテレビや映画のロケ現場として使われることも...
全国の写真
全国の旅行記 特に、NHKの大河ドラマはかなりの数。
全国の写真
全国の旅行記 懐かしいシーンが
全国の写真
全国の旅行記 次々思い出されて、
全国の写真
全国の旅行記 意外に楽しいですね。
全国の写真
全国の旅行記 東北に関係ない真田丸や黒田官兵衛でここを使っていたと...
全国の写真
全国の旅行記 順路に従って、
全国の写真
全国の旅行記 正面から見た姿は、奈良の大極殿を小さくしたような印象...
全国の写真
全国の旅行記 ちょこっとびっくりアートも拝見。
全国の写真
全国の旅行記 杯が空中に浮いているように見えるんですが、わかります...
全国の写真
全国の旅行記 江刺地区を後にして、金ヶ崎駅の近くまで帰ってきました...
全国の写真
全国の旅行記 ちなみに、要害というのは、仙台藩がとっていた要害制と...
全国の写真
全国の旅行記 歴史館を出て、武家屋敷城内諏訪小路の方へ。
全国の写真
全国の旅行記 当時の武家屋敷がいくつか残っていて、これはお土産物屋...
全国の写真
全国の旅行記 ただ、武家屋敷は、散発的にポツンポツンとあるので、武...
全国の写真
全国の旅行記 地図を頼りに一つ一つを探さないといけないのですが、け...
全国の写真
全国の旅行記 今日の宿は、古川なんですが、晩飯の関係もあって、水沢...
全国の写真
全国の旅行記 包装とかを見ると、信玄餅みたいですねというと、笑いな...
全国の写真
全国の旅行記 続いて、後藤新平記念館へ。
全国の写真
全国の旅行記 後藤新平は、地元の生んだ英雄といった感じ。
全国の写真
全国の旅行記 確かに、そのキャリアは、外務大臣、内務大臣、満鉄初代...
全国の写真
全国の旅行記 本人の愛用した遺品も含めて、展示品は多数。何でもこな...
全国の写真
全国の旅行記 もう一つの高野長英生誕地は、小さな公園のような場所。...
全国の写真
全国の旅行記 さて、これが晩飯を食べる龍園。前沢牛のうまい肉を食わ...
全国の写真
全国の旅行記 この美しい肉は確かにすごいんでしょうね。しかし、私は...
全国の写真
全国の旅行記 一方の締めで頼んだ冷麺。これは驚異のおいしさ間違いな...
全国の写真
全国の旅行記 ちょっと気負ってるなあという感じもしなくはなかったの...
全国の写真
全国の旅行記 満足したところで、古川駅に到着。 今夜の宿のホテル...
全国の旅行記
浅草 ,東京文学・歴史散歩7。根岸、三ノ輪、龍泉、千束から浅草その2。
全国の地域
浅草
全国への旅行者
ベーム
全国の旅行時期
2016/12/03~" . 2016/12/03
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

東京文学・歴史散歩7。根岸、三ノ輪、龍泉、千束から浅草その2。

その1の続きです。 三ノ輪から浅草まで南下しました。新吉原界隈を舞台にした樋口一葉、広津柳郎の小説の世界です。 写真は隅田川、吾妻橋辺りからの風景。
全国の写真
全国の旅行記 浄閑寺、永久寺から南へ、東泉小学校の横を歩きます。
全国の写真
全国の旅行記 三ノ輪から竜泉に入ってきました。昔の下谷竜泉町、樋口...
全国の写真
全国の旅行記 公園の前に立派な一葉記念館があります。 何十年か前に...
全国の写真
全国の旅行記 もう一つ碑がありました。 一葉碑。 当初菊池寛撰文の...
全国の写真
全国の旅行記 公園があります。名付けて一葉記念公園。
全国の写真
全国の旅行記 公園の隅に一葉女史たけくらべ記念碑。 歌人佐々木信綱...
全国の写真
全国の旅行記 なんだか立派すぎて一葉に似つかわしくありません。一葉...
全国の写真
全国の旅行記 にごりえ展。
全国の写真
全国の旅行記 入口。
全国の写真
全国の旅行記 当時の竜泉の地図。 1階のみ写真可でした。
全国の写真
全国の旅行記 記念館の資料を基に一葉の略歴を書いてみます。 一葉...
全国の写真
全国の旅行記 父親は一葉の才を惜しみ、中島歌子の歌塾「萩の舎」へ入...
全国の写真
全国の旅行記 明治23年18歳の時本郷菊坂の陋屋に母、妹と移って針...
全国の写真
全国の旅行記 明治26年7月、生活に行きずまり商売をして金を得んと...
全国の写真
全国の旅行記 が、時すでに遅し。長年の労苦の中肺結核が進行しており...
全国の写真
全国の旅行記 葬儀は25日築地本願寺で行われ、墓は本願寺和田堀廟所...
全国の写真
全国の旅行記 中島歌子の「萩の舎」の学習風景。 真多呂人形。
全国の写真
全国の旅行記 おはぐろどぶ。新吉原の遊郭の周りはどす黒い色のどぶ川...
全国の写真
全国の旅行記 大音寺前、茶屋町通りの一葉の住まい。 雪の積もった景...
全国の写真
全国の旅行記 二軒長屋の左一葉の店、隣は人力車の宿でした。 間口3...
全国の写真
全国の旅行記 記念館を出てすぐ近くの一葉旧居跡。 明治26年7月、...
全国の写真
全国の旅行記 10か月の短い期間でしたが、ここでの見聞きしたことが...
全国の写真
全国の旅行記 レンガ色のマンションの前です。 その先、横断歩道があ...
全国の写真
全国の旅行記 当時の大音寺通り、今茶屋町通りは吉原通いの通行でかし...
全国の写真
全国の旅行記 新吉原、京町1丁目通りの横手から入りました。
全国の写真
全国の旅行記 昔は新吉原という町名でしたが悪いイメージを払しょくす...
全国の写真
全国の旅行記 夜の景色はいざ知らず、昼間はうら寂しい街です。 明...
全国の写真
全国の旅行記 京町通り。
全国の写真
全国の旅行記 樋口一葉の「たけくらべ」、広津柳浪の「今戸心中」に描...
全国の写真
全国の旅行記 中央を貫く仲之町通りを右に曲がると吉原神社があります...
全国の写真
全国の旅行記 吉原神社。吉原遊郭の鎮守社。
全国の写真
全国の旅行記 お穴様。
全国の写真
全国の旅行記 仲之町通りの突き当りに台東(もと吉原)病院。 病院も...
全国の写真
全国の旅行記 小さな公園がありました。
全国の写真
全国の旅行記 仲之町通りを戻って大門の方へ。
全国の写真
全国の旅行記 通りの両側の建物の前には黒い服を着たお兄さんが立って...
全国の写真
全国の旅行記 大門の跡。
全国の写真
全国の旅行記 大門と土手通りの間の五十間坂、別名衣紋坂。道が曲がっ...
全国の写真
全国の旅行記 交番は心強いです。
全国の写真
全国の旅行記 路地風景。
全国の写真
全国の旅行記 吉原大門、今はありませんが遊郭の正面玄関でした。たと...
全国の写真
全国の旅行記 吉原大門と土手通りの交差点にに出ました。 冬には貧相...
全国の写真
全国の旅行記 見返り柳の由来です。勿論何代目かのものです。 こんな...
全国の写真
全国の旅行記 新吉原衣紋坂 見返り柳。
全国の写真
全国の旅行記 土手通り/日本堤通り。 昔この辺り隅田川、音無川(山...
全国の写真
全国の旅行記 日本堤は浅草から吉原へ通う格好の道筋となった。昭和2...
全国の写真
全国の旅行記 迷「本当に取りに行くかい」 苦「行くとも、九時までに...
全国の写真
全国の旅行記 見返り柳の交差点を反対側にわたって少し入ると警視庁第...
全国の写真
全国の旅行記 吉原大門交差点。
全国の写真
全国の旅行記 土手通りを南下しました。 紙洗橋。山谷堀に掛かってい...
全国の写真
全国の旅行記 紙洗橋。今は山谷堀は埋め立てられていて、堀も橋も在り...
全国の写真
全国の旅行記 土手通りから一本東に入り吉原大門から待乳山聖天にかけ...
全国の写真
全国の旅行記 山谷堀公園から見える押上のタワー、良い写真と自賛。
全国の写真
全国の旅行記 吉野橋跡。
全国の写真
全国の旅行記 山谷堀。 石神井川から分水した音無川が三ノ輪から隅田...
全国の写真
全国の旅行記 裏口。 なんだか商売気あふれる神社でした。
全国の写真
全国の旅行記 此の神社の絵馬は、縁と円のごろ合わせから丸い形です。...
全国の写真
全国の旅行記 幕末の志士、新選組の沖田総司は此の神社に住む医者に看...
全国の写真
全国の旅行記 今戸焼は1570年頃からこの地一帯で作られ始めました...
全国の写真
全国の旅行記 本殿は昭和46年の建築。 願掛けの人が絶えません。
全国の写真
全国の旅行記 境内のあちこちに招き猫の焼き物が置かれています。 ...
全国の写真
全国の旅行記 別説に:浅草花川戸にしわくちゃ婆さんが一匹の古猫と住...
全国の写真
全国の旅行記 御輿庫。
全国の写真
全国の旅行記 浅草七福神の福禄寿です。
全国の写真
全国の旅行記 山谷堀から少しそれて今戸神社に行きました。 場所が分...
全国の写真
全国の旅行記 今戸神社。
全国の写真
全国の旅行記 イザナギノミコト、イザナミノミコトを祭神とするため縁...
全国の写真
全国の旅行記 今戸神社。 1063年、源頼義・義家親子が奥州討伐の...
全国の写真
全国の旅行記 この噂が広まり、あちこちからちょっと貸してくれと招き...
全国の写真
全国の旅行記 本殿に鎮座するのは大きな夫婦の招き猫です。
全国の写真
全国の旅行記 招き猫の発祥の地として宣伝していますが、確たる証拠は...
全国の写真
全国の旅行記 そばに都立浅草高校があります。
全国の写真
全国の旅行記 山谷堀公園に戻りました。聖天橋。
全国の写真
全国の旅行記 いい眺めです。
全国の写真
全国の旅行記 当時の景色。 海抜10mにも足らないこの場所でも、昔...
全国の写真
全国の旅行記 この近くで池波正太郎が生まれています。大正12年。
全国の写真
全国の旅行記 毎年1月7日に行われる大根祭り。 大根をお供えします...
全国の写真
全国の旅行記 本龍院待乳山聖天(まつちやましょうでん)。 浅草寺の...
全国の写真
全国の旅行記 推古天皇595年頃の創建。 本尊は十一面観音菩薩の化...
全国の写真
全国の旅行記 本殿は戦災で焼失し、昭和36年の再建。
全国の写真
全国の旅行記 浴油祈祷。 聖天様を供養する最高の祈祷方法だそうです...
全国の写真
全国の旅行記 待乳山と名が付くように、隅田川べりの小高い地で江戸時...
全国の写真
全国の旅行記 本殿。
全国の写真
全国の旅行記 銅造宝篋印塔(どうぞうほうきょういんとう)。 178...
全国の写真
全国の旅行記 出世観音像。
全国の写真
全国の旅行記 学問、立身、芸能、商売繁盛。
全国の写真
全国の旅行記 花柳小菊が献灯しています。
全国の写真
全国の旅行記 トーキー渡来記。 トーキーは大正14年、皆川芳造と云...
全国の写真
全国の旅行記 築地塀。
全国の写真
全国の旅行記 待乳山聖天から降りてくるとすぐ隅田公園です。 目の前...
全国の写真
全国の旅行記 隅田川竹屋の渡しがここら辺にありました。 向うは言問...
全国の写真
全国の旅行記 スカイツリーと言問橋。
全国の写真
全国の旅行記 上手には桜橋。
全国の写真
全国の旅行記 公園は家族連れ、二人連れで大変な賑わいでした。
全国の写真
全国の旅行記 言問橋。下手の方から。
全国の写真
全国の旅行記 対岸に源森川水門。北十間川が隅田川に流れ込んでいます...
全国の写真
全国の旅行記 首都高速6号向島線。
全国の写真
全国の旅行記 アサビビールが見えてきました。
全国の写真
全国の旅行記 古い社寺もいいですがこのような近代的建物も機能美があ...
全国の写真
全国の旅行記 左墨田区役所、右アサヒビール。
全国の写真
全国の旅行記 隅田川の遊覧船。
全国の写真
全国の旅行記 吾妻橋に近づくとスカイツリーがビルの間に移動しました...
全国の写真
全国の旅行記 吾妻橋。
全国の写真
全国の旅行記 吾妻橋橋詰。
全国の写真
全国の旅行記 神谷バーのネオンが点いています。
全国の写真
全国の旅行記 浅草松屋。
全国の写真
全国の旅行記 名物のデンキブラン、以前飲んだことがありますがどうっ...
全国の写真
全国の旅行記 浅草寺にも行きたかったのですが日も暮れかかり体力も考...
全国の写真
全国の旅行記 左上に赤い字で一葉宅。家の前の通りが大音寺通り、水色...
全国の写真
全国の旅行記 入場券裏面。
全国の写真
全国の旅行記 夏の風景。
全国の写真
全国の旅行記 左が一葉の店。 だがし あらもの 樋口 と書いた紙が...
全国の写真
全国の旅行記 明治5年の吉原。ウイキより。 最も格式の高い遊女屋(...
全国の写真
全国の旅行記 新吉原。 右上から左下に真ん中を走るのがメインストリ...
全国の写真
全国の旅行記 歌川広重「隅田川橋場の渡しかわら窯」。
全国の写真
全国の旅行記 当山の紋章は二股大根と巾着です。 上二股大根:無病息...
全国の写真
全国の旅行記 絵馬も大根と巾着です。
全国の写真
全国の旅行記 巾着の形をした香炉です。
全国の写真
全国の旅行記 山谷堀にかかる今戸橋。高い所は待乳山聖天。 ウイキよ...
全国の写真
全国の旅行記 地図上三ノ輪、浄閑寺から右下へ。今戸神社、待乳山聖天...
全国の写真
全国の旅行記 読んでみます。間違っていたらご容赦を。 ここは明治文...
全国の写真
全国の旅行記 有志一葉のために悲しみ再び碑を建つ。愛せらるる事かく...
全国の写真
全国の旅行記 歌川広重「名所江戸百景」に描かれている日本堤。 吉原...
全国の写真
全国の旅行記 江戸、文政時代(1830年頃)の古地図です。 右に隅...
全国の旅行記
金沢 ,アートアクアリウム@金沢21世紀美術館
全国の地域
金沢
全国への旅行者
Fumika
全国の旅行時期
2016/10/07~" . 2016/10/07
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

アートアクアリウム@金沢21世紀美術館

10周年を迎えるアートアクアリウムが、金沢でも開催されるとのことで、新しいもん好きのケンミン性ゆえに、職場でも話題に。 ?金沢・金魚の蜜? 芸術の秋に似つかわしいアートな空間を堪能できました(*´Д`)
全国の写真
全国の旅行記 金沢21世紀美術館の愛称って、ご存知ですか? 「ま...
全国の写真
全国の旅行記 まずは地下駐車場から入場すると、可愛らしい椅子が。 ...
全国の写真
全国の旅行記 金ぴかの方は、雲を図る男。 すぐ傍の草ぼうぼうなの...
全国の写真
全国の旅行記 公式ツイッターで混み具合が分かるし、平日午後が待ち時...
全国の写真
全国の旅行記 まずはテマリリウム。
全国の写真
全国の旅行記 てまり型の水槽に金魚がゆらゆら。 金魚の価値が分か...
全国の写真
全国の旅行記 黒い金魚も好き。
全国の写真
全国の旅行記 アンドンリウム。
全国の写真
全国の旅行記 カレイドリウム。まさに万華鏡。 気泡と金魚とライテ...
全国の写真
全国の旅行記 こんな水槽欲しい(笑)
全国の写真
全国の旅行記 リンパリウム。 金魚の動きで、屏風の絵が刻々と変化...
全国の写真
全国の旅行記 リンパリウムのソバには、こんな可愛らしい着物も展示さ...
全国の写真
全国の旅行記 ボンボリウム。
全国の写真
全国の旅行記 ライトの移ろいと金魚の影は何とも幻想的でした。
全国の写真
全国の旅行記 リフレクトリウム。 様々なレンズ越しに見える金魚の...
全国の写真
全国の旅行記 花魁。 1,000匹の金魚が泳いでいる姿は圧巻。 ...
全国の写真
全国の旅行記 大水槽の周りには、こんな水槽がいくつか。 泳ぎにく...
全国の写真
全国の旅行記 食いしん坊の私は、イクラを連想(笑) この後、デパ...
全国の写真
全国の旅行記 昔、金魚を飼っていたことがありましたが、 水槽はす...
全国の写真
全国の旅行記 水族館で毎回、写真は難しい…と思い知らされていますが...
全国の写真
全国の旅行記 片岡鶴太郎さんとのコラボレーション、ビョウブリウム。
全国の写真
全国の旅行記 新江戸金魚飾。
全国の写真
全国の旅行記 金魚の優雅に泳ぐ姿に、しばし魅了されました。
全国の写真
全国の旅行記 ベネツィアガラスで作られた作品。 なんて可愛いのか...
全国の写真
全国の旅行記 楽しい時間て、あっという間。 けれども、見ごたえあ...
全国の写真
全国の旅行記 マイケル・リンの作品で座ろうかと思ったけど、記念撮影...
全国の写真
全国の旅行記 こんな時はタレルの部屋。 ここは空いていますが、外...
全国の写真
全国の旅行記 美術館の外に、なんかオブジェあるー。
全国の写真
全国の旅行記 コスモスかしら?
全国の写真
全国の旅行記 月見光路が夕方から開催されるようでした。 (10/...
全国の写真
全国の旅行記 台風の影響で真夏のような日でした。 そういえば、今...
全国の旅行記
シンガポール ,久しぶりのシンガポール
全国の地域
シンガポール
全国への旅行者
ハンシ
全国の旅行時期
2013/09/25~" . 2013/09/30
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

久しぶりのシンガポール

12、3年前に3度ほど訪れたことのあるシンガポール。今回久しぶりの訪問。観光都市はカジノや新たな観光スポットを用意していた。 私の一番の関心はプラナカン文化。プラナカン博物館で華麗で豪華な手工芸品や家具調度の展示をゆっくり鑑賞してきた。 おいしい食べ物が一杯のシンガポール、チリクラブ、海南チキンライス、フライドホッケンミーそしてドリアンやドラゴンフルーツも堪能。 (なお写真の日付は実際と違っっています)
全国の写真
全国の旅行記 日本で予約していき、トライショウを初体験。 電動自...
全国の写真
全国の旅行記 トライショウ車上から
全国の写真
全国の旅行記 トライショウ車上から
全国の写真
全国の旅行記 スリ・スリニバサ・ペルマル寺院
全国の写真
全国の旅行記 モスクに向かって
全国の写真
全国の旅行記 モスク近く
全国の写真
全国の旅行記 モスク内部
全国の写真
全国の旅行記 トライショウ車上から
全国の写真
全国の旅行記 おいしかったチリクラブ
全国の写真
全国の旅行記 アルジェニード駅近くのドリアンの露店。安いものから高...
全国の写真
全国の旅行記 ドリアン猫山王。シーズンオフでいささか高価。ドリとは...
全国の写真
全国の旅行記 プラナカン博物館の美しい展示品。 プラナカンとはマ...
全国の写真
全国の旅行記 プラナカン博物館
全国の写真
全国の旅行記 プラナカン博物館
全国の写真
全国の旅行記 プラナカン博物館 華麗な食器セット
全国の写真
全国の旅行記 プラナカン博物館
全国の写真
全国の旅行記 プラナカン博物館 美しく豪華な展示品の数々を堪...
全国の写真
全国の旅行記 国立博物館へ行く途中出会ったシンガポール在住の香港出...
全国の写真
全国の旅行記 マリーナ・ベイ・サンズ側の方から遠くに見えたマーライ...
全国の写真
全国の旅行記 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの野外演奏会
全国の写真
全国の旅行記 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
全国の写真
全国の旅行記 マリーナ・ベイ・サンズ展望台から
全国の写真
全国の旅行記 マリーナ・ベイ・サンズ展望台から
全国の写真
全国の旅行記 プラナカンの建物が多いカトン地区へ
全国の写真
全国の旅行記 シンガポールで1、2位を争う海南チキンライスの店で
全国の写真
全国の旅行記 カトン地区の美しい建物
全国の写真
全国の旅行記 カトン地区
全国の写真
全国の旅行記 カトン地区
全国の写真
全国の旅行記 カトン地区
全国の写真
全国の旅行記 ラッフルズホテル
全国の写真
全国の旅行記 ラッフルズホテルの中庭
全国の旅行記
天安 ,5月18日(1980)光州事件 そして全州石焼きビビンバ、天安独立記念館
全国の地域
天安
全国への旅行者
砂布巾
全国の旅行時期
2005/08/13~" . 2018/05/17
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

5月18日(1980)光州事件 そして全州石焼きビビンバ、天安独立記念館

 久々アップの韓国編は、光州・全州を経て天安までの訪問記です。  写真は旧全羅南道庁前にある1980年光州事件を記念する碑。
全国の写真
全国の旅行記  当時の軍事独裁政権に反対して蜂起した民衆に対して、...
全国の写真
全国の旅行記  光州事件といえば、1929年の事件も有名。市内には...
全国の写真
全国の旅行記  こちらの記念館は閉館日で見学できず。残念!!
全国の写真
全国の旅行記  天安の独立記念館にある1929年の事件のジオラマ。
全国の写真
全国の旅行記  光州には2時間程度の滞在でバスにて食の都全州(チョ...
全国の写真
全国の旅行記  カジョク・フェグアン(家族食堂)の石焼きビビンバ。...
全国の写真
全国の旅行記  町のシンボル、プンナンムン(豊南門)
全国の写真
全国の旅行記  慶基殿(キョンギジョン)。李氏朝鮮の開祖李成桂(イ...
全国の写真
全国の旅行記  古い町並みが残されている。
全国の写真
全国の旅行記  入口。
全国の写真
全国の旅行記  こんなものも。でも中は展示物など何もなかった。
全国の写真
全国の旅行記  列車で天安の独立記念館へ。
全国の写真
全国の旅行記  この太極旗の数は凄すぎる!
全国の写真
全国の旅行記  翌8/15の光復節(解放の日)式典の準備中。
全国の写真
全国の旅行記  入口には伊藤博文を殺害した安重根(アン ジュングン...
全国の写真
全国の旅行記  記念館の中にあった重根の像(中央)。
全国の写真
全国の旅行記  彼は同士とともに断指し、日本からの独立を誓った。
全国の写真
全国の旅行記  大好きな孫基禎さん関連の展示も。
全国の写真
全国の旅行記  こちらは韓国のジャンヌ・ダルクとも言われる柳寛順。...
全国の写真
全国の旅行記  解体された旧朝鮮総督府に関する屋外展示。
全国の写真
全国の旅行記  竹島(独島)が韓国領であることを訴える巨大な写真。...
全国の写真
全国の旅行記 *上海で結成された大韓民国臨時政府
全国の旅行記
ワシントンD.C. ,一泊二日のワシントンDC旅行 (2012)
全国の地域
ワシントンD.C.
全国への旅行者
平成の晴れ男
全国の旅行時期
2012/03/10~" . 2012/03/11
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

一泊二日のワシントンDC旅行 (2012)

一泊二日のワシントンDC旅行 ノースカロライナに出張中、土日を利用してワシントンDCに。 アメリカ人、スペイン人の友人を車で行きました。 主に博物館、記念館巡りでした。 主要なものは全て観ました。
全国の写真
全国の旅行記 ノースカロライナから車で5時間。ワシントンDC。
全国の写真
全国の旅行記 アメリカらしいドでかい公園にドでかい博物館がずらり。
全国の写真
全国の旅行記 映画・ナイトミュージアムの舞台
全国の写真
全国の旅行記 アメリカ博物館。
全国の写真
全国の旅行記 桜みたいなのが咲いてました。
全国の写真
全国の旅行記 でかい博物館だらけ。基本、入場料は無料。
全国の写真
全国の旅行記 航空宇宙博物館
全国の写真
全国の旅行記 月の石。
全国の写真
全国の旅行記 この街、好き。
全国の写真
全国の旅行記 でかい塔。
全国の写真
全国の旅行記 リンカーン記念館。
全国の写真
全国の旅行記 中にリンカーンが座ってました。
全国の写真
全国の旅行記 FBI本部。
全国の写真
全国の旅行記 硫黄島、取ったどーの像。
全国の写真
全国の旅行記 夜のリンカーン記念館。
全国の写真
全国の旅行記 リンカーン。
全国の写真
全国の旅行記 オバマの家。
全国の写真
全国の旅行記 叩き起こしてやろうかと思いましたが、やめときました。
全国の写真
全国の旅行記 オバマの家。
全国の写真
全国の旅行記 オバマの家、不在かな。
全国の写真
全国の旅行記 国会議事堂。
全国の写真
全国の旅行記 とにかくでかい。
全国の旅行記
台北 ,ANAツアーで行く1月の台湾。(3日目:故宮博物院など)
全国の地域
台北
全国への旅行者
メイリン
全国の旅行時期
2016/01/24~" . 2016/01/24
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

ANAツアーで行く1月の台湾。(3日目:故宮博物院など)

台湾に行ってみたいとの夫の希望をかなえるべく旅行の計画を立てました。 旅行期間は1月22日から25日の4日間です。 まぁ結婚記念日祝いもかねてということで! ANAマイレージクラブ会員ツアーにて初のビジネスクラスに乗るっていう豪勢旅行にしました♪ 空港からホテルへの送迎と1日目は台北101・鼎泰豊の夕食が含まれているツアーです。 2・3日目はフリーで、3日目は故宮博物院などに行きます。 ホテル ミラマーガーデン台北
全国の写真
全国の旅行記 3日目です。7時起床。 今日はホテルの朝食でスター...
全国の写真
全国の旅行記 色々取ってみます。まぁまぁの美味しさ。 オムレツや...
全国の写真
全国の旅行記 ホテルは、窓は大きいのですが、景色は特筆すべきものは...
全国の写真
全国の旅行記 バスローブがあって、なぜかクローゼットの奥にも扉があ...
全国の写真
全国の旅行記 シャワーのほか、バスタブもがあるのが、ありがたいです...
全国の写真
全国の旅行記 博物院までの行き方をグーグルマップで調べると、電車や...
全国の写真
全国の旅行記 8時45分着。チケットはすぐ買えました。(2人で50...
全国の写真
全国の旅行記 帰りはバスに乗るので、下に降ります
全国の写真
全国の旅行記 第2展示館。企画展はこちらで行うようです(別料金)。
全国の写真
全国の旅行記 銅器(鼎)が置いてありました。
全国の写真
全国の旅行記 バス停に向かって歩きます。 ちょっと振り返ってパチ...
全国の写真
全国の旅行記 狛犬?が見えたので、もう一枚パチリ。
全国の写真
全国の旅行記 バス停到着。 出発時間が電光掲示板に出てきます。
全国の写真
全国の旅行記 13番のバスに乗ってMRT大直駅に行きます。
全国の写真
全国の旅行記 大直駅から一駅MRTに乗り松山空港駅へ。 オシャレな...
全国の写真
全国の旅行記 空港に用があったわけじゃないけど、とりあえず撮影。 ...
全国の写真
全国の旅行記 店内に入ると、ウーロン茶とパイナップルケーキの試食を...
全国の写真
全国の旅行記 私は今まで食べたパイナップルケーキの中で一番おいしい...
全国の写真
全国の旅行記 一旦ホテルに帰ろうということになったのですが、夫がこ...
全国の写真
全国の旅行記 セットで一人170ドル。 結構おいしかった!右側に...
全国の写真
全国の旅行記 ホテルにやっとたどり着いた(汗) 館内設備とかを調...
全国の写真
全国の旅行記 勝立生活雑貨という店に行ってみました。 ちょっとし...
全国の写真
全国の旅行記 ホテルに帰ると夫がもらった地図で行けるマッサージ店を...
全国の写真
全国の旅行記 夫は良かったようですが、私は3日ぐらい痛みが残りまし...
全国の写真
全国の旅行記 その後で遼寧街の夜市に行ってみるも、サラリーマンメイ...
全国の旅行記
飯塚・中間・直方 ,第八章あみんちゅ戦争を学ぶ旅?福岡:武富戦争資料館(兵士・庶民の戦争資料館)編?
全国の地域
飯塚・中間・直方
全国への旅行者
たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。
全国の旅行時期
2015/03/08~" . 2015/03/11
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

第八章あみんちゅ戦争を学ぶ旅?福岡:武富戦争資料館(兵士・庶民の戦争資料館)編?

2014年7月に訪れた沖縄県摩文仁の平和祈念公園に端を発した第二次世界大戦における戦跡巡りの旅ですが、今回は福岡県の戦争を題材としている施設を訪ねるべくやってきました。碓井平和祈念館を訪れた後は、鞍手郡小竹町の武富戦争資料館(別称:兵士・庶民の戦争資料館)にやってきました。 【施設概要】 武富戦争資料館(兵士と庶民の戦争資料館)(たけとみせんそうしりょうかん:へいし・しょみんのせんそうしりょうかん) 〒820-1101福岡県鞍手郡小竹町大字御徳415-13 TEL:09496-2-8565 開館時間:13:30?17:00(注)当面この時間だそうです。 休館日:水:木曜日 (注)事前に電話連絡をして下さいとのことでした。 小竹町にある「兵士・庶民の戦争資料館」は、故武富登巳男氏が昭和54(1979)年に私設された日本で最初の民間の戦争資料館です。平成7(1995)史料の一部を碓井町立(現嘉麻市)平和祈念館に寄贈され、資料館は平成10(1998)年に穂波町から小竹町に移転し現在に至っています(平成14(2002)年改装)。 初代館長武富登巳男(たけとみとみお)氏は陸軍兵士として出征され、ビルマ戦などで航空偵察兵として従軍された後復員されました。その後1979年に福岡県筑豊地区に一般兵士と庶民の視点による戦争資料館を開設され、小竹町に移転後も一般に開放されておられました。2002年11月24日84歳で逝去されますが、妻である武富智子氏が館長となり「語り部」としてその理念を引き継がれ今日に至ります。尚智子館長は現在療養中であり、副館長である息子の慈海(じかい)氏が来館者への対応をされています。 個人がされておられる資料館には、個人の理念が反映されており、私如きが意見するものではないように思います。そのため「まとめ」的なコメントは差し控えますが、倉庫を改造した場所に作られた「戦争資料館」なので、広さはありません。しかしそのスペースに所狭しと並んでいる「戦時中の品々」が我々戦後世代に語り掛けるものはなになのか、そういう気持ちにさせられる場所でもあります。そしてやはりこれだけの「展示品」が並ぶことは、従軍された方や遺族の方が、「戦争」というものを後世に伝えるべく寄贈されたそれぞれの強い「想い」と登巳男氏の「お人柄」や「資料館」の開設理念との融合の結果できたものに他ならないと思います。 残念ながら登巳男氏は既に亡くなられましたが、引き継がれた智子氏や慈海氏にその「意思」が引き継がれていることは間違いありません。昨年(平成26(2014年))に智子氏は脳出血を患われ、生と死の境目を彷徨われましたが、ご高齢にも関わらず医者が驚くほどの回復力で退院され、現在はリハビリ訓練を続けておられます。ゆくゆくは来館者の前に立って、登巳男氏の意思を伝えるべく館長を続ける所存でおられるそうです。そのお気持ちの中には、登巳男氏の「戦争で生き残った者」は「戦死した戦友の分も生きなければならない」との「信念」が智子氏に引き継がれているように思えました。また慈海氏も近隣の学校等で「平和教育」に携われておられており、それらと共に「兵士と庶民の戦争資料館」の「語り部」として登巳男氏の「想い」を語っておられます。 お忙しい中「資料館」を訪れる「観光客」にも充実した時間を過ごしてもらえるよう、時間を取って丁寧に説明ができるようにとの配慮で事前の電話連絡のお願いをされています。その背景には、大規模な資料館のように「係員」が複数いるため時間を気にしなくてもいい訳ではない「現実的な問題」もあることには違いありませんが、それより設立者の生の声を聴くことができる「醍醐味」は比較するものがないように思います。その「お気持ち」に触れた一個人として、私からも電話連絡は必ずお願いしたく思います。 また「小さな資料館」ではありますが、資料数が多いため日にちを区切っての「企画展」をされています。私が訪れたときは、上海事変の際の「肉弾三勇士」について展示されていました。この旅行記をまとめている際、「伝単で見るノモンハン事件」が3月29日日曜日迄されています。 兵士と庶民の戦争資料館をネット検索をかけると結構出てくるものは多いのですが、情報が古いものが多く、確認された方が良いことがあります。特に開館時間のことは再度周知して頂きたいとのことを、武富慈海副館長からも13:30?17:00と電話連絡をして下さいとの旨を聞いておりますのでよろしくお願い致します。 ちなみに「肉弾三勇士」とは…。上海事変中の昭和7年2月22日、19路軍が上海郊外の廟行鎮に築いた陣地の鉄条網に突撃路を築くため、独立工兵第18大隊(久留米)の、北川 丞・江下武二・作江伊之助各一等兵の三名が点火した破壊筒をもって敵陣に突入爆破(強行破壊)し自らも爆死。三名は戦死後それぞれ二階級特進し陸軍伍長となりました。 実際には、三人の先頭だった北川一等兵が撃たれて三人とも倒れてしまったが、任務を断念せずに突入したために爆死したらしいとのこと。そのことが美談として広く報道されて反響をよび壮烈無比の勇士としてその武功を称えられ、昭和になって最初の軍神となったことから名付けられました。 まとめではなく、私の素朴な疑問としてふたつ程挙げておきます。福岡や北九州が終戦間近に大規模な戦略爆撃を受けた場所であることはご存知の方も多いかと思います。しかし当時のエネルギー産出地区だった石炭を掘っていた飯塚をはじめとする筑豊地区が爆撃を受けたと言う話は聞いたことがありません。これは碓井平和祈念館の巻でも触れましたが、実はこの筑豊炭鉱こそ、連合国側の捕虜が働いており、友軍の攻撃による犠牲者を出さないためのことがその理由であったようです。 また空爆のなかった筑豊の炭鉱町になぜ戦争資料館なのか、これも触れたことがありましたが、実はここに先述した「肉弾三勇士」の話との絡みがあるようです。上海事変があった頃、日本は戦争という暗闇の中に突入して行きます。太平洋戦争末期の「特攻隊」のモデルとなるような「肉弾三勇士」の話ではありますが、「昭和の軍神」ともてはやされた時期もあったものの、ある時期以降全く話題に上らなくなりました。勿論戦後復興のために「戦争を彷彿されるもの」が抹消されたということは考えられます。ただそれだけではないようで一説によると、この「肉弾三勇士」のうち1人が被差別部落の出身者であったことが理由だったこととする文献がありました。「戦争関連の資料館」を見学している過程で、「身分差別」という一見すると全く別次元の問題が絡むこと、正直ここまで話が派生するとは予想だにしていませんでした。そのため裏打ちを取るための資料集めができていません。そのためこの説の検証は、今の段階では行うことができません。しかし福岡にある戦争関連の資料館には少なからず「身分差別」を題材にしているところはあるようです。例として「独立工兵第18大隊」は久留米で召集された部隊であり、その所縁あって特に福岡では「戦争」と「差別」は次元の違う問題ではない扱いをされているようです。取り敢えず今の段階では、諸説のみのご紹介とします。 それでは、【通番008】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅福岡?-??武富戦争資料館(兵士・庶民の戦争資料館)編?が始まります。 この多くの貴重な「戦争」を髣髴させる資料の数々に直に触れる機会を持ち、感動は勿論のこと少し違和感も覚えました。私自身特に思想的なものは持っていないと思っております。しかし「差別意識」ゆえに、「軍神」の扱いから、単なる戦死された「兵士」の扱いになり、その結果歴史に埋もれてしまうこと。理由はどうあれ「大日本帝国」時代に幾度か他国に戦争を仕掛けた「暗黒の歴史」の中で、民間・軍属問わず大いなる犠牲者を出した戦争中にあって、史実に載らない「有名な人物」の数の多さは紛れもない事実ではあります。しかし国のために殉じ、クローズアップされた「名前」が、忽然とあるとき以降「消えてしまう」ことは、なにか納得のいかないことを感じます。勿論戦争を「美化」するために使うことは言語道断です。しかし「時代背景」はともかく、「お国のため」に殉じたことを世論が一度クローズアップしたにも関わらず、その後「言論弾圧」に至り、歴史から「抹消」される「理由」とできるものなのでしょうか? 残念ながら今の私の知識では、この「差別問題」について論じることはできません。しかし見聞きしてきた内容から、「差別開放運動」そのものが全ての「被差別身分」の開放を目的としているわけではないことを知りました。国粋主義、即ち「高天原(タカマノハラ)」思想と呼ばれるものを挙げてはいますが、「山窩乞食(さんかこじき)」、「癩者(らいしゃ)」そのものに対する「差別意識」を提起していると指摘されることもあるなど、「どこまでの差別」を「解放」することを目的にしているのか、知識のないものには全く理解できない解説が入っていることを目にしました。 西日本では、「同和教育」と言うと大昔私が小学生だった頃からあったように思います。今はどうかわかりませんが、関東ではその当時「同和教育」そのものがなかったように聞いたことがあります。関西では「禁句」とされている「部落」という表現ですが、その他の地区では普通に「○○部落」と言われます。勿論家々がある程度集まって生活単位を作っている「集落」の呼称として使われる「表現的」なもののことになりますが、この呼称には、当然差別意識はありません。このあたりは解釈の域になるかとは思いますが、日常生活において、何気に使う「部落」という表現に、私を含め「抵抗感」を持っており、結果「使わない」ようにすることこそ、実は「差別」という「潜在意識」を持っていることから「使わない」ようにしているのかも知れません。このあたりのことは、そう簡単に解決できる問題ではないとは思いますし、また「差別解放」に対しても、根底にある「考え」はすべて同じと言う訳ではなく、思想的な背景による相違があることが、更にこの問題を難しくしているようにも思います。 文献考察のみで語れる程簡単なものではありませんし、また「視点」の置き方によっては全く違った見解になるもののようにも思えます。奥深いこの「差別問題」を、素人にも分かりやすく解いているものがあれば、今後の展開を課題に挙げてみたいとも思いますが、なかなかそのようなことを目にすることもありません。教えて頂いたことを吸収できない自分自身にもどかしさも感じますが、なにかの拍子にふと書くことができたらいいかも…と思いつつこの場で述べることを終えることにします。 日本で最初の民間による「兵士・庶民の戦争博物館」、規模は小さいですが、そこに所狭しと並んでいる展示品達の無言の訴えかけを、初代館長武富登巳男氏、二代目館長智子氏、副館長慈海氏の言葉を伴い、戦争を知らない世代の見学者の心に浸透していく「体験」は、平和な時代ゆえに「出来ること」と再認識するいい機会のように思いました。 最後になりましたが、病気療養中の武富智子館長の一刻も早いご回復をお祈りするとともに、再び見学者の前に立ち、説明を聞くことが出来る時がやってくることを切に願う次第です。 終始まとまりがない文章となってしまいましたが、これで【通番008】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅福岡壱之??武富戦争資料館(兵士・庶民の戦争資料館)編?は終わります。 以下興味が湧いたらご覧下さい。 ?戦跡を巡る旅シリーズ? 以下興味が湧いたらご覧下さい。 ?戦跡を巡る旅シリーズ? 【通番001】さんふらわあで航(い)く鹿児島陸軍特攻戦跡を訪ねる旅?万世・知覧編? http://4travel.jp/travelogue/10933877 【通番002】さんふらわあで航(い)く鹿児島海軍特攻戦跡を巡る旅?笠之原・串良・鹿屋編? http://4travel.jp/travelogue/10933914 【通番003】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅沖縄壱之??豊見城・旧海軍司令部壕編? http://4travel.jp/travelogue/10963283 【通番004】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅沖縄壱之??宜野湾・嘉数(かかず)高台公園《私見》沖縄戦解釈編? http://4travel.jp/travelogue/10981023 【通番005】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅滋賀壱之??滋賀県平和祈念館・陸軍八日市飛行場跡編? http://4travel.jp/travelogue/10974454 【通番006】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅福岡壱之??碓井平和祈念館編? http://4travel.jp/travelogue/10990537 【通番008】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅福岡壱之??筑前町立大刀洗平和記念館編? http://4travel.jp/travelogue/10990539 【通番009】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅鹿児島その弐?喜界島戦争史跡:戦闘指揮所跡・海軍航空基地戦没者慰霊之碑・掩体壕編? http://4travel.jp/travelogue/11015120 ※未完成 【通番010】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅沖縄壱之??石垣島・八重山平和祈念会館とバンナ公園編? http://4travel.jp/travelogue/10964521
全国の写真
全国の旅行記 初代館長故武富登巳男氏。
全国の写真
全国の旅行記 パプアニューギニア東部の戦跡で採取された「小石」。
全国の写真
全国の旅行記 平たく言えば、「仏壇」になりますが、レイテ島での戦没...
全国の写真
全国の旅行記 戦没者の方の遺影。そして遺骨。
全国の写真
全国の旅行記 南部戦跡での戦没者慰霊碑。
全国の写真
全国の旅行記 昭和天皇の書状。
全国の写真
全国の旅行記 戦没者に対する勲章。
全国の写真
全国の旅行記 勲章と叙勲の記念品、そして階級章。
全国の写真
全国の旅行記 出征旗。
全国の写真
全国の旅行記 武富登巳男氏のメッセージ、そして従軍兵士の手記。
全国の写真
全国の旅行記 兵士・庶民の戦争博物館、二代目館長の武富智子氏の開館...
全国の写真
全国の旅行記 兵士・庶民の戦争博物館、初代館長武富登巳男氏のご挨拶...
全国の写真
全国の旅行記 武富登巳男氏の従軍兵士時代の写真、その?。
全国の写真
全国の旅行記 武富登巳男氏の従軍兵士時代の写真、その?。
全国の写真
全国の旅行記 武富登巳男氏の従軍兵士時代の写真、その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品は語る…。
全国の写真
全国の旅行記 武富登巳男氏のメッセージ。
全国の写真
全国の旅行記 企画展展示物、肉弾三勇士その?。
全国の写真
全国の旅行記 企画展展示物、肉弾三勇士その?。
全国の写真
全国の旅行記 企画展展示物、肉弾三勇士その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 原爆で被災した品々の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 原爆で被災した品々の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 陶器製の手榴弾と地雷。
全国の写真
全国の旅行記 日章旗。
全国の写真
全国の旅行記 千人針。
全国の写真
全国の旅行記 軍靴。
全国の写真
全国の旅行記 甲種飛行予科練の問題。結構難しい…。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 帽子。
全国の写真
全国の旅行記 戦時中兵士がかぶっていた「鉄兜」。 ずっしりと...
全国の写真
全国の旅行記 戦時中兵士がかぶっていた「鉄兜」。 ずっしりと...
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 軍服、その?。
全国の写真
全国の旅行記 軍服、その?。
全国の写真
全国の旅行記 軍服、その?。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 骨壺。
全国の写真
全国の旅行記 遺品の数々その?。
全国の写真
全国の旅行記 武富戦争資料館(兵士・庶民の戦争資料館)、外観。
全国の写真
全国の旅行記 兵士・庶民の戦争資料館、入口。
全国の旅行記
喜界島 ,第十章あみんちゅ歴史を学ぶ旅奄美群島喜界島?戦闘指揮所跡・海軍航空基地戦没者慰霊之碑・掩体壕編?
全国の地域
喜界島
全国への旅行者
たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。
全国の旅行時期
2015/05/18~" . 2015/05/22
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

第十章あみんちゅ歴史を学ぶ旅奄美群島喜界島?戦闘指揮所跡・海軍航空基地戦没者慰霊之碑・掩体壕編?

第十章あみんちゅ歴史を学ぶ旅奄美群島喜界島?戦闘指揮所跡・海軍航空基地戦没者慰霊之碑・掩体壕編? 2014年7月に訪れた沖縄県摩文仁の平和祈念公園に端を発した第二次世界大戦における戦跡巡りの旅ですが、今回は鹿児島県第二弾として喜界島の戦争史跡である ?戦闘指揮所跡 ?海軍航空基地戦没者慰霊之碑 ?掩体壕 の三ヵ所を訪れました。 まず喜界島と戦争との結びつきですが、昭和6(1931)年に海軍の不時着用飛行場として、今の空港のある中里集落に喜界島飛行場が建設されたことから始まります。当時は勿論舗装もされていないものでした。そして第二次世界大戦が勃発し、次第に南方戦線へと補給輸送ルートの中継地としての役割を担うこととなります。日本を取り巻く戦況の悪化に伴い、昭和18(1943)年には島民を総動員して、東西南北各1,000mの滑走路を持つ全天候型の離発着ができる海軍喜界島飛行基地が作り上げられました。その後敗戦色濃厚となってきた昭和20(1945)年には、沖縄戦に向かう特攻機や戦闘機のための給油や整備を行う中継基地としての役割を担い、陸海軍問わずに戦闘機を受け入れ、そして送り出しました。 沖縄戦の終焉とされる昭和20(1945)年6月23日を過ぎてもその情報は伝わって来ず、連合国の前線基地への戦略爆撃は止まらず、結果8月15日のポツダム宣言受諾による日本の無条件降伏に至るまで、喜界島とその周辺区域では航空戦が行われていたというのが一般論とされているもののようです。しかし検証の度合いに疑問が残る説の中には、終戦当時には?情報網?が断絶しており、沖縄戦の終結とされる昭和20(1945)年6月23日の第32軍司令官牛島満中将の自決の情報すら伝わってきておらず、昭和20(1945)年8月15日の正午昭和天皇の玉音放送のもと、ポツダム宣言の受諾により日本が無条件降伏をした?史実?が、どうやら奄美を守備していた独立混成64旅団長を説得するものではなかったことと伝えているものもあることから、戦闘の終了は昭和20(1945)年8月15日?以降?説も、ひとことで?フィクション?とも言い切れないもののようにも思えてなりません。 そのため?事実上の終戦?ではなく?実際の終戦?が、昭和20(1945)年9月7日沖縄島越来村森根(現在の米軍嘉手納基地付近)にて、南西諸島に於ける降伏文書に第28師団長納見敏郎中将(宮古島)、第64混成旅団長高田利貞少将(奄美)、沖縄方面根拠地隊加藤唯雄少将(参謀長)の3名が調印した日にまで?ずれ込んだ?という説ことこそ、この奄美群島に於ける?本当の終戦?ではなかったのではないかと推測します。この話を裏付ける話は、奄美群島を守備していた独立混成64旅団長高田利貞少将が、停戦勧告に訪れた米軍の使者を迎えたときのエピソードとして書かれていることからも伺えます。 ただ沖縄戦でも、?戦闘の停止?=?武装解除?とは必ずしも一致しない事例が多く存在しています。事実奄美地区でも昭和20(1945)9月7日に旅団長は調印しているものの、米軍の進駐は奄美群島へは9月21日の徳之島にはじまり、喜界島に至っては10月3日となっています。これにより正式な?武装解除?が?終戦?を意味するのであれば、この?南西諸島?の終戦は、昭和20(1945)年10月3日となる解釈も根拠のないものではないようにも思います。 この降伏調印を持って奄美群島は、アメリカの軍政統治下に入ります。統治下での貧窮した生活に対する奄美群島島民の祖国復帰を願う気持ちは年々高まりをみせ、昭和26(1951)年2月19日から始まった署名活動は、最終的に14歳以上の実に99.8%に及びます。結果昭和28(1953)年8月8日のダレス声明による権利放棄を受けて、昭和28(1953)年12月25日に?日本へのクリスマスプレゼント?と揶揄されながらも復帰を果たします。沖縄の返還は昭和47(1972)年5月15日だったことも考えると、20年近く早かったことでした。 このあたりの話は、沖縄と奄美が置かれていた?政治的背景?を含めた違いによるもの、また?住民運動の高まり?に対する米軍基地等の?軍事施設数?の違いにより、統治下にしておくことへの?損得論?の絡みがあったこと等があったとされているようですが、やはり明確な確信をついている説ではないようにも思います。 日本復帰を果たした奄美群島でしたが、南国戦線への前線基地としての役割を担ったことは先述しました。しかし平和な時代になってしまうとただの?田舎?と捉えられてしまうことには例には漏れませんでした。海軍の不時着飛行場に端を発したこの喜界空港、全盛期には全天候型の滑走路を持つ大きなものだったことは想像できるにしても、終戦を迎えしばらくの間歴史の表舞台から消えていました。再び空港として息を吹き返したのは、昭和34(1959)年8月のことです。喜界町が運営する地方空港として、南北方向1,080mの非舗装の滑走路を持ち、鹿児島空港(旧鴨池空港)との便を持つ今では考えられない?奄美のハブ空港?としての復帰でした。その当時奄美大島には空港がなく(旧奄美空港は昭和39年開設)、当時奄美空港の設営に携わる方々は、喜界空港に降り立ち、?船?を利用して奄美へと渡って行かれたそうです。その後YS-11が就航していた時代もあり、再び全盛期を迎え、1968年12月28日には舗装された1,200mの滑走路を持つ空港になりました。昭和46年4月1日に喜界町から鹿児島県へと運営が変わって現在に至っています。 終戦時に運用されていた全国の多くの空港がほとんど原型を留めない程の爆撃を受けたことを考えれば、その跡地の利用をしている喜界空港は、ある意味?戦跡?ではないかとも思います。勿論その面影を残すことで、当時を知る方々には複雑な想いをされることもあるようには思うものの、その海軍航空隊喜界島基地の流れを持つ?歴史の生き証人?としての役割を恒久的に続けて行って貰いたいようにも思います。空港臨海公園にそびえ立つ?海軍航空基地戦没者慰霊之碑?があり、その慰霊之碑が見守る現喜界空港と滑走路という?絶妙の関係?、それがあってこそ、島に点在する?戦跡?の重要性が増すことは間違いのないことだと思います。いっときの?奄美のハブ空港?としての役割は終わったものの?歴史と謂れのある空港?として今後も輝き続けて欲しいと放浪癖のある観光客は思います。 記録の上では、最後に喜界飛行場から飛び立った特攻機は、昭和20(1945)年8月13日に5機と記されていると聞きました。それから70年の歳月が経とうとする今日、果たして人類は?戦争?という過ちに気付いているのでしょうか?いささか疑問にも思える日々の出来事に憤りを感じずにはいられません。 それでは個々の史跡をご紹介します。 ?戦闘指揮所跡【鹿児島県大島郡喜界町中里】 空港建物より歩いて2?3分位の距離にあり、Jネットレンタカー喜界空港店の隣にあります。駐車場がないため、先にレンタカーを借りてしまうと不便なので、車を借りる前に行かれることをお勧め致します。建物の形には特徴的なものがありますが、煙突のようにも見えなくはない部分は、?監視台?の役割をしていたのではないかと言われています。戦闘指揮所跡としては、全国で唯一現存する貴重なものになりますが、建てられた時期などは高度の軍機密事項だったようでわかってはいません。四ヶ所ある入口は、一ヶ所破壊されても出入りに困らないためとされています。 解説文が書いてある看板が、入口として入った方向と逆の場所に立っていることは少し?おや??と思われるかもしれません。しかし?わかりやすい場所?にあると、機密事項にする意味がないことを考えると納得がいくかも知れません。 戦闘指揮所跡という名の通り、大戦末期には?沖縄戦?へと向かう?特攻隊員?に最後の命令を出したところであります。建物内通路がH型になっており、向かい合う入口部分が高くなっており、中央部には日の当たらない部分に横につながる?暗室?のような空間があります。素人の目線では、ここに?裸電球ひとつ?あって机があり、そこに指揮官が座って指示を出したのではなかろうかと思います。 入口のひとつに?破壊?された部分が目につく箇所がありますが、これは飛行場が爆撃された際に破壊されたものだそうです。作りは非常に立派なものですが、中の鉄筋が剥き出しになっていることはその爆撃の凄まじさを物語っています。 この建物、少し浮いた場所に建っているようにも見えますが、個人の敷地内にあるとのことでした。戦争と言う?破壊?の時代が終わり、強制収用していた土地が返還され、使い勝手の悪いものは時代の流れとともに取り潰されてきた?戦跡?を取り巻く環境の中で、?保存?に尽力して頂けると言うことはありがたいという言葉でしか表現できません。その姿に感動したイチ観光客には?なにかできること?を探しても見つけることはできませんでした。もしできることがあるとすれば、多分唯一拙い言葉でそのありのままの姿を表現し、少しでも興味を持って頂きたいというメッセージの発信だけだと思ってこれを書いています。これが私にできる?戦闘指揮所跡?の見て聞いて感じたことになります。 ?掩体壕【鹿児島県大島郡喜界町湾】 ?掩体壕?とは、飛行機を爆撃から守るために作られた?格納庫?です。戦闘機を格納する必要があったこと、すなわち軍の飛行場があった場所ということになりますが、大戦末期の物資枯渇の時代に作られたものは、コンクリートの使用量を減らし、その分を?石ころ?などを混ぜ込んだ素人の目にも質が悪いことがわかる?粗悪品?が多々見られました。鉄筋など入れられるはずもなかったものは強度不足も明らかで、結果として本来の目的である爆撃から戦闘機を守れるはずもなく、米軍の執拗な戦略爆撃のもと、軽ジュラルミンの戦闘機に?重し?となる形で破壊されていくこととなりました。終戦後強制収用された土地に作られた?飛行場?は、その目的がなくなり、?農地?として民間に払い下げられました。その時代の流れの中で?俺体壕?としての役割を果たせずに、爆撃によって破壊されたものも多い中で、?作られた数?そのものが多いために、広大な敷地の中ポツンと取り残されたものも数多くありました。本来なら?歴史の生き証人?としての役割を担うことのできるもののようにも思いますが、戦闘機を守るために?カマボコ状?に作られた巨大な建造物は、思った以上に使い勝手が悪かったようで、その上?質?まで悪いものだということであれば、経年劣化とともに取り壊されていくものが多くなることは容易に想像がつく結果ではありました。 その中にあってここで紹介させて頂いた?掩体壕?は、鉄筋入りのしっかりしたつくりをしており、保存状態が良いことが特徴として挙げられます。旧海軍の航空基地があった喜界島には、こちらの他にも?質の悪い俺体壕?も現存していることを地元の方からの情報を得ています。残念ながら細かい場所までは聞いていなかったこと、そしてなにより?時間切れ?という理由のため行くことができませんでした。そのため単純に?ビジュアル?での比較を今回はすることができません。しかし今回訪れることができた?掩体壕?を見る限り、私有地である広場に忽然と現われるその様は、その区画に占める?広さ?をまざまざと思い知らされることになりました。今までの文献考察の中に出てきた?掩体壕?は、あくまで写真の中だけのものであって、数字の上の大きさだっただけに過ぎません。しかし目の前にあるものは、正しく70年前に?戦闘機?を格納したものであり、経年劣化はあるもののすこぶる保存状態も良いものでした。?使い勝手の悪さ?とことばで連呼するのは容易いことですが、どう使い辛いのかということは?実物?を目の当たりにして初めて感じることができるものではないでしょうか。世界に誇る?ゼロ戦?は、性能もさることながら?見た目の格好の良さ?もいわれています。単発機ゆえ前面にはプロペラが付いており、その後方にコクピット、そして主翼、そして尾翼といった構造になりますが、相対的に後方が狭くなっているため、俺体壕の建設時に必要とされる?場所?、そして?資材?のことを考えて、必要以上の広さを持たそうとしなかったこともあり、それが?同じ高さ?と?同じ幅?で作るより強度を保てる?力学上のメリット?を得られることを踏まえると、?再利用?など木っ端微塵も考えていない当時のことであれば、この?カマボコ型?に行き着いたことは容易に想像がつくことだと思います。掩体壕の?特異的な形状?ゆえ?保存といった目的を、ひとことでは簡単に片付けられる問題ではなく、その遂行には?計り知れない苦労?が伴うもののように思います。喜界島では数多くの戦争史跡が保存されていることは先述しましたが、この戦跡は?私有地?に残っています。あまりきれいな言い方ではありませんが、やはり?保存?と?維持?をするにもコストがかかるため、その費用負担等の?公的資金の投入?等で賄えるものは賄うとし、せっかくの目的遂行が?息切れ?状態になったことで?尻切れトンボ?状態になってしまった…。それだけにはならぬように願うことしかできない一観光客の想いではありました。 ?海軍航空基地戦没者慰霊之碑【鹿児島県大島郡喜界町中里:空港臨海公園内】 喜界島南西部に位置する喜界空港の海側に広がる?空港臨海公園?内に位置する?海軍航空基地戦没者慰霊之碑?は、旧海軍飛行場跡地をベースに作られた?喜界空港?を望む位置に平成6年に建立されました。先の大戦末期には、特攻機を含む南方戦線へと向かう飛行機の中継基地としての役割を果たし、数多くの兵士の方々がこの地を後にし、二度と戻ることのない旅路につかれました。 現在ではそのような過去などなにもなかったかのように、のんびりとした田舎の一ローカル空港として、鹿児島と奄美の空港へとそれぞれ3便ずつの日本エアコミューターのSAAB340B型機が飛んでいます。?喜界島飛行場?があったから?海軍航空基地戦没者慰霊之碑?があるという理由ではあるのですが、?着陸する航空機?を出迎え、?離陸する航空機?を見送る位置にその慰霊之碑があることは、戦争を知らない世代が?航空機?を武器として戦争を仕掛けようとすることに警鐘を鳴らしているように思えてなりません。実際の思惑はともかく、現飛行場を慰霊之碑が見守っていることには、?言葉では表現できない??訴え?を感じます。 今年戦後70年の節目の年を迎えました。日本を取り巻く国際情勢の複雑さは、年を追うごとに複雑にはなってきているようには思えます。しかし戦争という?破壊?と?憎しみ? しか生み出さない?解決法?を選択することは、?大多数の犠牲?を払った?軍国主義? への?逆戻り?でしかありません。先の大戦に於いて、自らのひとつしかない命を懸けて家族は勿論、未来将来に渡る人々のことを想って逝かれた兵士の方々の崇高な考えを無下にすることは許されざることだと思います。言い方は悪いですが、どんなことをしても戦死された兵士の方々が生き返る訳ではありません。しかしその想いを国民全てが再認識し、頭をひねり、平和解決の糸口を見つけていくことこそが急務ではないかと思います。 ?まとめ?と言う程のことではありませんが、今回列挙した事柄は戦争を知らない世代の一観光客が偉そうに言うことではないことなのかも知れません。しかし一昨年公開の映画?永遠の0?によって、?特攻隊?というものがクローズアップされ、その結果?特攻隊関連?の資料館である?万世??知覧??鹿屋?への来客数が増えたことは以前にも述べたことがありました。勿論?関心を持った?、そして?訪れた?だけでは、本来の目的を達成したとは言えません。しかしこの?戦争?という暗黒の時代を今の時代へと伝える戦跡の多くは、?埋もれている?要素が多いように思えてなりません。その一方戦場となった場所では不発弾の問題など、今尚日常生活に影響をきたすような問題を数多く抱えている事実を踏まえると、部外者が安易に?戦跡?として周知を計り、関心を引こうとする考え方に?嫌悪感?を抱かれてしまうことも懸念しないといけないのでとも思います。見た目ではなく?本当の生活の質の向上?につながる?開発?であるならば、それが優先課題となって当然のことでしょうし、そういう思いも私自身が持っていることも事実です。確かに?保存?と?開発?という両端の選択肢を、?折衷案?を用いることによって、両者を並立させることは大変難しいことだとは思います。しかしそこに?共存を考える接点?を追求することは本当にできないことなのでしょうか。その答えを出すことは、?一部外者?としての私の立場ではできないことであり、今後も出来るようにはならないとも思っています。なかなか上手く言うことができないのですが、?多数意見?だけに捉われない、?過去と現在の在り方?を問うことは必要な時期に差し掛かってきているように思います。 コロンブスの卵状態の話ではあるのですが、戦跡保存に尽力されている喜界島であっても戦跡の地点登録は、カーナビ上はされていません。運良くレンタカー利用者が過去に行ったことがあって、偶然履歴に出てくるというケースはともかく、頂いた地図をもとにして現在地をナビで表示させながら場所を特定していくことは、思いのほか手間のかかる作業でした。勿論そのような苦労があってこそたどり着ける場所だからこそ感じる?ありがたみ?は旅の醍醐味のひとつであることには違いありません。しかし効率が良いものとは到底思えるものではなく、結果?見て回ることができる?件数は限られてしまう上に、ゆっくり時間をかけることは不可能なこととなってしまいます。 このご時世スマートフォンという便利なものはありますが、その?ナビ機能?を使うにしても、目的地の?座標打ち?をしないと役目を果たしません。ようは?データベース化?をする必要がある訳ですが、これには?目的地?の数だけの?地点情報?が必要となるため、そう簡単にはいかないように思います。端的に言うと?デジタル戦跡マップ?の作成になりますが、営利目的の会社が作るためにその内容が充実していることを考えると、?非営利目的?でどこまでのものができるかと言うと、たいしたものはできないように思います。しかし?できないからやらない?にしてしまうと前進することは絶対にありません。ダメダメ続きになってしまい、論じている内容にも自信が持てなくなりそうですが、これがもし作ることができるのであれば、今現在話題に取り上げられることもなく、時代の流れに埋もれている戦跡が陽の目を浴びて、新たな歴史の生き証人として息を吹き返すことはおおいに期待できるのではないでしょうか。 戦後70年の節目の年、なにかやってもやらなくても時は過ぎて行きます。実現できるか否かは?結果論?であり、行動を起こすか起こさないかの?過程論?は論ずるより生むが易しではないかと思います。 喜界島の方々は、皆さんあたたかく観光客を受け容れてくださり、口を揃えて?何もない島?を強調されます。しかし?何もない島?に偽りありで、ホントは?宝の島?だと私は思っています。勿論?どのように捉える?かは個人の自由ではありますが、平和そのもののLOCAL ISLANDに見え隠れする70年前の遺構に触れ、今の時代を見つめ直す機会を持つことは、?生きた平和教育?そのもののようにも思えます。 長文にお付き合い頂きありがとうございました。これで【通番009】あみんちゅ戦跡を巡る旅鹿児島その弐?喜界島:戦闘指揮所跡・海軍航空基地戦没者慰霊之碑・掩体壕編?を終わります。 ※なお先述しました?座標データ?収集のため、写真の注釈にTIFFのデータを貼り付けています。 以下興味が湧いたらご覧下さい。 ?戦跡を巡る旅シリーズ? 以下興味が湧いたらご覧下さい。 ?戦跡を巡る旅シリーズ? 【通番001】さんふらわあで航(い)く鹿児島陸軍特攻戦跡を訪ねる旅?万世・知覧編? http://4travel.jp/travelogue/10933877 【通番002】さんふらわあで航(い)く鹿児島海軍特攻戦跡を巡る旅?笠之原・串良・鹿屋編? http://4travel.jp/travelogue/10933914 【通番003】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅沖縄壱之??豊見城・旧海軍司令部壕編? http://4travel.jp/travelogue/10963283 【通番004】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅沖縄壱之??宜野湾・嘉数(かかず)高台公園《私見》沖縄戦解釈編? http://4travel.jp/travelogue/10981023 【通番005】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅滋賀壱之??滋賀県平和祈念館・陸軍八日市飛行場跡編? http://4travel.jp/travelogue/10974454 【通番006】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅福岡壱之??碓井平和祈念館編? http://4travel.jp/travelogue/10990537 【通番007】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅福岡壱之??武富戦争資料館(兵士・庶民の戦争資料館)編? http://4travel.jp/travelogue/10990699 【通番008】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅福岡壱之??筑前町立大刀洗平和記念館編? http://4travel.jp/travelogue/10990539 ※未完成 【通番010】あみんちゅ戦跡を訪ねる旅沖縄壱之??石垣島・八重山平和祈念会館とバンナ公園編? http://4travel.jp/travelogue/10964521
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡外観。真ん中の高い部分は戦況を確認する?...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡。入口?から入口?を見た様子。 民家の...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡入口。 今気付きましたが、入口手前...
全国の写真
全国の旅行記 町指定記念物(史跡)戦闘指揮所跡 大東亜戦争(第...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡。建物に近づくにつれ、破壊されている部分...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡。この場所に説明文が書かれている立看板が...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡、入口のひとつになります。建物の鉄筋が剥...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡。横の通路部分になりますが、この暗闇の中...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡。通路を潜り抜け反対方向に抜けてきました...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡。破壊の度合いが酷かった入口の反対側です...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡、正面入口。 入口?。
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡。縦通路の様子。 通路は階段と砂地...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡。通路内から見た入口の様子。 暗さ...
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡。 後方正面から見た様子ですが、このよ...
全国の写真
全国の旅行記 海軍航空基地戦没者慰霊之碑、その?。
全国の写真
全国の旅行記 海軍航空基地戦没者慰霊之碑、碑文。 喜界島海軍基地...
全国の写真
全国の旅行記 海軍航空基地戦没者慰霊之碑、その?。
全国の写真
全国の旅行記 海軍航空基地戦没者慰霊之碑、その?。
全国の写真
全国の旅行記 海軍航空基地戦没者慰霊之碑、その?。 緯度:28....
全国の写真
全国の旅行記 海軍航空基地戦没者慰霊之碑、その?。
全国の写真
全国の旅行記 現在の喜界空港は、1日6便の双発ターボプロップ機が離...
全国の写真
全国の旅行記 海軍航空基地戦没者慰霊之碑のすぐ後ろには、スギラビー...
全国の写真
全国の旅行記 『平和』の二文字以外思いつかない風景のスギラビーチ。...
全国の写真
全国の旅行記 同じく『平和』の二文字以外思いつかない風景。 緯度...
全国の写真
全国の旅行記 銅像を海側から撮ってみました。 緯度:28.3...
全国の写真
全国の旅行記 掩体壕(えんたいごう) 『掩体壕』とは、戦闘機を敵...
全国の写真
全国の旅行記 掩体壕、全景。
全国の写真
全国の旅行記 掩体壕、入口。
全国の写真
全国の旅行記 掩体壕、奥行き。
全国の写真
全国の旅行記 戦闘指揮所跡の平面図を描いてみました。
全国の旅行記
東京 ,☆世界の『星の王子さま』コレクション☆
全国の地域
東京
全国への旅行者
Kitty
全国の旅行時期
2010/07/22~" . 2010/07/22
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

☆世界の『星の王子さま』コレクション☆

私の大好きな本「星の王子さま」☆☆ 海外に行った時に自分のお土産として、それぞれの国の翻訳本「星の王子さま」を買い、少しずつ集めてきました。 (最近は行ったことがない国の翻訳本も集めています。行ったのに買いそびれた国もあって悔やまれます…←だんだんと手に入れることができてきました。あとは行った国では出版自体がない国のみ!?(バハマ・マカオ・マレーシアの3ヶ国)) たいぶ種類も集まってきて、自分でもどの国の翻訳本を持っているのかこんがらがってきてしまっているので、旅行に行った時に忘れないように一応コレクションとしてアップしてみました。 現在50ヶ国79冊集まりました♪ 現在250カ国語以上の翻訳本(方言も含め)があるようです。 こんなにも世界中で翻訳されているなんてすごい!! まだまだこれからも集めていくつもりです。 ★箱根 星の王子さまミュージアムへ行ってきました♪↓ http://4travel.jp/travelogue/11152422 http://4travel.jp/traveler/kitty0981/album/10195285/ ★寄居 星の王子さまPAへ行ってきました♪↓ http://4travel.jp/travelogue/10968494 http://4travel.jp/travelogue/10960850
全国の写真
全国の旅行記 オリジナルのフランス語版(フランス) フランス人飛...
全国の写真
全国の旅行記 英語版(アメリカ) アメリカにて英語版が最初に出版...
全国の写真
全国の旅行記 英語版(イギリス) オリジナルとはまた違った表紙が...
全国の写真
全国の旅行記 ドイツ語版(ドイツ) ご存知、ドイツ語。EU圏内で...
全国の写真
全国の旅行記 ドイツ語版(オーストリア) オーストリアの公用語も...
全国の写真
全国の旅行記 イディッシュ語(ユダヤ=ドイツ語)版(ドイツ) 表紙...
全国の写真
全国の旅行記 イディッシュ語(ユダヤ=ドイツ語)版(ドイツ) 裏表...
全国の写真
全国の旅行記 イタリア語版(イタリア) イタリア語もいくつか方言...
全国の写真
全国の旅行記 カタルーニャ語版(スペイン) スペイン東部のカタル...
全国の写真
全国の旅行記 スペイン語版(メキシコ) メキシコでは公用語は定め...
全国の写真
全国の旅行記 ポルトガル語版(ポルトガル) 俗ラテン語から発展し...
全国の写真
全国の旅行記 オランダ語版(オランダ) ゲルマン語派に属し、同じ...
全国の写真
全国の旅行記 クロアチア語版(クロアチア) ユーゴ解体前は、セル...
全国の写真
全国の旅行記 ポーランド語版(ポーランド) チェコ語、スロバキア...
全国の写真
全国の旅行記 チェコ語版(チェコ) スロヴァキア語とは非常に近く...
全国の写真
全国の旅行記 スロバキア語版(スロバキア) スラヴ語派ではチェコ...
全国の写真
全国の旅行記 ハンガリー語(マジャル語)版(ハンガリー) ハンガ...
全国の写真
全国の旅行記 ロシア語版(ロシア) 旧ソ連時代に公用語はなく、ロ...
全国の写真
全国の旅行記 タイ語版(タイ) シャム文字とも呼ばれるタイ文字が...
全国の写真
全国の旅行記 韓国語版(韓国)
全国の写真
全国の旅行記 シンハラ語版(スリランカ) スリランカの公用語の1...
全国の写真
全国の旅行記 ラテン語版 古代ローマの公用語として広く普及し、帝...
全国の写真
全国の旅行記 アラビア語版(レバノン) おもに西アジア(中東)・...
全国の写真
全国の旅行記 トルコ語版(トルコ) テュルク諸語のうち最大の話者...
全国の写真
全国の旅行記 ザールラント語版(ドイツ) おそらくドイツのザール...
全国の写真
全国の旅行記 中国語版(中国)
全国の写真
全国の旅行記 スワヒリ語版(タンザニア) アフリカ東岸部で広く使...
全国の写真
全国の旅行記 中国語版(台湾) 台湾の公用語は中国語(北京語)で...
全国の写真
全国の旅行記 ズールー語版(南アフリカ) 南アフリカ共和国の11...
全国の写真
全国の旅行記 古英語版(イギリス) 5世紀半ばから12世紀を中心...
全国の写真
全国の旅行記 中世英語版(イギリス) 1066年のノルマン・コン...
全国の写真
全国の旅行記 中高ドイツ語版(ドイツ) およそ750年?1050...
全国の写真
全国の旅行記 アイルランド語版(アイルランド) アイルランドの第...
全国の写真
全国の旅行記 ウェールズ語版(イギリス) イギリスのウェールズで...
全国の写真
全国の旅行記 スコットランド・ゲール語版(イギリス) イギリスの...
全国の写真
全国の旅行記 ジュデズモ語(ユダヤ=スペイン語)版(イスラエル) ...
全国の写真
全国の旅行記 ジュデズモ語(ユダヤ=スペイン語)版(イスラエル) ...
全国の写真
全国の旅行記 ピカルディ語(Borain)版(ベルギー) ベルギ...
全国の写真
全国の旅行記 アルーマニア語(マケド・ルーマニア語)版  ルーマ...
全国の写真
全国の旅行記 モーリシャス・クレオール語版(モーリシャス) モー...
全国の写真
全国の旅行記 マヤ・カクチケル語版(グアテマラ) マヤ人によって...
全国の写真
全国の旅行記 マヤ・ユカテコ語版(メキシコ) マヤ人によって、マ...
全国の写真
全国の旅行記 スペイン語版(メキシコ) メキシコバージョン2冊目...
全国の写真
全国の旅行記 ベトナム語版(ベトナム) ベトナム社会主義共和国の...
全国の写真
全国の旅行記 ベトナム語版(ベトナム) ベトナムバージョン2冊目...
全国の写真
全国の旅行記 ベトナム語版(ベトナム) ベトナムバージョン3冊目...
全国の写真
全国の旅行記 インドネシア語版(インドネシア) インドネシア共和...
全国の写真
全国の旅行記 クメール語版(カンボジア) カンボジアの公用語。 ...
全国の写真
全国の旅行記 中国語版(香港)
全国の写真
全国の旅行記 ボスニア語版(ボスニア・ヘルツェゴビナ) セルビア...
全国の写真
全国の旅行記 スペイン語版(メキシコ) メキシコバージョン3冊目...
全国の写真
全国の旅行記 ペルシャ語版(イラン) イランの公用語で、ファルシ...
全国の写真
全国の旅行記 アラン語版(スペイン) スペイン、カタルーニャ州に...
全国の写真
全国の旅行記 ロマンシュ・グリシュン語版(スイス) スイスの四つ...
全国の写真
全国の旅行記 スペイン語版(メキシコ) メキシコバージョン4冊目...
全国の写真
全国の旅行記 スペイン語版(コロンビア) これまたペルーで購入し...
全国の写真
全国の旅行記 ケチュア語版(ペルー) かつてインカ帝国で使用され...
全国の写真
全国の旅行記 ラージャスターン語版(インド) インドのラージャス...
全国の写真
全国の旅行記 サンスクリット語版(インド) 古代から中世にかけて...
全国の写真
全国の旅行記 ソマリ語版(ソマリア) アフリカ東部の「アフリカの...
全国の写真
全国の旅行記 ハワイ語版(アメリカ) ハワイ諸島先住民のポリネシ...
全国の写真
全国の旅行記 フランス語版(フランス) 2013年に「星の王子さ...
全国の写真
全国の旅行記 ウクライナ語版(ウクライナ) ウクライナの公用語。...
全国の写真
全国の旅行記 ガスコーニュ語版(フランス) フランスのガスコーニ...
全国の写真
全国の旅行記 スラナン語版(スリナム共和国) 南米にあるスリナム...
全国の写真
全国の旅行記 セルビア語版(セルビア語) クロアチアと同じく、ユ...
全国の写真
全国の旅行記 ゾンカ語版(ブータン) ブータンの国語。 ゾンカ...
全国の写真
全国の旅行記 チベット語版(チベット) シナ・チベット語族のチベ...
全国の写真
全国の旅行記 ノルマン語版(フランス) フランスのノルマンディー...
全国の写真
全国の旅行記 ロシア語版(ロシア) 247×334mmの大きな星...
全国の写真
全国の旅行記 中国語版(シンガポール) シンガポールの公用語のひ...
全国の写真
全国の旅行記 リンブルフ語版(オランダ、ベルギー、ドイツ) オラ...
全国の写真
全国の旅行記 イタリア語版(イタリア) イタリア・トスカーナ州の...
全国の写真
全国の旅行記 アイマラ語版(ボリビア) ボリビアとペルーの公用語...
全国の写真
全国の旅行記 アッパー・ヴァレー語(スイス)(Haut-valai...
全国の写真
全国の旅行記 フランコプロヴァンス語(アルピタン語)版(フランス)...
全国の写真
全国の旅行記 ポルトガル語版(ポルトガル) ポルトガル語バージョ...
全国の写真
全国の旅行記 ポルトガル語版(ポルトガル) ポルトガル語バージョ...
全国の写真
全国の旅行記 ポルトガル語版(ポルトガル) ポルトガル語バージョ...
全国の写真
全国の旅行記 ポルトガル語版(ポルトガル) ポルトガル語バージョ...
全国の旅行記
山口 ,中国山陰地方旅行(山口県編)
全国の地域
山口
全国への旅行者
オータム
全国の旅行時期
2017/05/14~" . 2017/05/17
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

中国山陰地方旅行(山口県編)

3泊4日で山口県・島根県・鳥取県・岡山県+風景印と中国地方4県をレンタカーで回って来ました。 スケジュール表 1日目 山口県 2日目 山口県・島根県 3日目 鳥取県 4日目 鳥取県・岡山県 岡山空港?羽田空港
全国の写真
全国の旅行記 ANAでの予約だったが、羽田?山口宇部の朝一の便はス...
全国の写真
全国の旅行記 お洒落なデザインだったので撮ってみた。チョコも美味し...
全国の写真
全国の旅行記 雲の隙間から南アルプスと北アルプスが見えた。
全国の写真
全国の旅行記 広島辺りから青空になって来た。 宮島だが超望遠レン...
全国の写真
全国の旅行記 予定通りに山口宇部空港に到着する。 現在バラ祭りが...
全国の写真
全国の旅行記 宇部郵便局で風景印を押してから最初の目的地の関門トン...
全国の写真
全国の旅行記 エレベーターで地下に降りて行きます。 山口県と福岡...
全国の写真
全国の旅行記 九州福岡県の門司側に着きました。 15分程だったと...
全国の写真
全国の旅行記 門司側の出口(入り口)です。
全国の写真
全国の旅行記 関門海峡を渡る関門橋です。
全国の写真
全国の旅行記 歩く人達が多かったので下関側に戻る時に合間を見て撮る
全国の写真
全国の旅行記 カモンワーフでお昼ご飯を食べようとしたが、駐車場に入...
全国の写真
全国の旅行記 奥さん、中々食事にありつけず、ほっぺを膨らましている...
全国の写真
全国の旅行記 門司港にある有名な建物も見える。 昨年の秋に九州旅...
全国の写真
全国の旅行記 唐戸商店街にも寄りたかったが、時間が無いので素通りで...
全国の写真
全国の旅行記 下関郵便局で風景印を押して秋芳洞に向かう。 秋芳洞...
全国の写真
全国の旅行記 此処は水が深くは無いが強く流れていた。 百枚皿
全国の写真
全国の旅行記 岩手県の龍泉洞は水の深さで有名だが岩が綺麗に映り込ん...
全国の写真
全国の旅行記 黄金柱 入った時は涼しいが歩いていると湿気が多いの...
全国の写真
全国の旅行記 見事なカルスト台地です。
全国の写真
全国の旅行記 天気が良いので緑と白のコントラストが素晴らしかった。...
全国の写真
全国の旅行記 長門に向かい金子みすゞ記念館を訪ねました。
全国の写真
全国の旅行記 この部屋で数々の詩を紡ぎだしたのでしょう。 東日本...
全国の写真
全国の旅行記 説明する方ではなく奥さんです。
全国の写真
全国の旅行記 此の絵は12万枚の顔写真から作られています。
全国の写真
全国の旅行記 此方のパネルは好きな言葉の文字の集まりで出来ていて見...
全国の写真
全国の旅行記 大きいパネルです。
全国の写真
全国の旅行記 車窓からですが仙崎駅も撮りました。 仙崎は鯨漁でも...
全国の旅行記
ミラノ ,旅のトラブルは携帯電話の水没から始まった。 ミラノ? イタリア旅行1
全国の地域
ミラノ
全国への旅行者
pedaru
全国の旅行時期
2017/03/06~" . 2017/03/22
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

旅のトラブルは携帯電話の水没から始まった。 ミラノ? イタリア旅行1

旅のトラブルは携帯電話の水没から始まった。便座に座ろうとしたときポットンという音がしてミレイのオフィーリアの如く水に横たわる携帯電話が目に飛び込んできた。 その瞬間私は水底に沈む彼女を救い出し、ペーバーで水滴を拭い、人工呼吸や心臓マッサージを施したが、モニター画面は次第に力なく消えていった。「死なないでくれー、俺を置いて逝かないでくれー」君なしでこの後どうすればいいんだ。私は号泣した。 スマートフォンが全盛の時代、ガラ携などと揶揄されながらも一筋に愛用してきた携帯電話、しかも、水没させたのはこれが2度目、これを聞いたら誰も同情してはくれまい。 幸いネクサス7というタブレット端末を持ってきていた。ルーターは持っていないがホテルや駅、列車の中ではオンラインになるので家との連絡は専らこの端末が役に立った。しかしこれは一人旅の困難さを暗示させるような初日の出来事であった。
全国の写真
全国の旅行記 機は北海道上空を飛んでいるらしい。
全国の写真
全国の旅行記 飲み物が配られた。私はいつもビールを頼みます。イタリ...
全国の写真
全国の旅行記 熱々のパスタが出ました。
全国の写真
全国の旅行記 アルプスの峰が見えます。ヨーロッパに入りました。
全国の写真
全国の旅行記 洗濯板のような山脈に日が当たっています。
全国の写真
全国の旅行記 機は着陸態勢に入りました。間もなくミラノマルペンサ空...
全国の写真
全国の旅行記 ミラノマルペンサ空港に着きました。ファッションの街に...
全国の写真
全国の旅行記 空港の建物を出るとたくさんのタクシーやバスが停まって...
全国の写真
全国の旅行記 バスを降りると大きな建物のミラノ中央駅がありました。...
全国の写真
全国の旅行記 ミラノ駅の正面です。バスを降りたときどうも変だと思い...
全国の写真
全国の旅行記 間違わずにホテルに着けるか心配になったので誰かに道を...
全国の写真
全国の旅行記 入ってすぐにレセプションがありました。 「オ ...
全国の写真
全国の旅行記 シングルベッドが二つあります。 シングルで予約...
全国の写真
全国の旅行記 朝食です。パン、ヨーグルト、オレンジジュース これで...
全国の写真
全国の旅行記 隣の席に二人の若い女性が座りました。「おはようござい...
全国の写真
全国の旅行記 8時40分、ミラノ最大の目的、最後の晩餐を見るために...
全国の写真
全国の旅行記 いろんな食材を売る店がありました。 店頭には海...
全国の写真
全国の旅行記 地下鉄を降りて地上に顔を出すと、ドーンと大聖堂がそび...
全国の写真
全国の旅行記 ドゥオーモと同じようにミラノのシンボルとなっているの...
全国の写真
全国の旅行記 ここは水の都ベネチアか、と思われるほど大聖堂は水に浮...
全国の写真
全国の旅行記 遊覧船の姿は見えませんが静かに水を湛えたミラノ大聖堂...
全国の写真
全国の旅行記 おっと、ごめんなさい、水かと思ったら大きなブルーシー...
全国の写真
全国の旅行記 大聖堂は彫刻で埋め尽くされていました。
全国の写真
全国の旅行記 見学の人もまばらで見ると聞くとは大違い、これならゆっ...
全国の写真
全国の旅行記 ドアの前の青銅のレリーフです。
全国の写真
全国の旅行記 どれをとってみても素晴らしい彫刻ばかりです。
全国の写真
全国の旅行記 狩りで獲物をしとめ得意顔で写真に納まるハンター気分で...
全国の写真
全国の旅行記 ガラスと鉄細工の傑作、美しいフォルムです。
全国の写真
全国の旅行記 この下の床にはこのように美しいモザイクが施されていま...
全国の写真
全国の旅行記 床に描かれた牛のモザイク、股間にかかとを乗せぐるっと...
全国の写真
全国の旅行記 床の表面は良く磨かれています。カートを押したりローラ...
全国の写真
全国の旅行記 ルイヴィトンの店舗です。 この前にはプラダ本店があり...
全国の写真
全国の旅行記 地下鉄カドルナFN駅を降りてサンタマリア デッレ グ...
全国の写真
全国の旅行記 見えてきました、「サンタマリア デッレ グラツィエ教...
全国の写真
全国の旅行記 サンデグ教会の入り口付近に「チェナーコロ ヴィンチャ...
全国の写真
全国の旅行記 すぐ隣の建物を入ると男の人が一人いて、ここではありま...
全国の写真
全国の旅行記 予約時間まで間があるので教会の内部を見ることにしまし...
全国の写真
全国の旅行記 1296年、アルノルフォ・デ・カンピオの設計により大...
全国の写真
全国の旅行記 教会は第二次世界大戦中に連合軍の空襲を受け、大きな被...
全国の写真
全国の旅行記 真面目にお祈りする人だけが入ります。 不浄な人...
全国の写真
全国の旅行記 一度の入場は30名だけです。静かにレオナルドの描いた...
全国の写真
全国の旅行記 中学生の子供たちと一緒になりました。先生は気を遣って...
全国の写真
全国の旅行記 目に飛び込んで来たのはミラノに来た最大の目的、この最...
全国の写真
全国の旅行記 修復されたことによって 雰囲気が壊れてしまうことを危...
全国の写真
全国の旅行記 「あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ろうとしている...
全国の写真
全国の旅行記 子供たちはお行儀よく半数は待っています。
全国の写真
全国の旅行記 反対側の壁には対照的な絵がありました。 この絵...
全国の写真
全国の旅行記 教会の前にあるトラムの停留所で電車を待ちました。他の...
全国の写真
全国の旅行記 こんな思いをしながらもサンマウリッォ教会に着きました...
全国の写真
全国の旅行記 では、次はブレラ絵画館に行こう。おもむろに歩き出しま...
全国の写真
全国の旅行記 写真に撮るまでもないのですが、水没事件の現場検証のた...
全国の旅行記
カルダス・ダ・ライーニャ ,ポルトガル縦断の旅(5)カルダス・ダ・ライーニャのボルダロ社で大鉢を買う
全国の地域
カルダス・ダ・ライーニャ
全国への旅行者
kojikoji
全国の旅行時期
2001/10/12~" . 2001/11/04
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

ポルトガル縦断の旅(5)カルダス・ダ・ライーニャのボルダロ社で大鉢を買う

1週間のリスボンと近郊の旅を終えいよいよ北への移動です。移動が日曜日でオビドス行きの直通バスが無かったのもありますが、途中のカルダス・ダ・ライーニャに立ち寄りました。リスボンで見た彩釉タイルに魅せられたからです。アンティーク店で尋ねると現在もボルダロ社で造っている事が分かりました。ボルダロ社は一時日本でも流行ったキャベツの葉の形をしたお皿やボールを造っている会社です。小さなバスターミナルでは荷物を預けられなかったので広場の脇のインフォメーションで事情を話すと快く預かってくれました。日曜日でもあり広場には市が立っていました。インフォメーションは午後1時までなので3時間ほどしか時間が無いのが残念でしたが駆け足で温泉病院と美術館とボルダロ社の見学をしました。ボルダロ社のショップではB級品(と言っても素人目にはどこがダメなのか分かりません。)が驚くほどの安さで売っていました。紫の釉薬に緑のカエルのレリーフが連続した美しいフラワーベースに目が奪われて思わず買ってしまいました。直径45センチで高さが20センチ、梱包したら一回り大きくなりました。この先3週間どうやって旅をするのだろうなんて考えていたら急にドシャ振りの雨になって気分は更に凹みました。インフォメーションで荷物のパッキングをし直してオビドスへ向かいました。
全国の写真
全国の旅行記 いよいよリスボンともお別れです。バスターミナルにはク...
全国の写真
全国の旅行記 カルダス・ダ・ライーニャのバスターミナルは小さくて切...
全国の写真
全国の旅行記 15世紀にポルトガル王妃レオノール・デ・ヴィゼウによ...
全国の写真
全国の旅行記 芸術家ラファエル・ボルダロ・ピニェイロがデザインした...
全国の写真
全国の旅行記 上薬をかけた陶磁器ロウサ・ダス・カルダスと言うそうで...
全国の写真
全国の旅行記 これが気に入ったタイルです。色遣いと言い東洋の交趾釉...
全国の写真
全国の旅行記 このような人形に至ってはもうたまりません。
全国の写真
全国の旅行記 リスボンの骨董店で見たのはこのバッタのタイルとチョウ...
全国の写真
全国の旅行記 イソップの寓話を題材にしている物が多かったです。日曜...
全国の写真
全国の旅行記 素晴らしい作品です。
全国の写真
全国の旅行記 蜂は幾つかのパーツに分かれていました。
全国の写真
全国の旅行記 ジャポニスムを感じさせるデザインと色遣いです。 こ...

旅行のクチコミサイト フォートラベル
全国  歴史・文化・芸術 の旅行記


アウトドア・スポーツ体験 /  イベント・祭り・花火 /  エンターテイメント・テーマパーク /  クルーズ /  グルメ /  ゴルフ /  ショッピング /  スポーツ観戦 /  ドライブ・ツーリング /  ビーチ・島・リゾート /  マリンスポーツ /  温泉・エステ・癒し /  家族・子連れ・バリアフリー /  花見・紅葉 /  寺社・札所めぐり /  自然・動物 /  出張 世界遺産・遺跡 /  鉄道・乗物 /  登山・ハイキング /  夜景 /  歴史・文化・芸術 /