旅行記 全国 家族・子連れ・バリアフリー 地域情報ポータルサイト ちよせ
このサイトについて 
トップ,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 食事処,gourmet,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 宿ホテル,hotel,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 名産,meisan,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 旅行記,report,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 写真,picture,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 質問,question,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真
全国の旅行記【家族・子連れ・バリアフリー】

全国の旅行記
ロスカボス ,【お出掛け、お出掛け】こっちで海水浴。Los Cabos その?
全国の地域
ロスカボス
全国への旅行者
Cobra
全国の旅行時期
2005/11/23~" . 2005/11/28
旅行テーマ 【家族・子連れ】

【お出掛け、お出掛け】こっちで海水浴。Los Cabos その?

Resort満喫。 初日(23日) このThanksgiving、本当は昨年に引き続きCancunでのvacationを計画していた。ticketもmileageで確保して準備万端だった・・・・・が、 Cancunをあのhurricane "wilma"が直撃!! 急遽、予定を変更してこのLos Cabosへ。
全国の写真
全国の旅行記 Detroit~Houston~Los Cabosで...
全国の写真
全国の旅行記 Loa Cabos空港に到着。eastern tim...
全国の写真
全国の旅行記 さすがresort地、空港を出たらいきなりtequi...
全国の写真
全国の旅行記 Hotelに到着。今回のhotelは、Finiste...
全国の写真
全国の旅行記 Hotelのpool。
全国の写真
全国の旅行記 hotelの周りを。
全国の写真
全国の旅行記 いい天気だ。
全国の写真
全国の旅行記 部屋の中から。
全国の写真
全国の旅行記 部屋はこんな感じ。
全国の写真
全国の旅行記 HotelにあるWhale watch bar。ほぼ...
全国の写真
全国の旅行記 岩山に建てられたhotel。
全国の写真
全国の旅行記 砂浜に咲いていた花。
全国の写真
全国の旅行記 サボテン系。砂浜には変わった植物がいっぱい。
全国の写真
全国の旅行記 蟻んこ、見っけ!!
全国の写真
全国の旅行記 拡大。
全国の写真
全国の旅行記 砂浜でラジコン"bug"を走らせる。
全国の写真
全国の旅行記 一年を通じて300日以上晴れだそうだ。 本当にいい...
全国の写真
全国の旅行記 続けてpoolで一泳ぎ。
全国の写真
全国の旅行記 日が翳ってきた。
全国の写真
全国の旅行記 これぞ、vacation。
全国の写真
全国の旅行記 沖をresort ferryが進んでいく。
全国の写真
全国の旅行記 もうじき、日が沈む。
全国の写真
全国の旅行記 hotelも夕日に包まれていく。
全国の写真
全国の旅行記 夜のhotel。
全国の写真
全国の旅行記 restaurantから港を・・・・・。
全国の旅行記
オアフ島 ,夏休みのハワイ家族旅行
全国の地域
オアフ島
全国への旅行者
Emi(^-^)ノ
全国の旅行時期
2005/08/23~" . 2005/08/28
旅行テーマ 【家族・子連れ】

夏休みのハワイ家族旅行

ちびっ子を含めた 親戚一同総勢11名でハワイのオアフ島に3泊5日の旅に出かけました。 東6400km 年2 月9 日4
全国の写真
全国の旅行記 ホテルのチェックインの時間まで市内観光をしました。 ...
全国の写真
全国の旅行記 ハワイ王国の統一を成し遂げた「カメハメハ大王」はイオ...
全国の写真
全国の旅行記 フラダンスショーを見ながらの優雅なお食事。
全国の写真
全国の旅行記 ダイヤモンドヘッドもよく見えました
全国の写真
全国の旅行記 お土産売場でハワイアンキティちゃんを見つけました。
全国の写真
全国の旅行記 ホテルの窓からは賑やかなワイキキビーチが見えました。
全国の写真
全国の旅行記 翌朝は日本旅行の手配で豪華リムジンに乗って「ハナウマ...
全国の写真
全国の旅行記 ビーチに入る前にかなり並びましたが、海中できれいな熱...
全国の写真
全国の旅行記 毎朝朝食をいただいていた、ホヌオハナラウンジのバルコ...
全国の写真
全国の旅行記 ホテルに戻った後はプールサイドのサンドバーでジュース...
全国の写真
全国の旅行記 ディナーパフォーマンスを楽しみながらステーキをいただ...
全国の写真
全国の旅行記 カラカウワ通りの夜景もステキでした
全国の写真
全国の旅行記 最終日は、ホテルのすぐ近くにあるバス停からトローリー...
全国の写真
全国の旅行記 空港からホテルまでは旅行会社手配のこのような車で移動...
全国の写真
全国の旅行記 セントレアから 18:45発のコンチネンタル航空でホ...
全国の写真
全国の旅行記 コンチネンタル航空のマイレージ「ワンパスメンバー」に...
全国の写真
全国の旅行記 晩ご飯は近くにあるシェラトンプリンセスカイウラニホテ...
全国の写真
全国の旅行記 最終日の夕食はヒルトン・ハワイアンビレッジ内にある「...
全国の写真
全国の旅行記 エコノミークラスの機内食です。
全国の写真
全国の旅行記 交通の便の良い「シェラトンワイキキ」に宿泊しました。...
全国の写真
全国の旅行記 ワイキキの夜は更け、明日はもう名古屋へ帰ります。
全国の写真
全国の旅行記 アラモアナショッピングセンターのフードコートの「浪花...
全国の写真
全国の旅行記 ホテルから美しい夕日が見えました。
全国の旅行記
石垣島 ,クラブメッドカビラに行ってきました
全国の地域
石垣島
全国への旅行者
Emi(^-^)ノ
全国の旅行時期
2008/08/16~" . 2008/08/18
旅行テーマ 【家族・子連れ・バリアフリー】

クラブメッドカビラに行ってきました

前々から一度行ってみたかったフランス発祥のクラブメッドの旅行、今年は贅沢に石垣島のカビラに2泊して来ました。 心配だったお天気も旅行中はずーと晴天で、気候はなぜか?名古屋より涼しく海風が爽やかでした。たまたまですが、体操のひろみちお兄さんご家族がプライベートで来られていました。 感激! 西南西1700km 年7 月8(ア) 日3
全国の写真
全国の旅行記 宿泊したのはこの奥の一番遠~いお部屋でした(^^ゞ
全国の写真
全国の旅行記 南国の花が咲き乱れているのに名古屋より確実に涼し~い...
全国の写真
全国の旅行記 これは何の実?
全国の写真
全国の旅行記 日が沈んだ後のプールも素敵でした
全国の写真
全国の旅行記 たった2泊でしたがあっという間に過ぎてしまいました。
全国の写真
全国の旅行記 暖かいのでプールは夜8時過ぎでも十分泳げますし、プー...
全国の写真
全国の旅行記 海外バカンス村のGOや日本人GOに大人気と言われてい...
全国の写真
全国の旅行記 もちろんここにもねっシーサー
全国の写真
全国の旅行記 たそがれ時、夕方になっても蚊がいないのは嬉しかったで...
全国の写真
全国の旅行記 食事は毎回このメインダイニングでビュッフェ形式です。
全国の写真
全国の旅行記 バカンス村に入るとすぐにこのような景色が広がっていま...
全国の写真
全国の旅行記 最終日はオプショナルツアーで川平湾グラスボートへ
全国の写真
全国の旅行記 まるで絵はがきのような青い海、青い空
全国の写真
全国の旅行記 お手洗いには毎日お花が飾られていました。
全国の写真
全国の旅行記 手前の緑色のところが白い珊瑚礁です。
全国の写真
全国の旅行記 滞在中ずーといい天気でした。
全国の写真
全国の旅行記 最終日の朝もいい天気でした。
全国の写真
全国の旅行記 船底がガラスで出来ていて水中のお魚が見られるようにな...
全国の写真
全国の旅行記 最後は子どもがジュニアクラブでご一緒だった仲間と担当...
全国の写真
全国の旅行記 一番お値打ちなスーペリアルーム 思ったよりも空調が...
全国の写真
全国の旅行記 お部屋からも海が見えます
全国の写真
全国の旅行記 コテージの目の前が珊瑚礁のプライベートビーチとなって...
全国の写真
全国の旅行記 フルーツも毎回こんな感じ、でも食べきれません(^^ゞ
全国の写真
全国の旅行記 食後は海を見ながらバーでお菓子などつまんで過ごします...
全国の写真
全国の旅行記 この日のディナーテーマはイタリアンでした。 写真は...
全国の写真
全国の旅行記 今からバスに乗って川平湾へ移動です
全国の旅行記
バーレーン ,ノスタルジック中近東: 大韓航空機爆破 「蜂谷真由美」と 文明の交差点
全国の地域
バーレーン
全国への旅行者
アリヤン
全国の旅行時期
1988/03/~" . 1988/03/
旅行テーマ 【家族・子連れ】

ノスタルジック中近東: 大韓航空機爆破 「蜂谷真由美」と 文明の交差点

1988年3月、2回目のクウェート駐在の2年半を終え、帰国途上、家族を連れて(息子小4、娘幼稚園)バハレーンの首都マナマに、2泊しました。 ワタクシは、中東に関わって以来、中東諸国の殆んどを、何度も訪問していた。 しかし、家族は、中東諸国では、クウェートとエジプト以外は、どこも行ったことがない。 「帰国の途中、どこか良いところに連れてって!」とせがまれて、バハレーンに寄ることにした。 当時、ドバイでもビザが要った。 まず、ビザが要らないバハレーンが行き易かった。 トランジット・ビザが空港で取れたのだ。 仕事でもよく行っていたところだけに、気楽だった。 行きつけのDelmon Hotelに泊まった。 そのころ、日本では、金賢姫(蜂谷 真由美)が大韓航空KL858に爆弾を仕掛けて爆破し、逃走途中のバハレーンで逮捕されたニュースが、新聞紙上を賑わしていた。 デルモン・ホテルの従業員に聞いた話。 その蜂谷夫妻(キム・ヒョンヒとキム・スンイル)が、バハレーン空港で逮捕されたことがわかった。 マナマで泊まった我々のホテルにも、彼らが立ち寄ったというのです。 キム・ヒョンヒが本当に立ち寄ったのか、どうか? 真偽のほどは知りませんが、現地ではそう言われていたのは、事実です。
全国の写真
全国の旅行記 カメラを持ち歩かなかったので、当時の写真はありません...
全国の写真
全国の旅行記 この小さな島の真ん中に 「スイート・ウオーター」 の...
全国の写真
全国の旅行記 これが当時の首都マナマの中心街。 ワレワレは、この...
全国の写真
全国の旅行記 当時のマナマ市内地図です。 拡大版⇒http:...
全国の旅行記
広州 ,家族で広州・香港旅行
全国の地域
広州
全国への旅行者
worldspan
全国の旅行時期
2008/05/09~" . 2008/05/11
旅行テーマ 【家族・子連れ】

家族で広州・香港旅行

本来であれば広州・香港の旅行は3月に予定していたが、諸事情で延期が続き、結局GW明けに持ち越しとなり、台湾の個人旅行から帰国し僅か数日後に香港に向けて飛び立つハードスケジュール。台湾で風邪を引いたまますぐさま日本から香港へと折り返した為、広州から帰国した時の疲労感はかなり重かった・・・。 台湾から日本への帰国は何と香港を経由し、広州から。GW明けに抜けられない仕事がなければ、このまま香港若しくは広州に滞在しておきたかった。私が日本に帰国し間なしに家族は妻に連れられ広州へと出発し、私は後日家族を追いかけ香港で待ち合わせた。 今回の旅行では妻を除く三人が中国初体験。とはいえ、妻も私同様に個人旅行に慣れている上、一度中国の大連に連れて行っているので、先発組を彼女に任せても安心感はあった。そして香港の町中で待ち合わせをしていても、有名なペニンシュラホテルで時間と明確な場所さえ決めていれば、簡単に合流が可能だろうと確信していた。 関空から香港へ直行便で飛び、香港に降り立つとまっすぐ市内へと列車で向かい、九龍駅からタクシーを飛ばし、待ち合わせ場所のペニンシュラホテルに到着すると予定通り彼女たちは私の到着を待っていた。その後ウォータフロントのレストランで飲茶をとり香港でショッピングを楽しみ、繁華街のチム・サー・チョイを回り、マカオまで欲張って珠海を経て広州へと戻る。自分一人の旅であればテキパキとポイントを押さえて回れるが、家族と一緒ともなると、自分のペースで旅するわけにも行かず、ペース配分を考慮しなければならない上、思わぬハプニングもあったり、誰一人不幸なトラブルに巻き込まれぬように気を使うことも多く、思いの他旅行中に疲労が蓄積される上、あと少し時間があれば、自分の経験や知識を活かし、ゆっくりと家族に楽しい旅をさせてあげられるのになと悔やんでしまう。とはいっても初めて目にする町並みや文化、風習は刺激的だったようで、ツアーでは味わえない「ナマの旅行」を楽しんでもらえ、また私のガイドでどこか連れて行って欲しいといわれたのは、せめての救いである。 中国3000年の歴史とはよく言ったもので、ここ広州はまさに3000年の古い歴史のある町。その広州のなかでも異色の雰囲気を醸し出しているのが、以前にも取り上げたことのある沙面。歴史ある広州の中で沙面は僅か約150年の歴史しかない街だが、その静かな佇まいは旅行者でさえも安らぎを感じる。生活感があり、町の力強さを感じる大都会広州にいながらまるでヨーロッパにいるような錯覚に陥るほどとても静かな町並みだ。沙面を南北に真っ二つに分け隔てる沙面大街には公園が設けられ、市民の憩いの場となっている。市民たちに混じりベンチに座っていると喧騒が全く聞こえてこない。耳に入って来るのは小鳥のさえずり、そして市民の穏やかな話し声。 沙面には三度訪れているが、不思議と飽きがこない。歴史的建築物が100~200年という、古き良き欧州の面影を残した町並みだからなのだろうか。
全国の写真
全国の旅行記 しまったピンボケ! 香港のジャッキー・チェンのフィッ...
全国の写真
全国の旅行記 因みにこれ06年バージョン。
全国の写真
全国の旅行記 飲茶で食べた、ハリネズミとカニさん(笑)
全国の写真
全国の旅行記 ミニチュアみたいな船ですが、香港島のセントラルとウォ...
全国の写真
全国の旅行記 マカオのセナド広場周辺。香港で時間を予定以上に使って...
全国の写真
全国の旅行記 セナド広場周辺は夜も素敵ですよね!
全国の写真
全国の旅行記 因みに昼間のセナド広場はこんなかんじ。
全国の写真
全国の旅行記 広州ではこのファストフードのチェーン店をいたるところ...
全国の写真
全国の旅行記 オーダーは定食か丼もので、私は定食を選択。ご飯、骨付...
全国の写真
全国の旅行記 家族で訪れる数日前に台湾からのトランジットで宿泊した...
全国の写真
全国の旅行記 清潔感のある広州の地下鉄
全国の写真
全国の旅行記 券売機も見ての通り、路線図で示されているのでわかり易...
全国の写真
全国の旅行記 広州市内の景観
全国の写真
全国の旅行記 夜は豪勢に!
全国の写真
全国の旅行記 今回家族で宿泊した景星大酒店。広州東駅前に面している...
全国の写真
全国の旅行記 室内にはDVDやデッキも設備されている。そんなものも...
全国の写真
全国の旅行記 中国のホテルにしてはちょっと朝食の種類の少なさが目に...
全国の写真
全国の旅行記 中国のホテルといえば朝食はとても美味しく種類も多いの...
全国の写真
全国の旅行記 近代的な広州東駅。香港への玄関です。
全国の写真
全国の旅行記 一方こちらは国内の発着場、通用口のような広州駅。
全国の写真
全国の旅行記 沙面の夜景
全国の写真
全国の旅行記 夜の沙面は多くの外国人が夜風にあたりながら歩く人も多...
全国の写真
全国の旅行記 まるで中国ではないみたい
全国の写真
全国の旅行記 夜の散歩には最適♪
全国の写真
全国の旅行記 沙面の公園ではこうして真っ暗中にも拘らずスポーツにい...
全国の写真
全国の旅行記 沙面と広州の町を架ける橋
全国の写真
全国の旅行記 日中はこうしてカップルの撮影現場の格好の場所ともなっ...
全国の旅行記
京都市 ,京都 2007年9月
全国の地域
京都市
全国への旅行者
ilo*ilo
全国の旅行時期
2007/09/01~" . 2007/09/14
旅行テーマ 【家族・子連れ・バリアフリー】

京都 2007年9月

2週間ほどの里帰りとなりました。 こんなにMちゃん、M2ちゃんをダーに預けて家を空けたのは初めて。 実は大変な2週間でした。
全国の旅行記
大連 ,娘と両親と大連旅行3泊4日 その1 -関空でのキッズルーム
全国の地域
大連
全国への旅行者
worldspan
全国の旅行時期
2010/06/29~" . 2010/07/02
旅行テーマ 【家族・子連れ】

娘と両親と大連旅行3泊4日 その1 -関空でのキッズルーム

まいったな、こりゃ...。  一歳の娘と両親を連れて海外旅行に行く予定にしていた我々は、フリーツアーを申し込んだ旅行会社から出発一週間前に届いた一枚の通知文を見て困惑してしまった。  なんでも、現在宮崎の口蹄疫の波及を懸念し、その予防措置として、我々の旅行先でもある中国は日本の乳製品の持込の一切を禁止し、その制限もいつまで続くのか不透明であるとのことだった。また空港ではエックス線による荷物検査も実施する場合もあると記載している。もちろん乳製品の持込禁止については、赤ちゃんの粉ミルクもその例外ではない。   これは幼い娘を連れて行く我々にとり衝撃的な情報だった。当初固形ミルクを持参しようと計画していた我々にとり大変悩ましい問題だ。そもそも日本の乳製品の持込を禁止して一体どのくらい口蹄疫の伝播を抑制できるのか大変疑問であり、何も赤ちゃんの粉ミルクまでも!と大変腹立たしくおもったが、いずれにしても規制されているからには何か手だてを考えなければならない。  そもそも娘を連れた旅行先を何故中国に決めたのか?今回の旅行で娘は初めてのフライトになるので以下の条件から場所を選択した。 1二、三時間のフライト 2娘を安心して連れて行ける場所 3両親も楽しめる場所 4関空から直行便で行ける場所 こうなると、ある程度行き先は中国、韓国、台湾、頑張って香港またはマカオと限定される。  その候補国の都市の中で私は最終的に大連に決めた。一般的に食や衛生、治安面に不安があると言われる何故中国の都市を!?と思う人もいるだろう。しかし大連は出張で何度も訪れた事のあるので私自身が街を案内することが容易な上、治安も良いし、食事や衛生面にしてもそこそこの対価を払い選択肢を間違えなければ、なんら問題ない事は経験からよくわかっている。また関空から二時間のフライトで行く事ができるのも大きな選択要因でもある。  旅行地を決める一方で下記に挙げる「手段」も検討した。 A:ツアーで全てお任せ B:フリーツアーで自分がツアコン C:全て個人手配  金額的にはAが安くつくものの、ツアーのタイトな移動に娘がついて来れないだろうと判断し、BもしくはCで費用を比較しながら選んだ結果、フリーツアーを選択した。今回の旅行は後になって考えてみれば、フリーツアーで正解だったとつくづく感じた。個人手配では乳製品の持ち込み制限に気づかなかっただろうし、現地での対策などの措置を検討すらもしていなかっただろうから・・・。  日本の乳製品持ち込み制限の対応として、幸い大連には私の娘と同じくらいの年齢の子供をもつ中国人の友人が住んでいるので、彼に尋ねさえすれば現地で安心したメーカーの粉ミルクを購入できるだろうと甘い思いを抱いていたが、こんな時に限って友人と連絡がとれない(結局彼と連絡がついたのは旅行の前々日となった)。  「こうしてはいられない」、とウェブや旅行会社から情報を得ながら妻と二人で考えた結果、ダメ元で従来通り固形ミルクを持参することにした。「いつまで禁止措置が続くのかわからない」ということは、規制が急転直下で解除されるかもしれない。我々はこの僅かな望みに託した。しかしこんな重苦しい情報の中、光明も差し込んだ-中国に進出した日系企業が粉ミルクを製造し中国国内で販売していることが判明したのだ。最悪税関で没収されたとしても、到着後市内のマイカルで手に入れることができるのは大変心強い。  旅行前からこうしてどたばた劇を演じながら荷物を準備した。今回の旅行はいつものそれとは事情が異なる。一歳になったばかりの娘との旅行なので、三泊四日の旅行にしては非常に荷物が多く、娘の荷物だけで八割以上を占める。オムツや滞在日数+予備分のベビーミール、固形ミルク、娘の肌着等の衣服、娘の非常用の薬、お尻拭き、水筒、おもちゃ、そしてベビーカー。荷物は出発から鞄に満腹リンの状態だ。もっとも、オムツやベビーミールについては日を追う毎に少なくなってくるので、帰国前にはお土産を入れる余裕はできるのだが。  ベビーカーについては座席仕様のB型と座席にもフラット仕様にもなるAB型で迷った。B型はコンパクトなので非常に軽く機動性に富み、公共交通機関に乗る際にも楽に持ち運びができる。一方AB型は座席がフラットになるが大型で重い。悩んだ結果、大型で機動性はないがAB型を選択した。娘への負担や、フラットにしてオムツ交換台としても利用できることがその判断材料の理由だ。  荷物を準備万端に整え、当日両親と関空で待ち合わせ、時間通りに合流した。両親も大連には興味があったので、今回の旅行を楽しみにしていたのだとか。私も旅行までの間、出発が待ち遠しくて仕方なかった。二年半振りの大連、しかも両親と娘も連れての初めての海外旅行、ワクワクしないわけがない。ただ心配なのは、前述した持ち込み制限のかかっている娘のミルク、そして機内で娘が泣き叫ばないか、である。前者については空港で没収という最悪の事態に遭遇したとしても、ある程度何とかなりそうだということはわかったが、後者については子供の体調や精神状態にも左右される。体調という側面では離着陸による気圧の変化に伴う耳の違和感や航空性中耳炎が挙げられるが、耳抜き対策としてミルクや娘の大好きな煎餅を手荷物に準備した。一方精神面では、自宅から空港内までずっとベビーカーに乗せっぱなしなので、これを開放したり、オムツを交換することで、少しでも心のバランスを整えるという意味では空港内のキッズルームやキッズコーナーは有用だ。  関空の出国エリアのキッズルームは南北出国審査のちょうど中間に位置し、いずれのウイングの利用者にも行きやすい場所だ。キッズルームに入って驚いたのは設備の充実度。授乳室やオムツの交換台は個室になり、キャパシティも十分にとられている。そして給湯室には粉ミルクをすぐに授乳できるお湯が備わっているのはもちろん、ベビーミールを温められるようレンジまで設置され、出発前に子供にホットミールを与えることもできる。これらの設備だけでも赤ちゃん連れの旅行者には助かる。その他、赤ちゃんが十分ハイハイできる程度のフリースペースも設けられているのは嬉しい。狭い機内に暫く閉じこもる前に、赤ちゃんも身体を動かす事もできるし、オモチャや絵本も用意されているので娘の気分転換にもなり、利用価値も大変高く感じた。まして我々のような午後出発の便は、午前と比べるとぐんと少ないので利用価値は更に上がる。今回の利用においては、キッズルームは我々の独占状態、気兼ねなく利用が出来た。また、搭乗時間が近づくきキッズルームを発つ時には、キューブ型の粉ミルクやオムツを頂いた。こうした配慮は赤ちゃん連れの旅行者にとり大変有り難い。  またこのほかに南北ウィングや国内線にもキッズコーナーも設置されており、子供たちのちょっとした遊び場もある。今回初めて利用したキッズルームは注目していた設備だったが、改めて小さな子連れの旅行者には是非オススメしたい。
全国の写真
全国の旅行記 関空のキッズルーム。赤ちゃん連れの旅行でとても心強い...
全国の写真
全国の旅行記 キッズルームの内部。利用の際には搭乗券が必要なので、...
全国の写真
全国の旅行記 個室になっているオムツ交換台。これもベッドのような構...
全国の写真
全国の旅行記 一方キッチン。キッチンのお湯はそのままミルクにも利用...
全国の写真
全国の旅行記 ちょっとした絵本やぬいぐるみまで用意されている。フリ...
全国の旅行記
上海 ,HIS上海ツアー二泊三日 5 -上海ヒルズ
全国の地域
上海
全国への旅行者
worldspan
全国の旅行時期
2009/03/13~" . 2009/03/15
旅行テーマ 【家族・子連れ】

HIS上海ツアー二泊三日 5 -上海ヒルズ

二泊三日強行軍のツアーだと、朝もそこそこ早い。ホテルを八時に出発するので、出発時間に遅れぬよう、メニュー豊富なホテルの朝食をゆっくり楽しもうとすると、レストランには開店直後の6時半には行っておく必要がある。風呂好きな私は更に朝風呂にも浸かるので早朝5時半起床。とはいえ日本より一時間時差が遅いだけなので、感覚的には日常の起床時間と変わらず、早起きは全く苦にならない。むしろ得した気分だ。  ツアーというのは、集合時間に遅れてくる人がいるため、なかなか予定時間に出発できないと聞く。しかしガイドの話では一般的に日本人は時間にはとても几帳面で、遅れるどころか早く出発ができて大変助かるのだとか。  我々一行はホテルを出発すると先ず向かったのは上海ヒルズ。正式名は上海環球金融中心。なんのこっちゃ良くわかりにくいが、よくよく漢字を解せば中国版ワールド金融センターだということがわかる。元々森ビルは上海ヒルズの名前で売り出そうとしたそうなのだが、当局からの圧力がかかり、「上海ヒルズ」という名前は「別名」となってしまったのだとか。  上海ヒルズは浦東地区に位置し、風水を鑑み上階に大きな穴をあけて、栓抜きのような形をした特徴的なビル。隣接するグランドハイアットが入るジンマオタワーと共に新時代の上海観光名所を代表するビルでもある。09年4月時点で完成したビルの中で、世界で二番目に高いのがこの上海ヒルズ(492メートル)。森ビルは「世界一」への思いを上海にその夢を託したが、二度の経済危機で工事がストップするなどの影響で、一度も「世界一」を頂に戴冠することはなかった。現在完成したビルの中では508メートルの台北101が一番高く、玉座に座す。しかし上海ヒルズは台北101に高さに関しては全ての話題をさらわれて完成したわけではない。上海ヒルズの展望台は地上472m、現時点で展望台がこれ以上高い位置にある建物は地球上に存在しない。それは森ビルグループの意地かもしれない。もっともこの完成したビルの世界一という玉座も、展望台の高さも、今秋にはブルジュドバイに明け渡さねばならないが。  上海ヒルズは今や上海の発展する経済の象徴的な超高層ビル、テロの標的にもなりかねない。そのため入場には金属探知器や荷物検査を受ける必要がある。とはいえ日本人や欧米人の場合、テロを起こす可能性が低いせいか、金属探知器は鳴りたい放題、警備員も再検査を実施するわけでもない。どちらかといえば国内の反分子への対策だ。  ツアーガイドは日本に訪れたことはないそうなのだが、ここ上海ヒルズに訪れると日本という国はこの上海ヒルズのようなのだろうと口にした。彼女はビルの清潔感や近代的なビルの構造、そして訪れる人を盛り上げるエンターテイメント性、どれをとっても上海のビルに比類したものはないのだとか。  上海ヒルズの高速エレベータは、地階付近から最上階の地上472mまでをあっという間に結ぶ。最上階に降り立つと、窓からの上海を一望できる眺めは素晴らしいが、ガラス張りになった床から真下に目を移すと、あまりの高さにクラッとしそうになる。強化ガラスとはいえ、割れやしないかという不安、そしてこんな高い場所に私が立っているという自分自身の中の非常識に、自分の精神が対応出来ないのだ。  浦東地区に訪れると、見上げていた高さ 420.5メートルのジンマオタワーも上海ヒルズの最上階に立ってしまえば、見下ろしてしまう。それにしても気の毒なのはジンマオタワーに構えるグランドハイアット。上海のランドマークになるべく特徴的な形で建設された、タワーの話題は上海ヒルズに持ち去られてしまった。そればかりか、真横に立ちはだかる 500メートル近いコンクリートの塊はグランドハイアットに降り注ぐはずの日の光をまともに遮っていた。もちろん時間帯や時期によるのかもしれないが、やったもん勝ちの中国とはいえ、上海ヒルズはこれぞまさにグランドハイアットの目の上のコブである。
全国の写真
全国の旅行記 クラウンプラザ上海復旦ホテルの朝食。とりあえず一通り...
全国の写真
全国の旅行記 もちろん一通りと入ってもこの皿には乗り切らない。おか...
全国の写真
全国の旅行記 復旦地区の民家。道路に延びる棒に洗濯物もを干す。この...
全国の写真
全国の旅行記 復旦から約30分ほどで浦東地区へ。上海経済に陰りが見...
全国の写真
全国の旅行記 浦東地区には個性的なビルが建つ。Mマークのビルはひょ...
全国の写真
全国の旅行記 こちらはグランドハイアットが入るジンマオタワー。流石...
全国の写真
全国の旅行記 一方こちらが上海ヒルズ。上階部がまったく見えん。。。...
全国の写真
全国の旅行記 高速エレベーターでいざ展望台へ。
全国の写真
全国の旅行記 着陸態勢に入った飛行機から眺めているように感じる。 ...
全国の写真
全国の旅行記 まるでジオラマを見ているよう
全国の写真
全国の旅行記 展望台の一つしたの階には外から丸見えのトイレが。でも...
全国の写真
全国の旅行記 グランドハイアットには、これこのとおりまともに上海ヒ...
全国の写真
全国の旅行記 栓抜きのような影の形・・・
全国の旅行記
上海 ,HIS上海ツアー二泊三日 4 -クラウンプラザ復旦
全国の地域
上海
全国への旅行者
worldspan
全国の旅行時期
2009/03/13~" . 2009/03/15
旅行テーマ 【家族・子連れ】

HIS上海ツアー二泊三日 4 -クラウンプラザ復旦

 いつまで経ってもパッカー風情の旅から抜け出せない私。たまに豪華な五星ホテルに泊まるとついつい興奮してしまう。今回のツアーで宿泊したのもそのうちの一つ、アメリカ系のクラウンプラザ復旦、比較的新しい五星ホテルだ。その名の通り中国を代表する大学のひとつ、復旦大学の目と鼻の先に位置する。地理的なせいか、利用客はビジネス客やツアーの利用が多いようで、HISの他のツアーや、阪急トラピックスなど多くの日本人ツアー客をみかけた。市内中心部から少し離れ、交通の便が決して良いといえないせいか上海の上級ホテルにしては朝食付で一万円を切る安価な宿泊プランが用意されているのが特徴のホテルでもある。もし地下鉄やバスを利用しながらでもホテルに行くのが構わないという人であれば、お勧めできるホテルである。 クラウンプラザ復旦のウェブサイト http://www.ichotelsgroup.com/h/d/cp/1/en/hotel/SHGFD/welcome?start=1&rpb=hotel&crUrl=/h/d/cp/1/en/availsearch&ias=y  我々が宿泊したのはエグゼクティブクラス。部屋はなかなかのものだった。40平米もあろうかと思われるスペース、清潔感があり、机の上にはウエルカムフルーツが置かれていた。さすがトリップアドバイザーでも上海のホテルでベスト3にランクイン(09年4月12日時点)するだけある。それにしても 35,000円の費用で日航利用で5星ホテル二泊・・・、結局のところ立ち寄る土産物店のキックバックがないととても採算が取れないのだろうが、驚くべき旅費だ。 トリップアドバイザーのクラウンプラザ復旦の案内 http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g308272-d619842-Reviews-Crowne_Plaza_Fudan_Shanghai-Shanghai.html
全国の写真
全国の旅行記 クラウンプラザの外観でとても立派。最上階の19階にラ...
全国の写真
全国の旅行記 ホテルの通路
全国の写真
全国の旅行記  部屋のシャンプーや石鹸などアメニティは香港のシェラ...
全国の写真
全国の旅行記 文具に関してはこれほど充実したアイテムが置かれていた...
全国の写真
全国の旅行記 部屋の文具。ここまでそろっているとは・・・
全国の写真
全国の旅行記 エグゼクティブルームにはウェルカムフルーツが盛られて...
全国の写真
全国の旅行記 部屋の氷を飲料水に利用するのはすこしこわい・・・
全国の写真
全国の旅行記 またベッドの上に花びらでハートマークを作ることはあっ...
全国の写真
全国の旅行記 シャワールームも清潔
全国の写真
全国の旅行記 アメニティーはAIGNER
全国の写真
全国の旅行記 共用トイレも清潔さが行き届いている
全国の写真
全国の旅行記 ちょっとロビーは狭いか・・・。
全国の写真
全国の旅行記 そして枕兼用クッションの数はなんと九つ!抱き着き枕ま...
全国の写真
全国の旅行記 このホテルでもっとも楽しみなのが朝食。種類が50種類...
全国の写真
全国の旅行記 種類も豊富
全国の写真
全国の旅行記 中国のそれなりのホテルに宿泊すると朝食の種類が豊富で...
全国の写真
全国の旅行記 中華から洋食までずらりと取り揃えられた朝食には食べ過...
全国の旅行記
上海 ,HIS上海ツアー二泊三日 3 -上海ガニ
全国の地域
上海
全国への旅行者
worldspan
全国の旅行時期
2009/03/13~" . 2009/03/15
旅行テーマ 【家族・子連れ】

HIS上海ツアー二泊三日 3 -上海ガニ

今回の旅行では現地ツアーガイドがツアー参加者を案内する。そのため参加者が全員顔を揃えるのも上海浦東空港に到着してから。旅行会社の看板を持つ担当に誘導されるように集合すると、集まったツアー客は26名、20代のグループから家族連れ、果てまでシニアの夫婦までバラエティーに富んだ顔ぶれこれから二泊三日共にするツアーメイトたち。 そして中国人ガイドは日本語が決して上手とは言えないながらも、一生懸命気持ちで話し、ボキャブラリの不足分を補おうとする。その必死さが伝わり、私には印象が悪くはなかった。  ところが旅程に関しては、初っ端空港から市内までの移動で大渋滞にかかったせいで時間が押してしまい、初日のマッサージのオプショナルツアーが22時頃ホテルを出発するという粗削りなもの。夕方のラッシュに突撃するように、バスで市内に向かって大丈夫なのかと空港出発前に私は心配していた。しかもこの日は週末金曜日、案の定市内中心部で一時は前に進まぬ程の渋滞、目的地の豫園(よえん)のレストランまで二時間を有に超えてしまう。渋滞で身動き取れぬバスの中で次第にツアー客に焦燥感が募り、少しでも雰囲気を和らげようとコンダクターも必死で盛り上げようとした。関空から上海までの飛行時間よりも空港から上海市内中心部までのほうが時間を要すのでは、渋滞で仕方ないとわかっちゃいるが、誰だって辟易する。ようやく豫園(よえん)のレストランに到着したときの開放感はいかばかりか。  レストランでの夕食ではツアーの売り言葉でもある上海ガニが銀幕をあげて我々前に並ぶことになっている。カニといえば、ワタリガニや松葉ガニ、タラバガニといった大きなカニをイメージし、身が詰まったパーツを黙々と食べてしまう印象を日本人の多くはもつだろう。私自身もその例外ではなかった。湖水に棲息するカニとはいえ、大陸なのでそれなりの大きさがあるのだろうと勝手なイメージを持って上海ガニを待ち構えていた我々。  カニはツアーでの晩餐の「主役」でもあるので、最初から登場しない。魚の甘酢かけや、チンゲンサイの煮込み、炒飯等が二つに分かれた円卓にそれぞれ配膳された。食べ慣れた中国東北部の料理と比べると随分あっさりとしたものだったがどれも美味だ。ところが皆箸が進みが遅い。誰もが考えることは同じようで上海ガニが入るお腹を空けておこうという魂胆だ。 主菜が置かれしばらくしするとタイミングを見計らってガイドが現れ、「それでは上海ガニがでてきます」と朱鷺の声で知らせた。我々も敏感に反応しざわめき立つ。待ちに待った「主役」の登場に、多くの人が口を緩めて待ち構えていた。ところが、給仕が一人一人に配膳し、自分の目の前に上海ガニがくると一変、誰もがカニを見て目が点になった。 小さい・・・。胴体の横幅は10センチにも満たない。 「・・・。」 食卓はこんな雰囲気だ。ツアー客の一人がシーンと静まった空気に水を打つように、「これが上海ガニ・・・、ですか?」と誰もが聞きたかった質問をガイドに切り出した。 「これが上海ガニです。」と彼女は何事もなかったかのように切り返した。 「こんなに小さいんかいな」 「どうやって食べんねん」 「カラも食えるんかな・・・」 とヒソヒソと話し声が聞こえてくる。  するとガイドは私に配られたカニを手に持ち「こうやって食べるんです」といいながら、ベリッと殻を剥がした。小さいカニなので足は食べず、胴体の部分を食べるのだという。「主役」がツアー客に与えた衝撃的なインパクトはメガトン級だ。ツアー客は少なからずショックを受けながらも口にしていたが、味に関しては、みそは美味しく、肉はモチモチして美味しい、と評判は悪くない。ただどうしても日本のカニが頭から離れないのが災いし、最終的なツアー客の感想は、「いい勉強にはなったな」とのこと。別に旅行会社が悪いわけでも、レストランが悪いわけでもないし、だまされたわけでもない。単に我々旅行者が基礎知識として最初から頭に入れておけばこのギャップが生まれることもなく、過度な期待をすることもなかったのかなーと感じた。もちろん私もそのうちの一人、これには本当に反省した。
全国の写真
全国の旅行記 上海の浦東国際空港。この縦に伸びるいくつもの棒のモニ...
全国の写真
全国の旅行記 空港から向かった先は豫園(よえん)のレストラン、ここ...
全国の写真
全国の旅行記 豫園で待ちに待った夕食をとる。かなり大きな食堂(学食...
全国の写真
全国の旅行記 ご存知の方も多いとは思いますが、これが上海ガニ。大き...
全国の写真
全国の旅行記 こんなもんです。横幅足を合わせても10cmちょい・・...
全国の写真
全国の旅行記 食事が終わると外灘までバスで向かい、夜景をちょっとだ...
全国の写真
全国の旅行記 でもこの夜景もわずか10分程度しか味わえない。 ど...
全国の写真
全国の旅行記 たとえばこうして南京路の夜を歩くとか。
全国の写真
全国の旅行記 豫園で人ごみにグジャグジャに押されながら歩くのであれ...
全国の旅行記
上海 ,HIS上海ツアー二泊三日 2 -配慮が効いたJAL
全国の地域
上海
全国への旅行者
worldspan
全国の旅行時期
2009/03/13~" . 2009/03/15
旅行テーマ 【家族・子連れ】

HIS上海ツアー二泊三日 2 -配慮が効いたJAL

今回のツアーでは、当初航空会社は日航、全日空、中国国際航空、中国東方航空のいずれかとなっていた。格安ツアーの場合価格重視なので、当然中国系航空会社になるものだとばかり私は思っていた。もしたとえ日航や全日空の便名で確約されていても、オペレーションは中国系であろうとも。  ところが蓋を開けてみれば日本航空。これには正直驚いた。日系航空会社ということをまったく期待していなかった私たちにとってはとても幸運に感じたが、一体HISはどう言う価格交渉をしているのか、不思議でしょうがない。でもこの日航の手配のおかげで、改めて日系航空会社の品質の高さを実感した・・・。  HIS指定の関空発上海行きJL便は14:40。そのせいか空席も目立つ。我々はボーディングしシートに着席すると間もなく、感心するような事があった。  我々の元にキャビンクルーの一人が訪れた。そして身を屈めるようにして、「worldspanさんでいらっしゃいますか。」と尋ねた。ビジネスクラスでは名前で呼ばれることは一般的にあるし、日本航空であれば、海外出張等で頻繁に利用していると、機長が直々に挨拶に来ることだってある。私も確かに以前日本航空の利用頻度は多少あったが、それでも挨拶にこられるようなこともなければ、マイレージカードのサービスステイタスが高いわけではない。  機材はB767-300、エコノミークラスで202席あり、そのうち40席程度は空席とはいえ、それなりに乗客は乗っている。そんな中エコノミークラスで、しかも私のところにピンポイントで訪れ名前を呼ぶのには理由があった。  予想もしていないことに私たちは驚きながら返事をすると、「いつも日本航空をご利用頂きましてありがとうございます。大変失礼なお話になるかもしれませんが、奥様が妊娠されていらっしゃるとお聞きしております。本日の体調は問題ございませんか?」と一目をきにするように小さな声で気遣いの言葉をかけてくれた。  航空機利用の産前周期の制限がかかっていないとはいえ、念のため旅行会社には予め妻の事は申し伝えていた。もちろん航空券手配の際に日航サイドにもこの事は連絡されている。その為チェックインの時、GSに体調の事や産前周期の口頭での確認がなされた。機内にももちろんその情報は共有されているが、まさか着席まもなくにサッと来られるとは。  「本日は後方座席に空席が多くございますので、広い三列席で横になっていただいても構いません。今からでもお移りになられますか?」と、提案を頂いた。我々は既に着席して出発に備えていたので、体調次第で移らせてもらう旨を丁寧に返答すると、「何かございましたらすぐに私どもをおよびください。」と丁寧にお辞儀をされた。  この時我々は、日系は流石だな、と感心した。恐らく全日空でも同様の配慮はなされるだろうが、外資系航空会社ではそこまでの気遣いは行わないだろう。スタッフはしっかりと出発前のブリーフィングを行っていることもよくわかった。こうした気配りは日本ならでは、日本人の国民性が反映しるものだろう。以前海外出張が多い時、私は日航を頻繁に利用していたので品質の高さは良くわかっているが、改めて日航のレベルの高さを実感した一幕だった。その後もCAは世間話も交えながら話しかけてくれ、この日のように天候不良で揺れの多いフライトでは「いつも気にかけていますよ」、という心くばりは乗客に安心感を与え、ありがたいものだ。  バックパッカーをしているとき、日系の航空会社は高嶺の花だった。学生の時に何度も訪れていたモスクワにこそ日航が就航していたが、アエロフロートのような破格の値段のチケットがあるはずもないので見向きもしなかった。別に日系なんて!、そのころは安けりゃどこでも良いと思っていた。ところが海外出張での利用ともなると、仕事のサンプルや商品をハンドキャリーすることもあるので、保証や融通のよさから日系を利用して初めて飛行機の品質の高さを実感した。若い時分にはこれがわからなかったのだが、今では値段が高くても日系を使う人たちの理由も何となくわかるようになった。日本のエアラインランキングでは日系がトップに来ることは久しくないが、全日空も品質が高いのはもちろん、日本のナショナルフラッグキャリア、日本航空も捨てたものじゃない・・・。
全国の写真
全国の旅行記 Japan Airlines KIX-PVG JL...
全国の写真
全国の旅行記 Japan Airlines KIX-PVG JL...
全国の写真
全国の旅行記 ちなみに・・・、同じ上海線でも中国国際航空は。。。 ...
全国の写真
全国の旅行記 Air China KIX-PVG CA922 ...
全国の写真
全国の旅行記 一方、同じ中国でも中国南方航空はというと更に機内食の...
全国の写真
全国の旅行記 China Southern Airlines K...
全国の写真
全国の旅行記 China Southern Airlines D...
全国の写真
全国の旅行記 他方、同じ日系でも全日空の中国路線はといえば、路線と...
全国の写真
全国の旅行記 All Nipponn Airways DLC-K...
全国の写真
全国の旅行記 All Nippon Airways KIX-DL...
全国の旅行記
上海 ,HIS上海ツアー二泊三日 1 -妊婦の妻と出発
全国の地域
上海
全国への旅行者
worldspan
全国の旅行時期
2009/03/13~" . 2009/03/15
旅行テーマ 【家族・子連れ】

HIS上海ツアー二泊三日 1 -妊婦の妻と出発

今年6月に(もう今月にはいっているが)子供が産まれる。そうなれば暫くの間夫婦二人で旅行に行くこともなくなるので、思い切って二泊三日で近隣での海外旅行に行くことにした。日系の航空会社の場合、産前6週になると医師の診断書が必要な上に妻への負担が大きくなるが、この時期であればまだ身動きがとりやすい。  二時間程度の短距離フライト、妻が訪れたことがなく国内旅行と全くない変わらぬ手軽な場所、そして予算を考慮し、選んだ先は上海、それも気楽なツアーを利用した。実の所、海外旅行でツアーを利用することが今まで皆無だった私にとり、ツアー参加にはとても抵抗があった。専門旅行会社の秘境ツアーはともかく、好きな旅行で「団体旅行」という範囲内で身動きが制限されることなんて、考えられない事だったし、困難な場面に遭遇することがあろうとも、全て個人手配で行うことに旅の醍醐味を感じていたので、パックツアーを軽んじていた。  しかし実際に体験すると、空港から何から何まで全てガイド任せ、正直ガイドブックや地図、事前知識すらなくとも旅が出来る。パスポートとお金、身体さえあれば海外に行くことができるこの気軽さは、「チョットそこまでお買い物」のような気分だ。それほどお手軽に旅行が意図もたやすくできるの事は、味を占めるとやみつきになりそう。 今回我々が利用したのはHISの激安ツアー。5星クラスのホテルに宿泊し、二泊三日で6食付き、サーチャージ込みで35,000円の激安ツアーだ。きっと土産店でのキックバックやオプショナルツアーで元をとって行くのだろうとは思いつつも、信じられない価格設定に食いついた我々。値段の安さについつい目を奪われてしまうのが庶民の性である。  当初アドの旅程では航空会社は日系二社を含め四社のいずれかということ。この場合たいてい価格設定の低い中国系になるのだろうと思っていた。それでも近年の中国系航空会社の品質は民航の時と比較すると格段に向上しているので私は中国系であろうとも抵抗はない。どっせ中国系に乗るなら、搭乗経験のない中国東方航空(MU)に乗りたいなぁ、と思っていたほどだったが、出発一週間前に届いた旅程表を見ると意外にも日航に確定していた。それにしてもこんな格安ツアーでどうやって日航の航空券費用を捻出できたのだろうか?関空・上海線がいくら供給過多とはいえ、日航よ安売りしすぎていないだろうか?  いずれにしても初めて経験するツアー、一体どんな人がいて何人ぐらい集まっているのか、旅はどのようにアレンジされるのか期待に胸を膨らませながら出発当日関空へ向かった。
全国の写真
全国の旅行記 前回個人旅行で訪れたときに立ち寄った上海駅。流石中国...
全国の写真
全国の旅行記 上海駅周辺には地方から出てきたと思われる多くの出稼ぎ...
全国の写真
全国の旅行記 東アジアの経済の中心の町のひとつという貫禄が漂う
全国の旅行記
哈爾濱 ,アカシアの花香る大連から、松花江流る東洋のパリ、ハルピンへ
全国の地域
哈爾濱
全国への旅行者
worldspan
全国の旅行時期
2007/12/22~" . 2007/12/24
旅行テーマ 【家族・子連れ】

アカシアの花香る大連から、松花江流る東洋のパリ、ハルピンへ

 戦前我が家は広島の港町宇品で旅館を営んでいた。当時広島市内には陸軍師団の駐屯地があり、広島湾には戦艦長門や大和を建造したことでも知られる軍港呉を抱え、そして世界三大兵学校の一つ、海軍兵学校が広島湾に浮かぶ江田島に作られた。名実ともに広島は日本の軍都であり、陸海軍とは切り離されぬ町だった。  広島港は呉港と比較すると海が浅いため大きな艦船は広島港に入港できず、広島湾に停泊していたと祖父は言う。水兵や士官達は休息や家族との接見の為に沖に停泊した艦からボートで広島に上陸した。その受け入れ先が広島の港町宇品だった。宇品の旅館は軍人やその家族たちが多く滞在し、大変賑わっていたそうで、旅館も繁盛していたという。しかし私の祖父は長男であるにも拘らず旅館を継ぐ事を好しとしなかった。  祖父は国鉄に就職するも、上司と喧嘩して僅か数年で飛び出してしまう。この時祖父の母親の悲嘆ぶりは今の私にも容易に想像できる。退職したからといって、我が家に戻るのでは面子に関わる。祖父は知り合いの伝で大阪の工場で旋盤工になる事を決意する。そして大阪で旋盤工の職人として歩み始めた祖父は、此所でハルピンでの仕事を紹介され、満州に渡航することとなった。  祖父は下関から航路釜山に渡り、列車でハルピンを目指した。祖父の話によると、列車はピョンヤンを経由し、満州国の首都新京(現在の長春)まで向かい、新京で南満州鉄道に乗り換え、釜山からハルピンまで二泊三日で目指したという。列車は朝鮮半島を抜け、満州国に入ると平原を直走った。地平線から昇る太陽が祖父には大変印象に残り、祖父は初めて見たこの情景の回想を、幼い私に目を輝かせて話してくれた。平地の少ない広島では、地平線からの夜明けを見ることなんて到底あり得ない。祖父はその大自然から陽が昇って行く景色に感動したのだ。 そしてハルピンに到着し祖父の新生活がスタートしたが、異国の満州での生活は全てが新鮮だった。厳寒な冬ですら彼にとっては刺激をもたらすものに過ぎなかった。 「銭湯通いはそりゃ寒かった。でも楽しかった。銭湯の帰り際にタオルを一回振り回しただけでカチカチに凍るんじゃけー。広島じゃ、どがいに(どんなに)寒うても、そがいなことはなかろう。ようそうやって遊んどったもんじゃ。」 「ハルピンには松花江ゆう、そりゃ大きい川があってのぅ。太田川(広島市最大の川)なんか比べ物になりゃーせん。そんとな川が冬になったら凍るんじゃけー! 歩いて川を渡ることができるんで。わしゃ、タマげたわ。」 祖父は半世紀以上前の体験を、ついこないだ経験したかのように楽しそうに話してくれた。  ハルピンはロシア人によって開拓され、急速に発展したことは知られている。アールヌーボー、バロック、ビザンティン様式など、様々な建築様式で彩られ、当時『東洋のパリ』と謳われた。またソ連共産主義者から逃れて来た多くの白系ロシア人が居住し、アジアと言うよりもまるでモスクワやレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)に在留しているような気分だったと祖父は言う。 「ハルピンはのぅ、『東洋のパリ』ゆうて言われとったんじゃ。それぐらい美しく国際的な町じゃった。」 ロシア人、漢族、満州族、ユダヤ人、日本人が住み、この他諸外国の施設も多く置かれたハルピンは、その別名に違わぬ美しく、そして国際色豊かな町だったのだ。そんなハルピンの美しさに祖父は惚れこみ、そしてその美麗な街をまるで自分のことのように自慢したものだ。  このロシア香るハルピンの話を私は幼い頃から聞いて育ち、私は大きく影響を受けた。そしてロシア(当時ソ連だったが)に興味を持ち、派生して学生時代にはハンガリーや旧ユーゴ諸国を研究した。人生のスタート地点が広島であれば、学業と旅のスタート地点はここハルピンなのだ。祖父が辿った道程で未だ見ぬハルピンを目指したかったが、行く手を北朝鮮が遮っている為、残念ながらその軌跡を辿ることはできない。その為私は大連からハルピンを目指した。大連は別項でも御紹介した通り、私は出張で滞在することが多く、また祖父がハルピンに渡航した同時期に祖母の親戚が在留していた馴染みある町だ。大正時代の日本の面影を残す大連は、日本人にとり中国で最も生活し易い町だと言われている。  5月下旬、アカシアの花が大連を優しく包み込み、大連は白花で彩られる。純白の花は、厳しい冬を乗り越え、ようやく訪れた春から夏への移ろいを知らせ、命の息吹きを感じさせる大連の象徴の花、アカシア。戦前の大連を知る日本人はこのアカシアの花咲く頃になると古き良き時代を思い出すと言う。  その大連は日本政府にとり中国東北部経営の重要な拠点でもあり、ハルピンまで続く満鉄の起点でもある。2都市間の約940kmの距離を、最高時速130km/hで12時間半をかけて超特急列車「あじあ号」が結んだ。「あじあ号」は当時の日本最高の鉄道技術が凝縮された超特急列車、満州の在留邦人ばかりでなく、内地の日本人にも親しまれていた。私はこの「あじあ号」の軌跡を追うように大連から夜行列車でハルピンへ向かった。現在では大連を21時50分に出発した列車は、最高時速160km/hで走り、翌日7時20分にはハルピンに到着、9時間30分で結んでいる。  今回敢えて気候も厳しい12月を旅に選んだのは、祖父が最も楽しげに幼い私に語っていた厳しい冬のハルピンを体験したかったからにほかならない。私が訪れた時ハルピンは最低気温が⁻17℃、最高気温でも⁻6℃だった。ハルピンでは平年並みの気温ではなかろうか?  約100年前のロシア建築が建ち並ぶハルピンの中心街は、一時毎年のように訪れ、慣れ親しんだロシアの町並みを思い起こさせ、私を懐かしさに浸らせた―まるで幼なじみと邂逅したかのように。嗚呼、この町並みを見て祖父はロシアを想像したのだろうな。ロシアを知る私でさえもハルピンの町並みはロシアそのものに感じたのだから、祖父がモスクワやレニングラードに滞在した気分になるのも納得する。大連にも旧ロシア人街はあるし、大連で最も美しい中山広場はロシア人によって建設された。しかしこの旧ロシア人街は戦後明らかに帝政ロシアの建物を意識して、その特徴を強調して改修した観があり、興冷めしてしまう。また中山広場は大連の統治権が帝政ロシアから日本に移され改修が行われたので、大正時代の日本の香りがする。しかしハルピンのロシア建築物は、それ自体ロシアにあっても何らおかしくない程外観の保存状態が良い。  私はロシア建築が建ち並ぶ大通り、中央大街を散策後、松花江へ向かい、岸辺で川をしばらく見つめた。川は祖父の言うとおりアスファルトのように凍てつき、天然のスケートリンクが出来上がっていた。氷上ではハルピン市民が氷上でスケートをしたり、ソリをい引いたりと楽しんでいる。また1キロ離れた向こう岸まで歩いている者もいる。かの時代、ハルピンでの開拓を夢見て海を渡った多く日本人も、厳しい冬の中にあっても、こうして一ときの楽しみに興じていたのだろう。  河岸に立つと凍りついた川から冷気が足元を這う様に私を取り巻き、靴の底から体が冷えてくる。そして風が吹くと、冷気は露出した肌を掠め、まるで風が鋭い刃となり、私の頬に切り傷でもできたかのように肌がヒリッと痛む。それでも河岸から私はしばらく動くことができなかった。60有余年の時を経て、今こうして私は祖父と同じ景色を見ていると思うと感慨深くなり、どんなに寒くとも足が動こうとしなかったのだ。私の感情に、「そんとに急がんでええ。寒いじゃろうがもうちぃと(もう少し)ここで松花江を眺めさせてくれぇや。」、とまるで祖父が語りかけられているかのように。ようやく訪れることのできたハルピンを実感できたのは、この松花江だ。私はやっと辿りついた私自身の旅の、そして学業のスタート地点をこうしてかみ締めた。  祖父が亡くなって今年で11年が過ぎた。生前、ハルピンにもう一度行きたいと私に口にしていたので、祖父が生きている間にこのハルピンに連れていきたかったが、これも今となっては叶わぬものとなってしまった。その祖父の代わりに私はこの目にハルピンを焼き付けて帰国した。最近は旅をしてもパソコンと言う便利なものがあるので、データとして保存している為に写真を現像していないが、ハルピンの写真は印刷して仏前に飾っておこうと思う。きっと祖父もゆっくり写真を見たいだろうから。 (大連編はこちら) http://4travel.jp/traveler/worldspan2005/album/10105014/
全国の写真
全国の旅行記 大連駅から眺める大連市内。大都会大連でも、東北四大都...
全国の写真
全国の旅行記 駅前に停車する寝台バス。車内には二段ベッドが設置され...
全国の写真
全国の旅行記 ケンタッキーもロシア建築を意識した感じに。う~んこり...
全国の写真
全国の旅行記 他の都市ではあまり見かけませんが、大連市内ではこの三...
全国の写真
全国の旅行記 大連の勝利広場の地下街で食べた食事。大連の友人にご馳...
全国の写真
全国の旅行記 大連からハルピンに向かう特快列車。
全国の写真
全国の旅行記 今回利用したのは4人個室、所謂軟臥。個室にはポットに...
全国の写真
全国の旅行記 定刻どおり7時20分にハルピン駅に到着。車内は暖房が...
全国の写真
全国の旅行記 ハルピン駅前
全国の写真
全国の旅行記 満州国時代には東北4大都市夫々にヤマトホテルが作られ...
全国の写真
全国の旅行記 こんな立派なロビーが。
全国の写真
全国の旅行記 二階に上る階段はなんともおしゃれなステンドグラスがあ...
全国の写真
全国の旅行記 歴史を感じさせる趣ある廊下
全国の写真
全国の旅行記 今回はちょっと奮発してスモールスイートルームを取りま...
全国の写真
全国の旅行記 寝室のベッドはさすがにデカッ
全国の写真
全国の旅行記 中国にはバイクタクシーなるものがありますが、ハルピン...
全国の写真
全国の旅行記 恐らく満州国時代に建てられたのではないかと思われる建...
全国の写真
全国の旅行記 スゴッ!こんな突き刺して自転車こいでるわ
全国の写真
全国の旅行記 東方正教会系の寺院に良く見受けられるビザンティン様式...
全国の写真
全国の旅行記 これぞハルピン!、と言う象徴の建物、聖ソフィスカヤ寺...
全国の写真
全国の旅行記 寺院の周りは広場が作られ、その背後に建物が作られてい...
全国の写真
全国の旅行記 ソフィスカヤ寺院を近くで見ると精巧な模様のつくりの美...
全国の写真
全国の旅行記 あれ??、このケンタのオッサン微妙になんか違うで!?...
全国の写真
全国の旅行記 ハルピンの中心地のひとつ、尚志大街
全国の写真
全国の旅行記 旧ハルピン市公所だった建物。ロシアを思い出させる建物...
全国の写真
全国の旅行記 ロシア建築が多く残る中央大街では1月5日から始まる氷...
全国の写真
全国の旅行記 中央大街の東方餃子王で食べた昼食。「餃子王」というだ...
全国の写真
全国の旅行記 1906年に開業されたモデルンホテル。
全国の写真
全国の旅行記 氷でできた建物。上に登ることもできます。実はこれ、凍...
全国の写真
全国の旅行記 凍った松花江の上でスケートやソリを引いて楽しむ市民
全国の写真
全国の旅行記 凍った川の上を歩いているので普通の靴では当然ツルツル...
全国の写真
全国の旅行記 オリンピック競技のリュージュまでいきませんが、ソリで...
全国の写真
全国の旅行記 お! これは見事な氷のオブジェ!!
全国の写真
全国の旅行記 モデルンホテルの正面に位置するロシア料理の店、華梅西...
全国の写真
全国の旅行記 ちょうどクリスマスシーズンだったので、スーパーでケー...
全国の旅行記
その他の都市 ,海割れ 歩いてみました。-華城市 堤岩里・済扶島-
全国の地域
その他の都市
全国への旅行者
hejota
全国の旅行時期
2009/10/10~" . 2009/10/13
旅行テーマ 【家族・子連れ】

海割れ 歩いてみました。-華城市 堤岩里・済扶島-

短い秋休みを利用して、華城(ファソン)市の堤岩里・海割れの済扶島を歩いて来ました。 10/10 羽田/金浦→水原(スウォン)→堤岩里(チェアムニ)・月門温泉 10/11 済扶島(チェブド)  10/12 ソウル  10/13 金浦/羽田 堤岩里三・一運動殉国記念館を初めて訪ねました。 というより、今まで訪ねられずにいたのです。 日韓の歴史を見た時、もっとも訪ねることを躊躇する場所のひとつであろうと思います。 済扶島はその日は日曜日とあって昼間はたくさんの車と人であふれており、夜はうってかわって静か。 観光客はだいたい車で日帰りのようです。 歩いて海割れの道を渡っている物好きはほとんどいません。 思いがけず2.3キロの道を歩いて渡ることになり、楽しい経験ができました。
全国の写真
全国の旅行記 金浦から水原まで地下鉄利用。 水原駅からバスで堤岩...
全国の写真
全国の旅行記 5分ほどで記念館に到着。 三・一運動とチェ...
全国の写真
全国の旅行記 現在の堤岩教会と記念館を背に姜信範牧師ニム。 30...
全国の写真
全国の旅行記 立派な教会の中を見せていただく。300人ほどの信者が...
全国の写真
全国の旅行記 1919年4月15日の事件当日、日本軍人に殺された2...
全国の写真
全国の旅行記 月門温泉まで行くのに、姜牧師ニムが車で送ってくれるこ...
全国の写真
全国の旅行記 土曜日のせいか、やや混み。 露天風呂も小さいながら...
全国の写真
全国の旅行記 月門温泉の周囲には4.5軒モーテルが並んでいます。 ...
全国の写真
全国の旅行記 息子熟睡中。 室内はとってもきれいで新しいです...
全国の写真
全国の旅行記 11日の朝9時前です。 済扶島(チェブド)への入口...
全国の写真
全国の旅行記 済扶島全景。 今年のはじめから通行料1000w...
全国の写真
全国の旅行記 国立海洋調査院のHPより。 島別に「海割れ」情...
全国の写真
全国の旅行記 済扶島に着きました。 広い海水浴場。 午前中...
全国の写真
全国の旅行記 それに比べて夕方はこんなかんじ。
全国の写真
全国の旅行記 海水浴場の端っこまで歩きました。 メバウィまで...
全国の写真
全国の旅行記 作品名:いのちの杖 「特産の鉄のスジョ(スプー...
全国の写真
全国の旅行記 海水浴場側から海上の散策路を端まで歩くと船着場に着き...
全国の写真
全国の旅行記 色があざやかでかわいい灯台。
全国の写真
全国の旅行記 西海に沈む夕日。
全国の写真
全国の旅行記 人影がだんだんと少なくなってきました。 シーズ...
全国の写真
全国の旅行記 果汁10% グレープ味。
全国の写真
全国の旅行記 夕食です。 お昼に貝焼きとアサリうどんを食べて...
全国の写真
全国の旅行記 アサリがたくさん。
全国の写真
全国の旅行記 ワンセウ。 塩を敷き詰めた鍋で蒸し焼きにします...
全国の写真
全国の旅行記 サービスでいただいたママさん手作りのエゴマ。 これ...
全国の写真
全国の旅行記 お店の前の菊がみごと。
全国の写真
全国の旅行記 誰か通らないかな……。 翌朝、8時のマウルバス...
全国の写真
全国の旅行記 島の入口で、やっと掴まえた 徒歩で渡る気マンマンの...
全国の写真
全国の旅行記 街灯にびっしりついたフジツボを観察したり、
全国の写真
全国の旅行記 「海が割れるのよ~、道ができるのよ~」 と歌いなが...
全国の写真
全国の旅行記 堤岩里三・一運動殉国二十三位乃墓。
全国の写真
全国の旅行記 マウルバスで島に渡ります。 1000won。Tマネ...
全国の写真
全国の旅行記 海水浴場の中ほどに遊園地あり。 お客はあまりいない...
全国の写真
全国の旅行記 海から上がったら、ここで足を洗いましょう。 ボ...
全国の写真
全国の旅行記 クルルが入ってた。
全国の写真
全国の旅行記 今日の宿はその名もズバリ「モーゼの奇跡」。
全国の写真
全国の旅行記 翌12日の朝。 ご主人がエビの水槽の水を替えていま...
全国の写真
全国の旅行記 干潟にヤドカリを探したり、
全国の写真
全国の旅行記 右手にくつろぐカモメたちを眺めたり、
全国の写真
全国の旅行記 歩道の日付を眺めたり、 (なんの日付? なぜ向きと...
全国の写真
全国の旅行記 おお、9時のマウルバスが(陸の方から)やってきた。 ...
全国の写真
全国の旅行記 歩道に敷き詰められた石臼の石を眺めたりしながら、
全国の写真
全国の旅行記 なんで、こんなにたくさんの石臼が~~~。 ...
全国の写真
全国の旅行記 ようやく渡り終えました。
全国の写真
全国の旅行記 水原と済扶島を結ぶバス。 これとクムジョン行きのバ...
全国の写真
全国の旅行記 水原駅まで乗ります。 子どもが中学生に...
全国の写真
全国の旅行記 ドラゴンヒルスパ経由で仁寺洞にやってまいりました。 ...
全国の写真
全国の旅行記 写真いっぱい。 飾ってある絵もすてきです。
全国の写真
全国の旅行記 くつろいでます。 左側のドアが空いてい...
全国の写真
全国の旅行記 朝のリビングルーム。 ...
全国の写真
全国の旅行記 島内散歩の途中で見つけました。 3つのチゲを合...
全国の写真
全国の旅行記 マウルバスを待っているのですが、なかなか来ない。 ...
全国の写真
全国の旅行記 宿から済扶島へタクシーで向かいます。 ハンドル...
全国の旅行記
モンセラット ,子連れ旅行 モンセラット <黒いマリア像に会いに> スペイン バルセロナからの小旅行
全国の地域
モンセラット
全国への旅行者
kumasuke
全国の旅行時期
2010/01/10~" . 2010/01/10
旅行テーマ 【家族・子連れ】

子連れ旅行 モンセラット <黒いマリア像に会いに> スペイン バルセロナからの小旅行

バルセロナからの小旅行 黒いマリア像に会いに、バルセロナから小旅行気分でモンセラット(モンセラート)に行って来ました。 バルセロナへツアーでいくと必ず行きそうな場所ですが、個人でいく場合、ガイドブックには簡単にしか書いていない ?「モンセラット(モンセラート)観光」の行き方をご案内? 朝から夕方までの日帰り小旅行となります。 行き方は簡単、エスパーニャ広場がモンセラットへむかうカタルーニャ鉄道FGCの起点になります。 2歳児が一緒なので、簡易バギーを持って行ったのですが、この行程内では使うところはほとんどなく、お荷物状態。イス代わり、寝ちゃった時に使う位ですかねぇ?そんな感じです。 ?行程? Pl.Espanya駅から乗換1回  Pl.Espanya駅?(カタルーニャ鉄道FGC R5 Manresa 行き約1時間)? Monistrol de M駅 ?(Cremallera 登山電車約20分)? Montserratモンセラット 切符はEspanya駅の自動販売機で、簡単に購入できます。日本語表記は無理ですが、英語表記はイギリス国旗をタッチするだけ。 「Montserrat」をタッチするとcremallera(登山電車)とAero(ロープウェイ)を選べます。 ちなみに我が家は カタルーニャ鉄道+登山電車の往復券を選択  大人15ユーロ 子供(4-13)11.75ユーロ ロープウェイも魅力的と考えましたが、下の娘(2歳)がロープウェイ内では確実に「抱っこ?外見たい?」となるので、たぶん座って景色も見ながら終点まで行ける(電車なので)登山電車を選択。 8時台からの日中は毎時36分発(毎時1本)です。 時間を調べずに行った我が家は、駅に40分に到着し駅員に「1hour ago」とあっさりと言われました。 時刻表はこちら http://www.fgc.cat/cat/cercador.php
全国の写真
全国の旅行記 FGC Espanya駅の改札口にあるインフォメーシ...
全国の写真
全国の旅行記 3両編成の電車です。ボンバルディア製の電車です。 ...
全国の写真
全国の旅行記 ドアの上の路線図で下車駅を確認できます。 ロープウェ...
全国の写真
全国の旅行記 電車は都市部から住宅地を抜け、郊外へひた走る…こと1...
全国の写真
全国の旅行記 ものすごい勢いで登っていきます。ラックレール付きの線...
全国の写真
全国の旅行記 到着しました。 登山電車の旅は20分ほど。しかし、...
全国の写真
全国の旅行記 目の前に広がるのがこの岩山と修道院。 すごいです。...
全国の写真
全国の旅行記 黄色いゴンドラがロープウェイです。 右下がSant...
全国の旅行記
キューケンホフ ,子連れ旅行 オランダ キューケンホフ公園 チューリップに会いに行く 
全国の地域
キューケンホフ
全国への旅行者
kumasuke
全国の旅行時期
2009/04/18~" . 2009/04/18
旅行テーマ 【家族・子連れ】

子連れ旅行 オランダ キューケンホフ公園 チューリップに会いに行く 

春、チューリップが咲きほこるオランダへ 春の期間だけしか開園していないという、「キューケンホフ公園」へ行ってみました。 園内はチューリップがたくさん! もちろん、向う行程中も至る所がチューリップやヒヤシンスなどのお花の生産農場。 花好きの親子にはたまらない一日となりました。 ~行程~ アムステルダム中央駅(14a)→スキポール空港 スキポール空港→58番バス(開園時のみ運行の直通バス)→キューケンホフ公園 ※スキポール空港vvvにて「コンビチケット」を購入(往復のバスと入園チケットのセット) 空港内vvv(ツーリストインフォメーション)はチケットを購入する人で長蛇の列。20分位かかりました。 また、更に空港前のバス停で待つこと1時間(!)15分に1本なんて時刻表には書いてありましたが…ちょうど混みあう時間だったのでしょうか?
全国の写真
全国の旅行記 さて、チケットを購入したので、早速バス乗り場へ向かい...
全国の写真
全国の旅行記 待ちに待って、1時間後、やっと1台のバスが来ました。...
全国の写真
全国の旅行記 バスは満員です。ラッシュのようになっていました。ベビ...
全国の写真
全国の旅行記 当然、到着すると、チケットを求める人たちで入口もチケ...
全国の写真
全国の旅行記 園内は、花盛りです。
全国の写真
全国の旅行記 あっという間に夕方、5時間ほど滞在しました。 結構ヘ...
全国の写真
全国の旅行記 で、店員さんに言われた人形
全国の写真
全国の旅行記 たこ焼きの鉄板のような感じです。 でも、くるく...
全国の旅行記
アントワープ ,子連れ旅行 ベルギーアントワープ フランダースの犬(ネロとパトラッシュに会いに)?オランダ アムステルダムまで
全国の地域
アントワープ
全国への旅行者
kumasuke
全国の旅行時期
2009/04/17~" . 2009/04/17
旅行テーマ 【家族・子連れ】

子連れ旅行 ベルギーアントワープ フランダースの犬(ネロとパトラッシュに会いに)?オランダ アムステルダムまで

ベルギー ブリュッセルからオランダ アムステルダムへ向かう途中に「やっぱり、フランダースの犬でしょ」ってことで、 ネロとパトラッシュに会いに、ホーボーケン村へ立ち寄りました。 まぁ、こう考えるのは「日本人だけ」らしいのですが、興味を持ってしまうと、行かねばなりません! そうそう、アントワープは世界最高量のダイヤモンド流通を担う都市。でも、ダイヤモンドに… 目がくらむどころか、目にもせず(笑) 2個のトランクはアントワープ駅のコインロッカーに預け、プレメトロで出発です。 切符はプレメトロのホームに自動販売機があったのでそこで購入。時間もかかりそうだし、何回乗るか(乗り換えるか)分からないので「1日券」を購入しました。 ?行程? ブリュッセル→(IC 40分)→アントワープ→(プレメトロ2号線30分)→ホーボーケン ホーボーケン→(徒歩5分)→ネロとパトラッシュの銅像→(徒歩5分)→ネロとパトラッシュが眠っているという教会→(徒歩30分)→アロアちゃんの家の風車(レプリカ) ホーボーケン→(トラム4号線 30分)→アントウェルペン大聖堂→(トラム4号線 10分)→アントワープ中央駅 アントワープ中央駅→(タリス 2時間)→アムステルダム中央駅
全国の写真
全国の旅行記 ブリュッセルを出発して40分、アントワープ中央駅に到...
全国の写真
全国の旅行記 アントワープのツーリストインフォメーションで、ホーボ...
全国の写真
全国の旅行記 で、ホーボーケン村のインフォメーション前の「ネロとパ...
全国の写真
全国の旅行記 こんなのも、地面にありました。
全国の写真
全国の旅行記 この教会に、ネロとパトラッシュが眠っているらしいです...
全国の写真
全国の旅行記 で、アロアちゃんのお家の風車を見るために、歩きました...
全国の写真
全国の旅行記 風車を見学というか、見ただけというかで、すぐに駅に戻...
全国の写真
全国の旅行記 トラムに揺られること40分。着きました。ココです、コ...
全国の写真
全国の旅行記 アントワープからアムステルダムへは、国際特急「タリス...
全国の写真
全国の旅行記 着きました~オランダです。アムステルダムですよ~ ...
全国の旅行記
シンガポール ,一家4人のシンガポール4泊5日
全国の地域
シンガポール
全国への旅行者
MAX
全国の旅行時期
2007/08/28~" . 2007/09/01
旅行テーマ 【家族・子連れ】

一家4人のシンガポール4泊5日

2007年の夏休みの旅行は、初めての海外。シンガポール4泊5日の旅行にしました。仕事では過去2回・2004年と2005年に出張したものの、観光目的の旅行は初めて。また子供達にとっては、初の海外旅行です。http://mshinki.fc2web.com/travel/200708.htm 8/28(火)JAL721便で移動。到着後、チリクラブを中心の海鮮料理で晩ごはんを食べて、パークロイヤル・オン・キチナーロードにチェックイン。http://mshinki.fc2web.com/travel/20070828.htm 8/29(水)午前中はシンガポール動物園。午後は、近くの寺院を見物して、ホテル隣にあるムスタファセンターでみやげ物の買出しのあと、プールでちょっと泳ぐ。夜は、ふたたび動物園に行って、ナイトサファリ。http://mshinki.fc2web.com/travel/20070829.htm 8/30(木)水陸両用車による市内観光「ダックツアー」。午後はセントーサ島に行って、イルカショー、水族館、昆虫館、スカイタワーのあと、ショーを見てホテルに戻る。http://mshinki.fc2web.com/travel/20070830.htm 8/31(金)終日フリーデイ。午前は、再びホテルのプールで泳いだあと、ムスタファセンターで買い物。午後はMRTでオーチャードロードに出て散策&高島屋のフードビレッジで昼ごはん。その後は、マーライオン、ラッフルズ卿上陸記念地、セントアンドリュース大聖堂、富の噴水などを歩きめぐり。夕刻は免税店でお買い物をして、JAL722便で帰国の途へ。http://mshinki.fc2web.com/travel/20070831.htm 9/1(土)朝6:30に関西空港到着。http://mshinki.fc2web.com/travel/20070901.htm
全国の旅行記
ドバイ ,【2005】Vol.19 はじめての中東 旅行記【ドバイ編】
全国の地域
ドバイ
全国への旅行者
ジョゼッペ
全国の旅行時期
2005/10/01~" . 2005/10/07
旅行テーマ 【家族・子連れ】

【2005】Vol.19 はじめての中東 旅行記【ドバイ編】

今回は、今話題のアラビアンリゾート・ドバイへ行ってきました。 建設ラッシュの真っ最中で、街中のあちこちで工事が行われておりました! 飛行ルートは、羽田→関空→ドーハ→ドバイと3回も飛行機を乗り継いだ上、ドーハでは4時間近く待たされるなど、今回は空港や砂漠など、予想外の時間をとられる旅となりました。 正直なところ、ドバイではあまりいい思い出がありません。が、また行きたい都市の一つです。
全国の写真
全国の旅行記 今回のルートは、関空発QR821便にて一路ドーハへ。...
全国の写真
全国の旅行記 気がついた時には、帽子を脱いでいましたが・・・
全国の写真
全国の旅行記 関空離陸後、1時間ほどで1回目の機内食です。 写真...
全国の写真
全国の旅行記 ドーハの狭い空港内で4時間近く待たされた(欠航などの...
全国の写真
全国の旅行記 ドーハ上空からの撮影です! ペルシャ湾です。
全国の写真
全国の旅行記 まもなくドバイ到着です。 写真奥には、エミレーツタ...
全国の写真
全国の旅行記 ドバイ到着。
全国の写真
全国の旅行記 今夜のホテル『エミレーツタワーズホテル』です!
全国の写真
全国の旅行記 部屋はこんな感じです。 かなり広く、とても綺麗な部...
全国の写真
全国の旅行記 バスルームです。
全国の写真
全国の旅行記 ホテルの部屋から見た、もう片方のタワー(ホテルではな...
全国の写真
全国の旅行記 今回泊まったフロアは30~36階あたりでした。(詳し...
全国の写真
全国の旅行記 30~36階あたりから撮った吹き抜けの部分です。下に...
全国の写真
全国の旅行記 エレベータホールです。
全国の写真
全国の旅行記 ここから、ドバイ名物のアブラに乗船しました。 ドバ...
全国の写真
全国の旅行記 ゴールドスークの入口です。
全国の写真
全国の旅行記 ジュメイラビーチです。海がめちゃ綺麗です!
全国の写真
全国の旅行記 砂漠に沈もうとする夕日です! (オプショナルツアー...
全国の写真
全国の旅行記 今日は、ドバイからカイロへ向かいます。
全国の写真
全国の旅行記 少し早く着いたので、昼食をとりました。 昼食のマッ...
全国の写真
全国の旅行記 昼食後、チェックインすると、どうやら約2時間ほどディ...
全国の写真
全国の旅行記 約2時間ほど待たされた挙句、ボーディングブリッジから...
全国の写真
全国の旅行記 それでは、カイロへ行ってきます!
全国の写真
全国の旅行記 どこまでも広がる砂漠。。 これからデザートサファリ...
全国の写真
全国の旅行記 エミレーツ航空!
全国の旅行記
ホノルル ,親子三代ハワイ旅行最終日(帰国)
全国の地域
ホノルル
全国への旅行者
sanohana
全国の旅行時期
2010/04/23~" . 2010/04/27
旅行テーマ 【家族・子連れ】

親子三代ハワイ旅行最終日(帰国)

あっという間の3日間でした。 今日は帰国日です。 ホノルル発10:30 ANAで帰国です。 久しぶりのハワイでしたが孫と一緒の旅行は又格別でした。 近いうちに又孫を連れて来たいと思います。
全国の写真
全国の旅行記 離陸直後の写真です。
全国の写真
全国の旅行記 成田直前に出た最後の軽食です。
全国の写真
全国の旅行記 明け方のヨットハーバーです。 静かでした。
全国の写真
全国の旅行記 遠くにアラモアナ・センターが見えます。
全国の写真
全国の旅行記 帰りの飛行機です。
全国の写真
全国の旅行記 いよいよハワイともお別れです。
全国の写真
全国の旅行記 帰りのチャイルドミールです。

旅行のクチコミサイト フォートラベル
全国  家族・子連れ・バリアフリー の旅行記


アウトドア・スポーツ体験 /  イベント・祭り・花火 /  エンターテイメント・テーマパーク /  クルーズ /  グルメ /  ゴルフ /  ショッピング /  スポーツ観戦 /  ドライブ・ツーリング /  ビーチ・島・リゾート /  マリンスポーツ /  温泉・エステ・癒し /  家族・子連れ・バリアフリー /  花見・紅葉 /  寺社・札所めぐり /  自然・動物 /  出張 世界遺産・遺跡 /  鉄道・乗物 /  登山・ハイキング /  夜景 /  歴史・文化・芸術 /